シンデレラグレイのブラッキーエールの元ネタは?キャラやモデルの馬についてご紹介

シンデレラグレイのブラッキーエールの元ネタは?キャラやモデルの馬についてご紹介

 

ウマ娘は史実の競走馬が少女となり、勝利を目指しライバルとともに走り続ける物語です。

 

アニメ、漫画、アプリゲームと幅広くメディア展開されており、その中でも漫画「ウマ娘 シンデレラグレイ」は紙&電子が200万発行を突破しました。

 

オグリキャップが主人公となった物語で当時出走した多くの競走馬がウマ娘として登場しています。

 

今回はそんな漫画に登場するブラッキーエールについてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘シンデレラグレイに登場するブラッキーエールとは?】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 3巻より引用

 

【初登場】【所属】
3巻17話日本ウマ娘トレーニングセンター学園
【誕生日】【身長】
4月25日172cm
【毛色】【性格・特徴等】
栗毛やや粗暴/黒い騎士/ファンには優しい
【元ネタになった競走馬】
ラガーブラック

 

ブラッキーエールはトレセン学園に通うウマ娘の1人です。

 

黒髪をポニーテールにしており、斜めにカットした前髪と白のメッシュを逆立てているウマ娘です。

 

17話にてオグリキャップのクラスメイトとして初登場します。

 

ここからはブラッキーエールのキャラクターについてご紹介していきます。

 

【やや粗暴なウマ娘】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 3巻より引用

 

ブラッキーエールは見た目通りの交戦的なウマ娘です。

 

オグリキャップの編入初日は、歓迎したり、実力を期待するウマ娘がいる一方でブラッキーエールはオグリキャップが地方で12勝10勝2着2回という成績に対して実力があると認めません。

 

中央では3ヶ月しか持たないと本人を目の前に迫って喧嘩腰に言い切ります。

 

そして、ダートでのレースを砂遊びと馬鹿にしますが、オグリキャップは「砂遊び」と言う意味そのまま受け取り、「あの砂はダートといって砂遊びをする為のものじゃないんだ」と馬鹿にされたことに気づかず、大真面目に訂正して、ブラッキーエールを逆撫でしてしまい、ものすごい形相で怒りを抑えます。

 

その後もオグリキャップを敵対視しており、雑魚ネズミと呼びます。

 

オグリキャップの中央初戦ペガサスステークスでブラッキーエールが対決すると決まると「負けたら地元に帰って田舎の雑魚共と仲良く傷舐め合ってろ」とカサマツのことまでも馬鹿にしています。

 

同じクラスメイトのディクタストライカと雰囲気は似ていますが、ディクタストライカよりもさらに交戦的な性格の持ち主です。

 

【ディクタストライカ】

同じクラスメイトの中ではディクタストライカと仲が良いようで、休日には一緒にゲームセンターに行く様子が作者のTwitterで描かれています。

 

ブラッキーエールの私服はおへそが見えるノースリーブのトップスを着ており、カメラを向けられてもポーズを取ってくれる優しい一面もあります。

 

Sponsored Link

 

【ブラッキーエールの走り】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 3巻より引用

 

ブラッキーエールは同期が出走回数が少ない中で初登場時に9戦5勝で「黒い闘士」と紹介されています。

 

オグリキャップの中央の初戦ペガサスステークスにはブラッキーエールも出走しており、初めての強敵として登場します。

 

出走前にはオグリキャップが負けたら「カサマツに帰る」、オグリキャップが勝ったら「ブラッキーエールは二度と汚い言葉を使わない」という約束をします。

 

当日のブラッキーエールはここまで4連勝中のため1番人気で出走します。

 

レースではスタートするとブラッキーエールは大外から2番手の先行を走ります。

 

第3コーナーには先頭のウマ娘にプレッシャーをかけ、直線では残り200mで「邪魔だ どけェ」と言って先頭にたちます。

 

しかし、大外から超前傾姿勢で迫るオグリキャップに交わされてしまい、2着に敗れます。

 

【ファンには優しい】

普段からもレース中も攻撃的な性格のブラッキーエールですが、ファンの前では優しい一面が見られます。

 

