シンデレラグレイに登場したトニビアンカの元ネタは?キャラやモデルの馬をご紹介

シンデレラグレイに登場したトニビアンカの元ネタは?キャラやモデルの馬をご紹介

 

大人気コンテンツとなった「ウマ娘」は2018年からアニメ放送され、2020年からは漫画の連載がスタートし、そして2021年から本コンテンツのベースとなるアプリゲームの配信がスタートしました。

 

そんな中、漫画「ウマ娘 シンデレラグレイ」は2021年上半期コミック第1巻売上ランキングの1位に選ばれています。

 

漫画は史実の競走馬オグリキャップが少女となり健気に走る姿が描かれており、47話からはジャパンカップに向けて外国馬をモデルとしたウマ娘が登場してきています。

 

本日はそんなウマ娘の一人、トニビアンカをご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘シンデレラグレイに登場したトニビアンカとは?】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 47巻より引用

 

【初登場】【レース拠点国】
47話イタリア
【誕生日】【身長】
4月7日(元ネタから推察)178cm
【毛色】【性格・特徴等】
鹿毛(元ネタから推察)

欧州王者/カールのロングヘア

【元ネタになった競走馬】
トニービン

 

47話にして、遂にタマモクロスとオグリキャップの2回戦目となるジャパンカップのシーズンがやってきました。

 

芦毛の二人の注目もさることながら、海外のウマ娘達も続々と登場しています。

 

ジャパンカップは史実同様、海外のウマ娘も出走する世界的なレースです。

 

海外勢であるトニビアンカもその一人で、一番乗りで日本の成田空港に降り立っています。

 

ここからはトニビアンカのわかっている情報をご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【イタリアからきたトニビアンカ】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 47巻より引用

 

トニビアンカはイタリア出身のウマ娘です。

 

空港到着早々、記者に囲まれ取材をされていることから世界的には有名なウマ娘のようです。

 

欧州王者と言われているだけあってかなり強いウマ娘で、ベルノライトの調査では2615勝でG16勝しているようです。

 

どの国でどんなレースに勝っているかは詳しく現時点で語られていませんが、欧州というだけあって、いくつかの国のG1レースに勝利しているようです。

 

かなり威圧的なオーラを持ったウマ娘のため、来日早々の記者が日本語の質問に対してイタリア語で「せめて英語でお願いできますか?」と言ったり、タマモクロスやオグリキャップに対しては「(トニビアンカに勝てず)世界の広さを知ることになる」と言っています。

 

他にも「勝って示す、それだけ」と意気込みを答えたり、負ける可能性を感じさせない気迫を見せています。

 

これは史実でジャパンカップ出走前に調教師が「我々は勝つことしか考えていない」と発言していたためトニビアンカのセリフも勝ちにこだわったものになったのでしょう。

 

そういった発言や、気迫のためかベルノライトの調査のメモでも「本当に学生?」と疑われています。

 

また、ベルノライトの調査時のトレーニングでは軽めの調整のため本気では走ってはおらず、前走でも調整は軽いものしか行わなかったそうです。

 

走りの特徴としてはストライド(距離)が長い走りをするそうです。

 

今のところ、日本のウマ娘タマモクロスとオグリキャップに見向きもせず、自分の走りを貫き通そうとしているトニビアンカはジャパンカップでどのような走りを見せてくれるか楽しみですね。

 

【ベルノライトの変装】

オグリキャップのため、海外勢の情報が欲しい六平トレーナーはベルノライトにジャパンカップに出走する海外ウマ娘の調査をベルノライトが行います。

 

相手にウマ娘と悟られないようキャスケット帽を深く被り耳を隠し、尻尾はなんと穴あきのショルダーバッグを後ろに固定して、その中に尻尾を隠すまで徹底しています。

 

しかしながらアメリカからやってきたオベイユアマスターのみにはベルノライトの正体に気づいています。

 

Sponsored Link

 

【トニビアンカの元ネタはトニービン】

 

トニビアンカの元ネタはトニービンというイタリアの牡馬だと言われています。

 

トニービンはアイルランドに生まれ、イタリア、そしてフランスやイギリスでも走り、引退後は日本で種牡馬となった競走馬です。

 

ここからは史実の競走馬トニービンについてご紹介していきます。

 

【ジャパンカップまでの道のり】

 

トニービンは1983年に父馬カンパラ、母馬セバーンブリッジをもちます。

 

地味な血統的のため、注目されておらず、50万~70万円という破格の値段でイタリアにやってきます。

 

しかし、注目されていない中でも、1985年の秋にデビューすると初戦を4馬身差で勝利します。

 

その後の準重賞にも勝利し、3線目にしてイタリアGⅠレースのグランクリテリウム(現在はGⅡ)に出走となりますが、3着という結果を残します。

 

その後も準重賞、重賞に出走するも重賞では3着、4着、3着、2着と惜しい結果の走りを見せ、1986年最終レースまで94勝で再降着は4着という好走を見せますが、惜しい結果となります。

 

そして、1987年にトニービンは本領を発揮し始めます。

 

春の初戦を7馬身差で圧勝、初重賞勝利をし、連勝すると、遂にGⅠ共和国大統領賞とGⅠミラノ大賞(現在はどちらもGⅡ)に連勝します。

 

その後はフランスに遠征し、GⅠサンクルー大賞にムーンマッドネスに続く2着、その後はイギリスのキングジョージ6&クイーンエリザベスステークスに出走が決まり、輸送中に暴れて怪我しつつも出走しなんとか5着に食い込みます。

 

