アニメのウイニングチケット!【ウマ娘】元ネタやキャラについてご紹介

アニメのウイニングチケット!【ウマ娘】元ネタやキャラについてご紹介

 

ウマ娘は史実で活躍した競走馬が少女となり、史実と同じレースを健気に走る姿が描かれている物語です。

 

アプリゲームが始まりですが、現在はアニメ、漫画と多くのコンテンツで展開されており、どれも大人気作品となっています。

 

特にアニメは2018年にアニメ第1期、2021年にアニメ第2期が放送され、3期の制作が早くも期待されています。

 

今回はアニメに登場するウマ娘の一人、ウイニングチケットをご紹介します。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘のアニメに登場するウイニングチケットとは?】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

【登場アニメ】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービー OVA

うまよん

ウマ娘 プリティーダービー Season 2

【誕生日】【学年/寮】
3月21日高等部/栗東寮
【身長】【体重】
157cm増減なし
【スリーサイズ】【声優】
B88/W57/H85渡部優衣

 

ウイニングチケットはトレセン学園に通うウマ娘です。

 

外はねのショートヘアで、前髪に赤いピンをつけており、右耳に耳飾り、耳の内側が緑色なのが特徴的です。

 

初登場はアニメ第1期の7話でサイレンススズカと共に天皇賞(秋)に出走しています。

 

同期ウマ娘のビワハヤヒデ、ナリタタイシン、ウイニングチケットの頭文字をとったBNWと呼ばれる三強の一人です。

 

そのためOVA「BNWの誓い」ではメインキャラクターの一人として描かれています。

 

ここからはウイニングチケットのキャラクターについてご紹介していきます。

 

【明るく元気一杯なウマ娘】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

ウイニングチケットは明るく元気一杯なウマ娘です。

 

たとえ自分がレースで負けたとしても、勝利したウマ娘を明るくお祝いしています。

 

菊花賞でビワハヤヒデが勝利した際も、一番にビワハヤヒデに「ナイスラン!」と言っています。

 

また、有馬記念では1年ぶりのレースで勝利をかざったトウカイテイオーに抱き着く皆の中に混ざって「おめでとう」とお祝いします。

 

一方でウマ娘として勝利したいという気持ちもしっかり描かれています。

 

例えば日本ダービーでは「この日のために走ってきたんだ!」「ダービー!憧れのダービー!」と懸命に走る姿も見ることができます。

 

OVAでは自分の走りに悩むシーンがありながらも明るいウイニングチケットを見ることができます。

 

過去の回想シーンでは雨に濡れて風邪ひいちゃうというウイニングチケットに、ナリタタイシンとビワハヤヒデは「なんとかは風邪をひかない」と言われて、バカといじられていることに気づかず「なんでー?」と聞き返しています。

 

また、OVAの駅伝で走る前にはスマートファルコンに意気込みを聞かれると「今日は3人でいいしょうぶをしたいです。」と小学生並みのコメントを明るく言っています。

 

OVAではアニメより出番が多いため、元気な一面に天然も追加されたようなウイニングチケットでした。

 

【勝負服】

ウイニングチケットは勝負服が変更になったウマ娘の一人です。

 

当初はえんじ色のスポーツジャケットに白色のリボンでスパッツをはいたスカートスタイルでした。

 

変更後は白いフード付きのえんじ色の袖なしパーカーとインナーがスポブラになっています。

 

変更後の方が明るく元気なウイニングチケットらしいですね。

 

Sponsored Link

 

【ウイニングチケットの走り】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

初のレースシーンはアニメ第1期7話の天皇賞(秋)のシーンです。

 

レース前は地下バ道で緊張してきて、体がかゆいと言っており、緊張すると体が痒くなるようです。

 

ちなみに史実での競走馬ウイニングチケットもストレスでよく蕁麻疹になっていたそうです。

 

レースはナイスネイチャの後ろを走り、サイレンススズカの快速なスピードに対して速すぎるってと驚きながら走ります。

 

その後はサイレンススズカの故障が発生したため、以降のレースシーンは描かれていません。

 

ちなみに史実でウイニングチケットとサイレンスズカは同じレースに走ったことはありません。

 

競走馬ウイニングチケットも天皇賞(秋)がラストランだったためアニメで天皇賞(秋)に出走していたのではないでしょうか。

 

アニメ第2期は9話の日本ダービーで出走しています。

 

このシーンはOVAでも描かれています。

 