応援に来てくれた幼いウマ娘には笑顔で頭を撫でて、「応援ありがとな!」と言っています。

 

Sponsored Link

 

【実は律儀な性格】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 3巻より引用

 

勝負に負けてしまったブラッキーエールは約束通り汚い言葉を使わないように心がけていました。

 

後日、オグリキャップの勝利に盛り上がるメジロアルダン達の騒がしさにブラッキーエールはイライラして「うる…ご静粛に願えます!?もうじき授業ですので席に戻られてはいかがでしょうか!?」と言います。

 

怒りと恥ずかしさから顔を赤くして、上品な言葉遣いに変わっていたのでした。

 

オグリキャップとの約束を守るとは、ブラッキーエールは意外と律儀な性格な一面もありますね。

 

その後、メジロアルダンに汚い言葉を使わなければ普段の話し方でいいのではないかと指摘されて、それに気づいてるので天然な一面もあるかもしれません。

 

【上品な言葉】

普段は荒っぽい口調のブラッキーエールですが、ペガサスステークス後の一言目は「ご静粛に願います」とメジロアルダンもびっくりな上品な言葉を遣います。

 

もしかすると約束を守るため、裏で上品な言葉を調べたのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

【ブラッキーエールの元ネタ】

 

ブラッキーエールは史実で走ったラガーブラックという競走馬がモデルと言われています。

 

英語でどちらも黒を意味する「ブラック」を「ブラッキー」にし、どちらもビールの呼び名である「ラガー」を「エール」に呼び変えられて漫画では「ブラッキーエール」と名付けられたようです。

 

ラガーブラックは史実でもオグリキャップと同期で、ペガサスステークスをともに出走した競走馬です。

 

ここからは競走馬ラガーブラックについてご紹介していきます。

 

【初の重賞勝利】

 

ラガーブラックは1985年に生まれます。

 

父馬スティールハートはアイルランドの短距離馬で代表産駒にはマイルの皇帝ニホンピロウィナーなどがいます。

 

母馬サンムーティエは父馬にフランスの競走馬で日本に種牡馬としてやってきて、クラシックで活躍した競走馬を輩出したムーティエをもちます。

 

父馬が短距離馬だったためラガーブラックも短距離馬として育てられます。

 

1987年に新馬戦でデビューし、初戦は4着に敗れますが、2戦目で初勝利を挙げます。

 

その後はオープン戦、重賞に初挑戦しますが、4着、2着、4着に沈みます。

 

しかしその後は、3歳400万以下に勝利、エリカ賞も勝利、日刊スポシンザン記念で初の重賞勝利、バイオレットステークスに勝利となんと4連勝を重ねます。

 

そして、2度目の重賞勝利を目指しペガサスステークスに駒を進めます。

 

【シンザン記念】

ラガーブラックが勝利したシンザン記念は1967年に創設され、1964年に史上2頭目の三冠馬シンザンが由来となっています。

 

シンザンは1961年に生まれ、三冠以外にも天皇賞(秋)、有馬記念、スプリングステークス、宝塚記念記念、目黒記念(秋)などに勝利しており、生涯成績は19戦15勝2着4回と非常に強い競走馬でした。

 

その活躍から「神馬」とも呼ばれています。

 

Sponsored Link

 

【オグリキャップとの対決】

 

ペガサスステークスにはここまでラガーブラックがここまで4連勝で自身4度目の1番人気となります。

 

そして、2番人気には12戦10勝2着2回の笠松競馬からやってきたオグリキャップが中央競馬初のレースとして出走していました。

 

スタートするとブラックラガーは前方、オグリキャップは後方を走ります。

 

第3コーナーにはいるとオグリキャップは大外に押し出し、4番手に走るラガーブラックに迫ります。

 

直線では他馬とともに並んで入り、ラガーブラックは他馬の隙間を縫って前進し、オグリキャップは大外からスパートをかけます。

 

しかし、オグリキャップが一気にぬけて、ラガーブラックも馬群を抜けるもオグリキャップには届かず3馬身差で2着に敗れました。

 

