ウマ娘のアニメ「アグネスタキオン」について!元ネタやキャラについてご紹介

ウマ娘のアニメ「アグネスタキオン」について!元ネタやキャラについてご紹介

 

ウマ娘とは史実で人々の心に残る競走馬が少女となり誰よりも早く走り、勝利を目指し走り続ける物語です。

 

2018年と2021年にアニメが放送、2020年には単行本が発売、2021年にはアプリゲームの配信がスタートされており、その人気は衰えることはありません。

 

また、2021年のネット流行語100では「ウマ娘 プリティーダービー」が1位に選ばれています。

 

人気の理由の一つは、すべてのウマ娘に史実のモデル馬がいるため、多くの個性的なキャラクターが登場することではないでしょうか。

 

今回は特に個性的な性格の持ち主のアグネスタキオンについてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘のアニメに登場するアグネスタキオンとは?】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

【登場アニメ】
ウマ娘 プリティーダービー OVA

うまよん

【誕生日】【学年/寮】
4月13日高等部/栗東寮
【身長】【体重】
159cm計測拒否
【スリーサイズ】【声優】
B83/W55/H81上坂すみれ

 

アグネスタキオンはトレセン学園に通うウマ娘の1人です。

 

ふわっとした栗毛のショートヘアで、右耳には化学構造式がモチーフの耳飾りをつけ、ハイライトのない赤茶色の瞳が印象的なウマ娘です。

 

アニメではアニメ第1期のブルーレイBOXに収録された OVABNWの誓い」の公園でダイワスカーレットに抱きつくシーンが初登場となり、アニメ第1期とアニメ第2期の登場はなく、その他はうまよんに登場しています。

 

ここからはアニメ、アプリゲームで描かれるアグネスタキオンのキャラクターについてご紹介していきます。

 

【煙を纏うアグネスタキオン】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

アニメでのアグネスタキオンは、不思議なオーラを纏ったウマ娘です。

 

OVAでアグネスタキオンはナリタタイシンをリーダーとする駅伝出走チームNに所属しています。

 

チームメンバー紹介時には自身で「第3区、全知全能、アグネスタキオン」と言って、なびく煙を纏っており、ダイワスカーレットからは「その煙なんで出てるの!?」とツッコまれています。

 

その後も1人でポーズをとったり、隣で動くゴールドシップの動きに表情を変えることなく動きを真似するなど不思議なオーラを纏ったウマ娘です。

 

また、初登場時は公園に様子を見にきたダイワスカーレットにいきなり後ろから抱きつき「おぉ〜いい筋肉だ〜」と言っています。

 

驚くダイワスカーレットに対して「なんだか君は他人のような気がしなくてね〜」と言います。

 

ちなみに、史実ではダイワスカーレットの父馬はアグネスタキオンで親子関係に当たります。

 

【ポーズ】

アグネスタキオンは自己紹介時とその後もポーズを決めています。

 

親指、人差し指、中指を両手で立てたポーズと横を向かって立ち、前に向かって左手の人差し指を前に向けるポーズで、元ネタは「仮面ライダーW」の決めポーズです。

 

その他のチームNのメンバーもゴールドシップは「仮面ライダー1号」、エアシャカールは「仮面ライダービルド」、テイテムオペラオーは「仮面ライダー電王」、ミホノブルボンは「仮面ライダーカブト」、セイウンスカイは「仮面ライダーBLACK」の決めポーズをしています。

 

アグネスタキオンの「仮面ライダーW」のポーズはアプリゲームでも見ることができます。

 

Sponsored Link

 

【トレセン学園の異端児】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

アプリゲームのメインストーリーではアニメでは描かれなかったアグネスタキオンを見ることができます。

 

トレセン学園では多くのウマ娘が走ることに懸命な一方で、アグネスタキオンは何よりも研究や実験を優先しています。

 

そのせいで、授業や選抜戦に出ないため、学園からは退学勧告を言われてしまいます。

 

その研究はウマ娘の限界がテーマとなっており、ウマ娘がレースで勝ちたいという本能のようにアグネスタキオンも速さや身体能力の向上について研究しています。

 

アニメでは不思議なキャラクターとして描かれていますが、アプリゲームでもかなり変わったキャラクターです。

 

性格は論議的で合理的な思考をしており、無駄な事はやらない主義のため、授業や模擬戦に出ないと独自で判断しています。

 

また、研究と一環として独自に薬品や機械を作っており、周りを巻き込むためマッドサイエンティストとも呼ばれています。

 

そして、アグネスタキオンはその研究に付き合うトレーナーのことを「モルモット」と思っています。

 

ウマ娘に近い体の人間のデータもとっておりトレーニングといいつつトレーナーが走らされることもあります。

 

【うまよん】

アニメうまよんでは8話に「黒の科学者Dr.マッドタキオン」として登場しており、マンハッタンカフェを「怪ウマ娘ダークマンハッタンC」に改造しており、ウマソルジャーに立ちはだかります。

 

ちなみに史実でモデル馬同士は一度だけ同じレースに出走したことがあるため、ウマ娘ではよく一緒に登場します。

 