どちらも最後の直線のみですが、先頭を走るウイニングチケットにビワハヤヒデと外からナリタタイシンが迫ります。

 

一瞬交わされてしまいますが、ダービーへの並々ならぬ思いから力を振り絞り、再度前へ出て勝利します。

 

また、トウカイテイオーの他ウマ娘の調査の対象にもなっており「最終直線からの末脚は切れ味抜群」と評価されています。

 

そして、アニメ第2期13話の有馬記念にも出走しています。

 

「次世代の担い手のひとりウイニングチケット」と紹介されており、ダービーウマ娘として期待されます。

 

スタート後、向こう正面ではビワハヤヒデの後ろ5番手で走ります。

 

第4コーナーに入るとビワハヤヒデと共にじわじわと上がっていきます。

 

しかし、ビワハヤヒデは風を切る勢いでスパートをかけ、先頭で逃げるメジロパーマーを交わします。

 

ウイニングチケットを含める多くのウマ娘がその勢いに驚き懸命に走ります。

 

直線に入るウイニングチケットは伸びず、ビワハヤヒデとトウカイテイオーが前へ出て競り合い、結果トウカイテイオーが勝利となります。

 

ウイニングチケットは11着でした。

 

いつも元気で明るいウイニングチケットが日本ダービーでの交わされてから食いしばって差し返すところは見ものです。

 

【トウカイテイオーの調査】

トウカイテイオーの調査では走り以外にこのようなことが紹介されています。

 

ウイニングチケットの座右の銘は「パワフルなレディ」です。

 

元ネタは、競走馬ウイニングチケットの母馬で、母馬の名前は「パワフルレディ」です。

 

Sponsored Link

 

【BNWの誓いでのウイニングチケット】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

OVA「BNWの誓い」ではメインキャラクターの一人として登場しています。

 

OVAの始まりはクラシック三冠を分け合った仲の良いBNWが、なぜか気まずそうにしているというところから始まります。

 

明るいウイニングチケットもナリタタイシンを見ると声もかけず離れて席に座ります。

 

そんな様子をみた生徒会は、BNWがリーダーとなるグループ対抗駅伝を春の感謝祭の目玉企画とすることを決定します。

 

チーム「スピカ」が何も知らないBNWの3人に駅伝出場の説得を試みますが、ウイニングチケットは遠慮しとくと言ってスピカメンバーの話を聞こうとしません。

 

しかし、どうしても走ってもらいたいスペシャルウィークは脈絡のないトレーナーうけうりの決めゼリフをウイニングチケットに言い放ちます。

 

それが逆効果と感じたメジロマックイーンとトウカイテイオーは慌ててスペシャルウィークを止めに入ります。

 

そんなおかしな様子をみたウイニングチケットは悩んでいるのが馬鹿らしいと感じ、本当の理由を話し始めます。

 

同じような時期にBNWの3人はそろってケガをしてしまい、レースで自分だけ全力が出せなかったらって思うと他の2人に申し訳ないという気持ちから駅伝には出ないということでした。

 

それを聞いたスペシャルウィークは自分がサイレンススズカが大好きだから走ることをあきらめたくないという気持ちに重ねて「チケゾー先輩はハヤヒデ先輩のことが大好きじゃないんですか?」と問いかけます。

 

それをきいたウイニングチケットはビワハヤヒデが好きだから、もう一度認めてもらえるような走りを見せるため駅伝に出場することを決めます。

 

その後、ナリタタイシンの説得が思うようにいかずビワハヤヒデも不安になりますが、ウイニングチケットの明るさからみんなでナリタタイシンを信じようと各自準備に励みます。

 

自分を信じる勇気がもてないナリタタイシンは当日まで駅伝の出場を悩み学園の外を歩きます。

 

そこでウイニングチケットは「タイシン、早くこいよ!そこはさ、お前の居場所じゃないだろ!」と現場にナリタタイシンの替え玉がいるにも関わらずテレビ中継越しにナリタタイシンを説得します。

 

初めて直接聞く一緒に走ろうという二人の言葉にナリタタイシンは走って駅伝会場に向かいます。

 

なんとか会場にぎりぎりで到着しますが、ビワハヤヒデが熱発で倒れてしまい駅伝が中止されることが発表されます。

 

そこにナリタブライアンが駆け付けてアンカーをビワハヤヒデの代わりにナリタブライアン、ナリタタイシン、ウイニングチケットで走ることとなります。

 

レースは終盤、最後のトラックに入ると仕掛けるナリタブライアンとともにウイニングチケットも先頭のナリタタイシンを交わします。

 