そして、イタリアのレースで勝利して、ヨーロッパ最大レースの一つフランスの凱旋門賞ではアメリカのトランポリノのレコードの走りに届かず2馬身差で2着という結果を残します。

 

これにとどまらずイタリアに戻ると2週間後のG1ジャッキークラブ大賞(現在はG2)に不良馬場ながらも勝利し、ローマ賞(現在はG2)には半馬身差で2着と1987年は10623回という結果で走りました。

 

翌年1988年も現役を続行として、春からスタートし54勝と昨年勝利した共和国大統領賞とミラノ賞に連覇をしています。

 

そして、昨年のリベンジとなるフランス凱旋門賞に再び臨みます。

 

スタートすると馬群はまとまったまま走り、最後の直線に入ると横並びの中から抜け出し、残り200mで伸びて勝利を掴みとります。

 

その後のジャッキークラブ賞では連敗とはなりませんでしたが、その後は日本の社台グループに5億円で買い取られたため日本での種牡馬入りが決まります。

 

そのためのお披露目となったのが1988年のジャパンカップとなります。

 

【トニービンのオーナー】

トニービンの馬主のはルチアーノ・ガウチというイタリアの実業家の婦人でした。

 

ルチアーノ・ガウチはイタリアの当時のクラブ・ACペルーシャ(サッカーチーム)のオーナーでした。

 

最初、50万で購入したトニービンが10億近くの賞金を稼いでいます。

 

ちなみに、ACペルーシャは中田英寿選手が最初に移籍したチームでもあります。

 

中田英寿選手も470万ドルで獲得し、活躍した結果1600万ドルでローマに移籍しています。

 

Sponsored Link

 

【ジャパンカップと引退後】

 

ジャパンカップには当時日本で芦毛最強の2頭と言われたタマモクロスとオグリキャップ、そしてヨーロッパ、アメリカ、オセアニア、アジア(日本)の代表競走馬が集結していたため、「四大陸決戦」と呼ばれていました。

 

レースは逃げ馬がいないためスローペースとなり、オグリキャップは5番手、中団にトニービン、後方にタマモクロスが走ります。

 

向正面に外目に出ますが、最後の直線では伸びに欠け、前に競り合うペイザバトラーとタマモクロスには届かず5着となります。

 

実はこのレースでトニービンは骨折を発症しており、このジャパンカップをもって競争生活を退くこととなります。

 

その後は先述の通り日本で種牡馬となり、多くの優秀な競走馬を輩出しています。

 

産駒の傾向としては左回りの競馬場が得意で東京競馬場との相性が良いとされています。

 

ちなみに東京競馬場でのGⅠ2006年創設のヴィクトリアマイル以外は産駒が制覇しています。

 

【トニービンの産駒の活躍】

NHKマイルカップ

1999年産テレグノシス

 

オークス

1990年産ベガ

1993年産エアグルーヴ

1998年産レディパステル

 

日本ダービー

1990年産ウイニングチケット

1998年産ジャングルポケット

 

安田記念

1990年産ノースフライト

 

天皇賞(秋)

1990年産サクラチトセオー

1991年産オフサイドトラップ

1993年産エアグルーヴ

 

ジャパンカップ

1998年産ジャングルポケット

 

数々の名馬を残してきたトニービンですが、2000年の春に急性腎不全のため17年の生涯に早くも幕を下ろします。

 

ちなみにも母馬の父馬として血統がつながっている産駒も多く、その中でGⅠを制した馬も多数存在しています。

 

ウマ娘化されているもので例を挙げると、アドマイヤベガ(日本ダービー制覇)、カレンチャン(スプリンターズステークス制覇、高松宮記念制覇)などがいます。

 

【凱旋門賞馬】

凱旋門賞馬は失敗種牡馬というジンクスが日本にはありましたが、トニービンはそういったジンクスを覆した競走馬でもあります。

 

当時のサインデーサイレンス、ブライアンタイムズと共に日本の大種牡馬の一頭として大活躍しました。

 

Sponsored Link

 

【「ウマ娘」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「ウマ娘」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ウマ娘シンデレラグレイ(1~最新巻まで)」のいずれかをポイント分無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、ウマ娘以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、ウマ娘のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「チェンソーマン」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

     

ウマ娘シンデレラグレイにオペラオーが出た理由

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘OVAのあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイ版ゴールドシチーについて

シンデレラグレイ版メジロアルダンについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

シンデレラグレイのオベイユアマスターの元ネタ

オベイユアマスターの過去

シンデレラグレイのトニビアンカの元ネタ

シンデレラグレイのムーンライトルナシーの元ネタ

シンデレラグレイのミシェルマイベイビーの元ネタ

シンデレラグレイのエラズリープライドの元ネタ

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

アニメ版マチカネフクキタルについて

アニメ版メイショウドトウについて

アニメ版ビワハヤヒデについて

アニメ版ナリタタイシンについて

アニメ版ウイニングチケットについて

アニメ版ナリタブライアンについて

アニメ版エイシンフラッシュについて

アニメ版スマートファルコンについて

アニメ版サクラバクシンオーについて

アニメ版ハルウララについて

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

 

 


トニビアンカの元ネタの競走馬がどのような馬であったかが分かりました。

史実を調べるとジャパンカップの結果がネタバレしてしまいます。

トニービンはジャパンカップ中に骨折をおこしているため、漫画ではどのように表現されるか心配しつつも気になる点となりました。

史実を知ることでより一層ストーリーを楽しめ「ウマ娘 シンデレラグレイ」、これを機に漫画を手に取ってみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

Sponsored Link

   

関連コンテンツ