ウマ娘のブロワイエの元ネタは?モデルやキャラについてご紹介

ウマ娘のブロワイエの元ネタは?モデルやキャラについてご紹介

 

ウマ娘とは、史実で活躍した競走馬が少女へと姿を変え、レースでの勝利を目指し走り続ける物語です。

 

現在は、アニメ、漫画、アプリゲームとメディア化されており、そのどれもが大人気コンテンツとなっています。

 

その中で、アニメは2018年に第1期、2021年に第2期が放送されており、早くも第3期が期待されています。

 

今回はアニメに登場するウマ娘、ブロワイエについてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘のアニメに登場するブロワイエとは?】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

【登場アニメ】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービー OVA

【誕生日】【学年/寮】
不明不明
【身長】【体重】
不明不明
【スリーサイズ】【声優】
不明池澤春菜

 

ブロワイエは世界的レースに出走するヨーロッパ最強のウマ娘です。

 

ウェーブのかかったブロンドのロングヘアで、私服時も勝負服時も、耳飾りやヘアアクセサリーなどは何もつけておらず、赤い口紅が印象的なウマ娘です。

 

勝負服は赤いマントと青を基調とした衛兵のようなデザインです。

 

フランス出身のようで、普段はフランス語を話しており、アニメはブロワイエが話すと字幕がつきます。

 

9話でファンに囲まれているところ、フランスに遠征に来たエルコンドルパサーと出会うシーンが初登場になります。

 

ここからはブロワイエのキャラクターについてご紹介していきます。

 

【弱みを見せない世界的な強いウマ娘】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

ブロワイエは世界的に有名なウマ娘です。

 

凱旋門賞出走のため、フランスに渡ったエルコンドルパサーが出会った際には、女性に囲まれており、ジャパンカップで来日した際も多くの記者がブロワイエに注目しています。

 

ブロワイエもそういった注目されることには慣れているようです。

 

何事にも余裕な性格のウマ娘のように見えます。

 

凱旋門賞ではエルコンドルパサーのフランス語単語帳にサインした際には「私はコンドルより早く飛べる」と挑発したり、ジャパンカップでは出走前に挨拶代わりにスペシャルウィークのほほにキスをしています。

 

しかし、実は他人に弱みを見せつけないようにしている一面があります。

 

そんな一面を見ることができるのは12話のボイスドラマ「サイドストーリー」です。

 

ジャパンカップの直前お出かけにでたブロワイエはハルウララと出会います。

 

少しの時間話しただけでハルウララはブロワイエがつかれていることを指摘され、ブロワイエは驚きます。

 

ブロワイエは世界的に有名でヨーロッパ最強のウマ娘として、弱みを見せないように普段から振る舞っていたことを明かしています。

 

そしてその後は、ハルウララにカツオのフィギアを渡され、元気が湧いてきたと言って二人は別れます。

 

人知れず努力するウマ娘のようですね。

 

【ハルウララ】

ボイスドラマで偶然出会ったハルウララとブロワイエですが、史実で二人が同じレースに出走したことはありません。

 

しかし、モデル馬はどちらも1996年という生まれという共通点があります。

 

競走馬ハルウララは連敗し続けたことが当時話題となり、健気に走る姿は多くの人の心に元気を与えたアイドルホースです。

 

来日し、気を張っていたブロワイエにとってハルウララとの会話は心が和らぐひと時だったようです。

 

Sponsored Link

 

【エルコンドルパサーとの凱旋門賞】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

世界一のウマ娘になるべく凱旋門賞に出走のため、フランスに渡ったエルコンドルパサーの強敵として立ちはだかったのがブロワイエです。

 

二人が初めて出会った時、ブロワイエはエルコンドルパサーにサインを書いて渡します。

 

エルコンドルパサーはファンと勘違いされ、自分はレースでマークされていないことを好機と捉えます。

 

しかし、これは勘違いでブロワイエはエルコンドルパサーをしっかりマークしていたのでした。

 