しかし、ナリタタイシンもファンの応援を聞いてスパートをかけウイニングチケットを差そうと並びます。

 

最後は二人で競り合い、惜しくも届かずウイニングチケットは2着となります。

 

無事に走り終えた駅伝は各チームのスピカメンバーが反則のためBNWの勝負は大阪杯に持ち越されます。

 

そして大阪杯では日本ダービーの時のように最後の直線で3人が並び、前に出たビワハヤヒデが勝利します。

 

ウイニングチケットは「次は負けないからね!」と言って3人で次の勝負は負けないからと誓い合うのでした。

 

【うまよん】

うまよんの「かぶとむしとりだよ!BNW」の回でウイニングチケットも登場しています。

 

合宿先で3人でカブトムシをとることとなったったのですが、近所の子供たちにカブトムシをせがまれたり、カブトムシをとる場所は農家のおばちゃんに聞いたりと初対面の相手でもかなりコミュニケーションが高い一面が描かれています。

 

また、ウイニングチケットがカブトムシを落とすために木を「ウイニングキィーック」といって蹴ったりするシーンの他、アニメOVAでは少なかった仲のいいBNWの3人の様子を見ることができます。

 

Sponsored Link

 

【実際にいた名馬「ウイニングチケット」】

 


参照元:https://twitter.com/

 

ウイニングチケットは競走馬ウイニングチケットという黒鹿毛の牡馬がモデルとなっています。

 

BNWの一角でビワハヤヒデ、ナリタタイシンと共にクラシック三冠を争い、日本ダービーを制した競走馬です。

 

ここからは競走馬のウイニングチケットについてご紹介していきます。

 

【日本ダービーを目指して】

 

ウイニングチケットは1990年に生まれます。

 

父馬トニービンはヨーロッパで活躍し、凱旋門賞に勝利した競走馬で日本で種牡馬となります。

 

母馬パワフルレディは父馬にマルゼンスキーの血統を継いでいます。

 

ウイニングチケットは良血馬として生まれますが、生まれたときには鹿のような馬体でした。

 

しかし、調教師がウイニングチケットの才能を見出し、デビュー前からダービーを意識したトレーニングが始まります。

 

ちなみにウイニングチケットの愛称はチケゾーと呼ばれており、チケゾーはアプリゲームのみの愛称ではなく、実際にウイニングチケットを担当していたスタッフの人がそう呼んでいたそうです。

 

1992年新馬戦にてデビューしますが結果は5着となります。

 

そして、その翌週の新馬戦にて初勝利をあげますが、怪我のため、早々に3か月の休養となります。

 

休養明けとなった葉牡丹賞を勝利、オープン戦勝利と3連勝します。

 

そして日本ダービーの前哨戦である弥生賞に出走することとなります。

 

レースは後方で走り、最後の直線で大外から前馬を差してウイニングチケットが勝利します。

 

この時2着だった競走馬がのちにBNWと呼ばれる1頭のナリタタイシンでした。

 

そして、ウイニングチケットは皐月賞に駒を進めます。

 

【トニービン】

ウイニングチケットはトニービンの初年度の産駒です。

 

他にはウマ娘で登場するエアグルーヴの他にベガ、ノースフライト、ジャングルポケット等の優秀な競走馬を輩出しています。

 

母の父としてもウマ娘で登場するアドマイヤベガやカレンチャンがいます。

 

ちなみに現在週刊ヤングジャンプで連載中の「ウマ娘 シンデレラグレイ」はオグリキャップが走った1988年のジャパンカップが描かれており、トニービンがモデルと言われているウマ娘が登場しています。

 

Sponsored Link

 

【クラシックへの挑戦】

 

皐月賞には弥生賞で競ったナリタタイシンと、ここまで1着2着と連帯率の高いビワハヤヒデが出走していました。

 

弥生賞を勝利していたウイニングチケットは1番人気となります。

 

レースは終盤の直線でビワハヤヒデと共に仕掛けますが、ウイニングチケットは伸びることができず、大外からやってきたナリタタイシンや他馬に交わされて結果4着となります。

 

そして、大本命で目指してきた日本ダービーに駒を進めます。

 

レースには1番人気になり、2番人気にビワハヤヒデ、3番人気に皐月賞馬のナリタタイシンが出走しています。

 

レースはスタート直後に1頭落馬する中、中団にビワハヤヒデ、ウイニングチケット、最後方から2番手にナリタタイシンが走り、縦長の馬郡となります。

 