【シンデレラになれなかった競走馬】

ラガーブラックがモデルと言われているブラッキーエールが、オグリキャップと出走したペガサスステークスは、漫画でレース中のシーンまで描かれていました。

 

しかし、その後に史実で出走したヤエノムテキとの皐月賞、サッカーボーイのモデル馬と言われているディクタストライカとのマイルチャンピョンシップにブラッキーエールのことは描かれていません。

 

Sponsored Link

 

【クラシックへの挑戦】

 

ここまで10戦5勝で全て4着以上の成績のためラガーブラックはクラシックに挑戦することとなります。

 

しかし、皐月賞はヤエノムテキが勝利し、結果は9着、その後の毎日放送京都4歳特別は、再戦のオグリキャップの勝利に11着と同期を前に惨敗の結果が続きます。

 

その結果からか日本ダービーには出走せず夏に入ります。

 

休養後はセントウスステークス9着と神戸新聞杯10着で、クラシックの菊花賞にも出走せず、オパールステークスで3着となり、その後は11着に沈みます。

 

皐月賞以来のG1となるマイルチャンピョンシップは同期のサッカーボーイが勝利に15着と惨敗します。

 

その後のレースは4着で1988年を終えます。

 

翌年1989年も6つのレースに出走するも最高着が3着でどのレースも10着前後までしか走れず福島記念を最後に引退します。

 

引退後は乗馬となったと言われており、ラガーブラックの最後がどうなったか不明です。

 

【ラガーブラック】

ラガーブラックはウマ娘でオグリキャップの最初の強敵として登場しており、史実でも中央初戦の1番人気の競走馬と出走します。

 

しかし、同じく連勝中のオグリキャップにペガサスステークスで敗れて以降は一度も勝利に手が届かず引退となっています。

 

オグリキャップとは正反対の競争生活でした。

 

【「ウマ娘」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

 

「ウマ娘」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
①U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ウマ娘シンデレラグレイ(1~最新巻まで)」のいずれかをポイント分無料購読できる。
②加入特典としてプレゼントされる600Pは、ウマ娘以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
③「31日間無料トライアル期間中」なら、ウマ娘のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
※「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

※「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

※「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

※「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

※「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「チェンソーマン」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

     

ウマ娘シンデレラグレイにオペラオーが出た理由

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘OVAのあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイ版ゴールドシチーについて

シンデレラグレイ版メジロアルダンについて

シンデレラグレイ版シリウスシンボリについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

シンデレラグレイのオベイユアマスターの元ネタ

オベイユアマスターの過去

シンデレラグレイのトニビアンカの元ネタ

シンデレラグレイのムーンライトルナシーの元ネタ

シンデレラグレイのミシェルマイベイビーの元ネタ

シンデレラグレイのエラズリープライドの元ネタ

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

シンデレラグレイのディクタストライカの元ネタ

シンデレラグレイのブラッキーエールの元ネタ

シンデレラグレイのダイナムヒロインの元ネタ

ブロワイエの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

アニメ版マチカネフクキタルについて

アニメ版メイショウドトウについて

アニメ版ビワハヤヒデについて

アニメ版ナリタタイシンについて

アニメ版ウイニングチケットについて

アニメ版ナリタブライアンについて

アニメ版エイシンフラッシュについて

アニメ版スマートファルコンについて

アニメ版マンハッタンカフェについて

アニメ版サクラバクシンオーについて

アニメ版ハルウララについて

アニメ版マヤノトップガンについて

アニメ版キングヘイローについて

アニメ版ユキノビジンについて

アニメ版ヒシアマゾンについて

アニメ版フジキセキについて

アニメ版エアグルーヴについて

アニメ版タイキシャトルについて

アニメ版アグネスタキオンについて

アニメ版エアシャカールについて

 

 


 

オグリキャップがシンデレラストーリーのようにレースで勝利する一方で、勝利に全く届かない競争生活を送ったラガーブラック。

 

ブラッキーエールはペガサスステークス以降全く出番がなくなってしまい、競走馬の世界のシビアを漫画でも思い知らされます。

 

このようにウマ娘は史実を知るとストーリーやキャラクターに深みが持てます。

 

これを機に漫画を手に取ってみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