初めて出会ったシーンでもブロワイエはエルコンドルパサーの姿を見ると若干驚いた様子を見せており、先述した通り「私はコンドルより早く飛べる」とサインし、挑発していたのでした。

 

一目見ただけでエルコンドルパサーだと気づいたということから、事前にリサーチしていたようですね。

 

ちなみに、このサインはシンボリルドルフが翻訳するまで、エルコンドルパサーは意味をわかっていませんでした。

 

そして、迎える凱旋門賞ではエルコンドルパサーが逃げ、ブロワイエは中団を走ります。

 

直線に入りブロワイエは中団のままでしたが、残り100メートルで先頭を走るエルコンドルパサーに仕掛けます。

 

独特の呼吸法と涼しい表情で加速するとそのままエルコンドルパサーを交わし、ブロワイエが凱旋門賞を制します。

 

レース後は「君はすごかった」というとエルコンドルパサーと握手をし凱旋門賞は幕を下ろします。

 

【凱旋門賞での小ネタ】

作中、エルコンドルパサーが出走する凱旋門賞をスペシャルウィークやチーム「リギル」がテレビ中継をみて応援しています。

 

史実でも1999年のエルコンドルパサーが出走した凱旋門賞は、日本でも話題となり史上初めてテレビで中継されたそうです。

 

また、ブロワイエが仕掛けるシーンでみんなで「ブロワイエがきた!」と3回連呼するシーンがあります。

 

史実の実況でもブロワイエのモデル馬と言われるモンジューの名前を連呼して「モンジューがきた!モンジューがきた!モンジューがきた!」と言っています。

 

Sponsored Link

 

【スペシャルウィークとのジャパンカップ】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

凱旋門賞後、ブロワイエはジャパンカップに出走することを発表します。

 

記者会見では「強さを見せつける!」と言い、気になるウマ娘を質問されると「皆とてもかわいいよ」と余裕を見せつけます。

 

ブロワイエもジャパンカップに向けてトレーニングをかなり積んでいるようで、親指だけで倒立して体幹を鍛えたり、筋肉のついた足を披露し最終調整では記者が見る目の前で全力疾走で走り、タイムもシンボリルドルフを上回るタイムを見せつけています。

 

ジャパンカップ当日、細江アナウンサーから抜群のレースセンスを評価されており、「てん良し、中良し、仕舞い良しの完璧なウマ娘」と評価されています。

 

出走前に強敵になりうるスペシャルウィークに挨拶代わりに頬にキスをしますが、スペシャルウィークも「La victoire est moi!(調子に乗んな!)」と意表を突く言葉が返ってきます。

 

笑顔で手を差し伸べ、握手し合うもブロワイエの闘志に火が付いたように迫力が増しています。

 

レースがスタートするとスペシャルウィークとブロワイエは後方を走ります。

 

ブロワイエはスペシャルウィークのすぐ後ろの位置です。

 

スペシャルウィークの動きを事前に研究しているため、ブロワイエは余裕の表情を浮かべます。

 

向こう正面後半あたりから仕掛けるスペシャルウィークにブロワイエも続きます。

 

前を走るウマ娘をどんどんと交わしていき、ブロワイエは呼吸法を変えスペシャルウィークに迫ります。

 

しかし、最後の力を振り絞るスペシャルウィークには届かず、勝利を手にすることはできませんでした。

 

レース後には凱旋門賞の時のように手を差し伸べ、スペシャルウィークと握手をしてフランス語で「今のところは勝利を預ける だが、すぐに返させてもらうよ」というのでした。

 

しかし、スペシャルウィークはフランス語はわからず、うまく伝わっていなかったようなので、「La victoire est moi!」と言ってレースを終えるのでした。

 

【La victoire est moi!】

スペシャルウィークがエルコンドルパサーに「いい勝負をしましょう」という意味で教えてもらった「La victoire est moi!」はブロワイエに言う際には「調子にのんな!」と字幕で訳されていました。