大けやきを過ぎると各馬が仕掛け始め、内からウイニングチケットが仕掛け2番手から先頭にでます。

 

内からビワハヤヒデ、外からナリタタイシンが迫ります。

 

ウイニングチケットは一瞬ビワハヤヒデに交わされるも、そこから再び伸びて半馬身差でゴール板を通過します。

 

デビュー前から目指した日本ダービーにウイニングチケットが勝利します。

 

そこから休養にはいったウイニングチケットは秋の初戦で京都新聞杯に出走し、勝利します。

 

そして、クラシック最後となる菊花賞に駒を進めます。

 

しかし、夏を経て強靭な馬体へと成長したビワハヤヒデに、最後の直線では全く届かず、3着となります。

 

結果として皐月賞をナリタタイシン、日本ダービーをウイニングチケット、菊花賞をビワハヤヒデとBNWの同期3頭が三冠を分け合う年となりました。

 

【日本ダービーへのこだわり】

ウマ娘ではウイニングチケットが日本ダービーに並々ならぬ思いを持っていました。

 

これは史実の調教師と騎手の思いが反映されています。

 

伊藤調教師はウイニングチケットの日本ダービーの勝利と柴田政人騎手に日本ダービーを勝利してほしいと思っていました。

 

そして、柴田政人騎手自身も、当時44歳でデビュー24年目ながら19回目となる日本ダービーは「勝ったら騎手をやめてもいい」というほど日本ダービー勝利を切望していました。

 

また、ウマ娘で日本ダービー後に「チケット」コールが沸き起こっていますが、史実では「マサト」コールが沸き起こっていたそうです。

 

Sponsored Link

 

【古馬となり引退まで】

 

その後、ウイニングチケットは古馬と混ざってジャパンカップに出走します。

 

レースは内を狙って直線にはいるも、先頭を走るレガシーワールドに届かず、ゴール直前で交わされ3着となります。

 

1993年最後のレースとなった有馬記念はビワハヤヒデ、レガシーワールドに続いて3番人気となるも、最後の直線伸びることなく11着となります。

 

このレースはアニメ第2期13話でも描かれていたトウカイテイオー1年ぶりの奇跡の復活レースでもありました。

 

翌年1994年は春は全休となり、ナリタタイシンも春以降ケガのため休養となっています。

 

ウイニングチケットは、7月の高松宮杯から出走することとなります。

 

レースは最終直線に入っても後方のままで、遅れてスパートをかけるも先行争いを制したナイスネイチャに離されて5着となります。

 

夏の休養後はビワハヤヒデと共に産経賞オールカマーに出走することとなります。

 

ビワハヤヒデとは5度目の対決となります。

 

レースは直線で外にもってきたウイニングチケットが仕掛けるも、ビワハヤヒデに届くことはなく2着となりました。

 

そして、ビワハヤヒデと6度目の対決となったのは天皇賞(秋)でした。

 

1番人気のビワハヤヒデ、2番人気のウイニングチケットで2頭の対決が期待されるも、結果はビワハヤヒデ5着、ウイニングチケット8着という愕然となる結果でした。

 

この時ウイニングチケットはレース中に屈腱炎を発症しており、このレースをもって競争生活を引退します。

 

ビワハヤヒデも同様にレース中に屈腱炎を発症していたため、引退となりました。

 

ウイニングチケットは引退後、種牡馬となり地方競馬の重賞勝利馬を多く輩出していますが、中央ではG3フェアリーステークスを勝利したベルグチケットのみでした。

 

産駒ではありませんが、ウイニングチケットの血統をひいたレイパパレが2020年にG1大阪杯を勝利しています。

 

レイパパレの母の母の父馬がウイニングチケットで、現在もウイニングチケットの血統は引き継がれているようです。

 

2005年に種牡馬を引退してからは北海道の牧場で余生を送っています。

 

BNWのビワハヤヒデ、ナリタタイシンとは共に30歳の年を迎える長寿な3頭でしたが、2020年にナリタタイシンとビワハヤヒデは天国へと旅立っています。

 

そして2021年現在ウイニングチケットは最高齢G1馬となっています。

 

【JRAのCM】

2012年のJRAの日本ダービーのCMにウイニングチケットのことが紹介されています。

93年、日本ダービー。

瞬きさえ許さない、3つのプライドの激突。

熱狂の2分25秒。

最後の直線を制した、その馬の名は…ウイニングチケット

 

【部屋を出ていく順番】

アプリゲームではBNWの絡みを見ることができるのですが、あのシーンが注目されています。

 

終盤のかくれんぼ後のシーンでは部屋を出ていく順番がナリタタイシン、ビワハヤヒデでウイニングチケットが部屋に残り「行っちゃった……。」と言っています。

 

この部屋を出ていく順番は競走馬が天国に旅立った順番と同じで、ウイニングチケットチケットだけが部屋に残っていることが生きていることを表していると言われています

「行っちゃった……。」と言い、一瞬だけ一人で寂しく部屋に残っているように見えますが、競走馬ウイニングチケットには長生きしてほしいですね。

 

【ウマ娘シリーズ 無料視聴方法】

 

「ウマ娘」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」です!

 

なぜ、「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
上記配信サービスでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「ウマ娘」が約1カ月間無料視聴することができる。
上記配信サービスの「お試しキャンペーン」を交互に利用すると、約3カ月半「ウマ娘」の視聴が堪能できる! ※(例)U-NEXTお試し期間31日終了後⇒Amazonプライムビデオお試し期間30日終了後⇒dアニメお試し期間31日終了後⇒FODお試し期間2週間
「お試し期間中」なら「ウマ娘」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった「アニメ・洋画・邦画・声優番組など(※対象作品のみ)」もついでに視聴可能!
 

以上が、上記配信サービスで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「31日間無料トライアル」に登録してから31日間
(初回登録の方のみ)
2189円(税込)
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。
   
 
【Amazonプライムビデオ】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の利用料金】
「30日間無料トライアル」に登録してから30日間
(初回登録の方のみ)
月額プラン:月500円(税込)

年会費プラン:年4900円(税込)

※月額で払うか年で払うかのどちらかを選べます。
【配信ジャンル】
洋画/邦画/国内ドラマ/海外ドラマ/アニメ/音楽/お笑い/バラエティ etc...
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー(レンタル)

ウマ娘 プリティーダービーSeason2(レンタル)
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「30日間無料トライアル」は、登録から30日間無料で利用できるサービスです。30日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「30日間無料トライアル」に登録後、30日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「30日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は30日以内の解約をお忘れなく。

「30日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。Amazonプライムビデオで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

 
 
 
【dアニメストア】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「今すぐ無料おためし」に登録してから31日間
(初回登録の方のみ)
440円(税込)
【配信ジャンル】
アニメ/声優/アニメ系ミュージカル
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

登録から31日間無料で利用できますが、31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「31日間お試し」で見れる作品は対象作品のみです。dアニメストアで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

   
 
【FOD】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「無料トライアル」に登録してから2週間
(初回登録の方のみ)
976円(税込)
【配信ジャンル】
国内ドラマ/海外ドラマ/アジアドラマ/邦画/洋画/アニメ/スポーツ/エンタメ/FODオリジナル番組/漫画/雑誌
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「無料トライアル」は、登録から2週間無料で利用できるサービスです。2週間を過ぎると月額料金は自動的に発生してしまいます。

「無料トライアル」に登録後、2週間以内の解約なら月額料金はかかりません。「無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は2週間以内の解約をお忘れなく。

「無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。FODで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。    

       

ウマ娘シンデレラグレイにオペラオーが出た理由

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘OVAのあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイ版ゴールドシチーについて

シンデレラグレイ版メジロアルダンについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

シンデレラグレイのオベイユアマスターの元ネタ

オベイユアマスターの過去

シンデレラグレイのトニビアンカの元ネタ

シンデレラグレイのムーンライトルナシーの元ネタ

シンデレラグレイのミシェルマイベイビーの元ネタ

シンデレラグレイのエラズリープライドの元ネタ

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

アニメ版マチカネフクキタルについて

アニメ版メイショウドトウについて

アニメ版ビワハヤヒデについて

アニメ版ナリタタイシンについて

アニメ版ウイニングチケットについて

アニメ版ナリタブライアンについて

アニメ版エイシンフラッシュについて

アニメ版スマートファルコンについて

アニメ版サクラバクシンオーについて

アニメ版ハルウララについて

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

 


 

元気一杯なキャラクターでウマ娘では登場し、史実では懸命に走った競争生活のウイニングチケットでした。

 

このようにウマ娘はモデル馬を知るともっとキャラクターに愛着を持つことができます。

 

ぜひ史実を知った上でアニメを楽しんでいただきたい作品です。

 

これを機に、アニメを見たり、見返してみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