 

しかしながら、本来は「勝利は私のものよ」という訳の方が適切です。

 

実際にブロワイエも最後の直線で前を走るスペシャルウィークに迫る際に「La victoire est moi!」といっていて、ここでは「私が、絶対勝つ」と字幕が出ています。

 

Sponsored Link

 

【ブロワイエの元ネタ】

 


参照元:https://twitter.com/

 

ブロワイエはモンジューという栗毛の牡馬がモデルと言われています。

 

ブロワイエの名前の元ネタとしては、モンジューと同じ名前のモンジュー城がある地域が「ブロワイエ」という名前です。

 

また、ブロワイエというフランス語には「打ち砕く」という意味があり、強敵としてもふさわしい名前のため、ブロワイエとして登場したようです。

 

ウマ娘でヨーロッパ最強と描かれていたように、史実ではGⅠを6勝し、種牡馬としても活躍した競走馬です。

 

ここからは競走馬モンジューに関してご紹介していきます。

 

【3歳最強馬を経て凱旋門賞馬へ】

 

モンジューは1996年に生まれます。

 

父馬サドラーズウェルズは大種牡馬ノーザンダンサーを父馬にもち、そのノーザンダンサーの産駒で最も成功した種牡馬と言われています。

 

母馬フロリペデスは父馬にトップヴィルをもっており、トップヴィルとサドラーズウェルズ系とは相性がいいと言われています。

 

馬主は自身が所有していた城の名前からモンジューと名付けます。

 

モンジューは平均的な体格ながら、筋肉質な馬体でした。

 

1998年にデビューするとその後2連勝をあげます。

 

翌年1999年は春から始動GⅡを勝利し、フランスダービーの前哨戦リュパン賞は届かず2着と初黒星をあげます。

 

しかし、本命のフランスダービーを4馬身差で圧勝し、続くアイルランドダービーも5馬身差で圧勝します。

 

この勝利でモンジューはヨーロッパの最強3歳馬として有名になります。

 

その後は凱旋門賞を目標とし、夏の休養に入ります。

 

休養明けは前哨戦のニエル賞に勝利し、凱旋門賞に駒を進めます。

 

モンジューは1番人気で凱旋門賞に臨みます。

 

2番人気には、ここまで日本で7戦6勝2着1回、そしてフランスに来てからは3戦2勝2着1回と、フランスでも活躍するエルコンドルパサー。

 

3番人気は同年はGⅠを3連勝中で前走を9馬身差で勝利したデイラミが出走していました。

 

凱旋門賞当日、前日からの雨の影響で水分を多く含んだ芝は記録的な不良馬場となりました。

 

スタートするとエルコンドルパサーは先頭で逃げ、モンジューは中団を走ります。

 

デイラミは不良馬場で調子上がらない中、馬郡はまとまったまま進み、直線に入ります。

 

モンジューは直線に入ると外から仕掛け、先頭で逃げるエルコンドルパサーを残り100mで並び、そして交わし半馬身差で差して勝利を挙げます。

 

【エルコンドルパサー】

逃げるエルコンドルパサー、それを差しに迫るモンジューというレースの最後は、半馬身差でモンジューが勝利しました。

 

3着の競走馬からは6馬身もの差があり、いかに2頭の走りが白熱していたかがわかります。

 

モンジューが勝利したものの地元メディアは「チャンピオンが2頭いた」と伝え、エルコンドルパサーの走りを讃えています。

 

また、モンジュー陣営も「馬場状態が違っていたら適わなかった。」と言っているほどです。

 

実況の通り本当に「エルコンドルパサー頑張りました!」と言いたくなるレースでした。

 

Sponsored Link

 

【ジャパンカップに立ちはだかる日本総大将】

 

凱旋門賞後はなんとジャパンカップに出走することが決まります。

 

エルコンドルパサーを破った競走馬としてモンジューは大注目されますが、来日後のモンジューの体調は万全ではありませんでした。

 

本来で凱旋門賞後は休養する競走馬もいる中での遠征、そして長距離移動ということで前日になっても体調が戻らず、もっと早く日本に来るべきだったと陣営が言うほどでした。

 

迎えるジャパンカップ、ここでもモンジューは1番人気で臨みます。

 

2番人気は天皇賞春・秋を連覇したスペシャルウィーク、3番人気は同年GⅠを2勝したドイツ馬タイガーヒルでした。

 

スタートすると前方にタイガーヒル、スペシャルウィークとモンジューは後方を走ります。

 

縦長の馬郡となり、第3と第4コーナー中間でスペシャルウィークとモンジューが前馬を外から交わし始めます。

 

直線に入り、スペシャルウィークに続くように仕掛けますが、前にでることはできず4着となりました。

 

1999年のラストレースを勝利で飾ることはできませんでしたが、年間7戦5勝2着1回という結果を残し、モンジューはカルティエ賞で最優秀3歳牡馬を受賞しました。

 

【勝利】

ウマ娘でブロワイエはジャパンカップ後に「今のところは勝利を預ける だが、すぐに返させてもらうよ」と言っています。

 

史実でも1999年、凱旋門賞ではエルコンドルパサーが2着に食い込み、ジャパンカップでは凱旋門賞馬をスペシャルウィークが下し、日本馬が世界的な活躍を見せました。

 

しかし、その後、凱旋門賞勝利の道は再び遠いものとなります。

 

ようやく凱旋門賞勝利の夢が近づいたと思った2012年、2度目の出走で奮闘したオルフェーヴルを下したはなんとモンジューの孫にあたるトレヴでした。

 

ブロワイエが言っていたように、勝利が取り返されたようなエピソードですね。

 

Sponsored Link

 

【引退までと種牡馬】

 

翌年2000年は5月から始動し始め、タタソールズ金杯は直線で進路をふさがれるを勝利。

 

次走のサンクルー大賞を5馬身差で勝利。

 

続くキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスは鞭を使うことなく、勝利。

 

ここまで、負けなしのまま夏の休養に入ります。

 

休養後はアイリッシュチャンピオンステークスに出走する予定でしたが、モンジューは体調が整わず、回避することとなります。

 

そして、凱旋門賞連覇に向けて、前哨戦のフォワ勝に勝利と4連勝を重ねます。

 

しかし、この勝利がモンジューにとってこれが最後の勝利となりました。

 

本命の凱旋門賞は3歳馬に敵うことなく、先頭から7馬身差の4着でした。

 

その後もチャンピオンステークス2着、ブリーダーズカップターフ7着という結果に沈み、モンジューは競争生活を引退します。

 

2001年より種牡馬となるも最初は大きく期待されていませんでしたが、多くの優秀な産駒を輩出しています。

 

初年度産駒からは凱旋門賞親子2代制覇のハリケーンラン、イギリスダービーを制したモティヴェイターがいます。

 

その後も毎年のようにGⅠ馬を輩出しています。

 

そして、2012年の春に敗血症による合併症で16年の生涯に幕を下ろします。

 

【モンジューの仔】

実は、現在の日本競馬にモンジューの子孫が出走しています。

 

モンジューの孫にあたる牝馬メーヴェ(父がモンジューの仔であるモティヴェイター)は、日本で繁殖牝馬としても活躍しており、代表的な産駒として、以下の2頭の仔を産んでいます。

 

メロディーレーンは馬体重300キロ前半という非常に小柄な馬体のステイヤー(長距離を得意とする)です。

 

タイトルホルダーは2021年の菊花賞をセイウンスカイ以来の23年ぶりの逃げで勝利しています。

 

【ウマ娘シリーズ 無料視聴方法】

 

「ウマ娘」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」です!

 

なぜ、「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
上記配信サービスでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「ウマ娘」が約1カ月間無料視聴することができる。
上記配信サービスの「お試しキャンペーン」を交互に利用すると、約3カ月半「ウマ娘」の視聴が堪能できる! ※(例)U-NEXTお試し期間31日終了後⇒Amazonプライムビデオお試し期間30日終了後⇒dアニメお試し期間31日終了後⇒FODお試し期間2週間
「お試し期間中」なら「ウマ娘」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった「アニメ・洋画・邦画・声優番組など(※対象作品のみ)」もついでに視聴可能!
 

以上が、上記配信サービスで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「31日間無料トライアル」に登録してから31日間
(初回登録の方のみ)
2189円(税込)
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。
   
 
【Amazonプライムビデオ】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の利用料金】
「30日間無料トライアル」に登録してから30日間
(初回登録の方のみ)
月額プラン:月500円(税込)

年会費プラン:年4900円(税込)

※月額で払うか年で払うかのどちらかを選べます。
【配信ジャンル】
洋画/邦画/国内ドラマ/海外ドラマ/アニメ/音楽/お笑い/バラエティ etc...
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー(レンタル)

ウマ娘 プリティーダービーSeason2(レンタル)
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「30日間無料トライアル」は、登録から30日間無料で利用できるサービスです。30日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「30日間無料トライアル」に登録後、30日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「30日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は30日以内の解約をお忘れなく。

「30日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。Amazonプライムビデオで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

 
 
 
【dアニメストア】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「今すぐ無料おためし」に登録してから31日間
(初回登録の方のみ)
440円(税込)
【配信ジャンル】
アニメ/声優/アニメ系ミュージカル
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

登録から31日間無料で利用できますが、31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「31日間お試し」で見れる作品は対象作品のみです。dアニメストアで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

   
 
【FOD】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「無料トライアル」に登録してから2週間
(初回登録の方のみ)
976円(税込)
【配信ジャンル】
国内ドラマ/海外ドラマ/アジアドラマ/邦画/洋画/アニメ/スポーツ/エンタメ/FODオリジナル番組/漫画/雑誌
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「無料トライアル」は、登録から2週間無料で利用できるサービスです。2週間を過ぎると月額料金は自動的に発生してしまいます。

「無料トライアル」に登録後、2週間以内の解約なら月額料金はかかりません。「無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は2週間以内の解約をお忘れなく。

「無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。FODで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。    

       

ウマ娘シンデレラグレイにオペラオーが出た理由

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘OVAのあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイ版ゴールドシチーについて

シンデレラグレイ版メジロアルダンについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

シンデレラグレイのオベイユアマスターの元ネタ

オベイユアマスターの過去

シンデレラグレイのトニビアンカの元ネタ

シンデレラグレイのムーンライトルナシーの元ネタ

シンデレラグレイのミシェルマイベイビーの元ネタ

シンデレラグレイのエラズリープライドの元ネタ

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

ブロワイエの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

アニメ版マチカネフクキタルについて

アニメ版メイショウドトウについて

アニメ版ビワハヤヒデについて

アニメ版ナリタタイシンについて

アニメ版ウイニングチケットについて

アニメ版ナリタブライアンについて

アニメ版エイシンフラッシュについて

アニメ版スマートファルコンについて

アニメ版マンハッタンカフェについて

アニメ版サクラバクシンオーについて

アニメ版ハルウララについて

アニメ版マヤノトップガンについて

アニメ版キングヘイローについて

アニメ版ユキノビジンについて

アニメ版ヒシアマゾンについて

アニメ版フジキセキについて

アニメ版エアグルーヴについて

 


 

今回は外国馬ということで、史実の名前とは違う名前でしたが、史実のエピソードが細かく反映されているキャラクターでした。

 

史実を知ってからブロワイエをみると、元ネタがよくわかりますね。

 

このようにウマ娘は本当に細かい設定がされているため、まだ知らない人は史実を調べてみることをお勧めします。

 

これを機にアニメを見たり、見返してみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