ウマソルジャー5にマンハッタンカフェは倒されてしまい、紅茶で巨大化を試みるものマンハッタンカフェに紅茶を拒否されてしまい、最後は断末魔と共に吹っ飛んでいきました。

 

かなりコミカルなアグネスタキオンが見られます。

 

Sponsored Link

 

【アグネスタキオンの走り】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

ここからはアグネスタキオンの走りに注目していきます。

 

アニメでは駅伝のチームメンバーとして選ばれています。

 

モデル馬が皐月賞を制したナリタタイシン率いるチームNに所属しています。

 

駅伝は第3区を担当しており、上り坂に苦戦することもなく、すぐ後ろから迫るマヤノトップガンに交わされることなく、余裕を持ってトップのまま第4区のテイエムオペラオーにタスキを繋いでいます。

 

短いシーンながらも坂道でも強く走れることがわかります。

 

アプリゲームでは、入学前から祖母はオークス、母親は桜花賞を制したウマ娘のため栄誉ある一族の「最高傑作」と期待されています。

 

一度の走りでみせた素晴らしい末脚で、多くのトレーナーを魅了していましたが、その性格ゆえ模擬レースも出ず、デビューもしていませんでした。

 

遂に退学勧告を受けた後に、シンボリルドルフとレースをしています。

 

スタート後からシンボリルドルフが先行していましたが、直線に入るとアグネスタキオンがスパートをかけ、シンボリルドルフを交わします。

 

最後のゴールシーンが描かれていませんが、シンボリルドルフが先着しています。

 

しかし、ハナ差でほぼ同着というわずかな着差でした。

 

【周りのウマ娘】

アプリゲームでアグネスタキオンは、マンハッタンカフェやエアシャカールと一緒に登場することがあります。

 

マンハッタンカフェはモデル馬が同期で、1度対戦したことがあります。

 

エアシャカールは直接的な関係はありませんが、競走馬アグネスタキオンの全兄アグネスフライトはエアシャカールの三冠を阻んだという関係性があります。

 

また、史実で親子関係のダイワスカーレットには尊敬されており、史実でアグネスタキオンの産駒を産んだニシノフラワーはアグネスタキオンタキオンの世話をするような関係性がアプリゲームで描かれています。

 

Sponsored Link

 

【実際にいた名馬「アグネスタキオン」】

 


参照元:https://twitter.com/

 

アグネスタキオンは史実で活躍した同名の競走馬アグネスタキオンがモデルとなっています。

 

出走したレースはたった4度ながら、その走りで多くの人を魅了し「幻の三冠馬」と呼ばれた競走馬です。

 

ここからは競走馬アグネスタキオンについてご紹介していきます。

 

【高速粒子を名に持つ競走馬】

 

アグネスタキオンは1998年に生まれます。

 

父馬は言わずと知れた大種牡馬のサンデーサイレンスです。

 

母馬アグネスフローラは1990年に桜花賞を制しており、その母馬アグネスレディーも1979年にオークスを制しています。

 

アグネスタキオンは全兄アグネスフライトがデビュー後に活躍していたため大きく期待されていました。

 

トレーニングセンターにはいると、冠名の「アグネス」と超高速で動く粒子「タキオン」からアグネスタキオンと名付けられます。

 

2000年、アグネスフライトが日本ダービーを制した年の12月にアグネスタキオンはデビューします。

 

しかし、調教タイムがイマイチだったため、初戦は3番人気となります。

 

スタートすると後方集団の内側を走り、向正面に入ると縦長の長い馬群となりますが、第3コーナー手前ではまとまった馬群と差が縮まります。

 

4コーナーでは先頭に並ぶ勢いでアグネスタキオンが上がり、直線に入ると先頭の馬を交わし3馬身半差でデビュー戦で初勝利を挙げます。

 

その3週間後、2戦目としてラジオたんぱ杯3歳ステークスに出走します。

 

スタートすると中団後方を走りますが、ジワジワ前へ進み、第4コーナーには大外から先頭と並んで直線に入ります。

 

そして、残り200メートルには完全に先頭となり、2着に2馬身半差で勝利します。

 

この時、アグネスタキオンが下した2着は後に日本ダービー、ジャパンカップに制するジャングルポケットで、3着は後にジャパンカップダートを制するクロフネだったのでした。

 

デビュー年は22勝と快調なスタートとなり、その走りは騎手に「次元の違う馬」と感じさせ、直線で前に伸びる魅力的な走りを見せてくれました。

 

【母仔三代クラシック競争制覇にむけて

アプリゲームでアグネスタキオンの祖母がオークスを勝利し、母が桜花賞を勝利したと話題にあがります。

 

これも史実と同様で、アグネスタキオンの母馬の母馬アグネスレディーは1979年のオークスを制し、アグネスタキオンの母馬アグネスフローラは1990年の桜花賞を制しています。

 

そのため、アグネスタキオン自身にも大きな期待がかかっていたのでした。

 

Sponsored Link

 

【早すぎる引退】

 

翌年、2001年は三冠を目指し、皐月賞の前哨戦の弥生賞を初戦とします。

 

アグネスタキオンが出走を表明すると何頭かが出走を回避してしまい、通常10頭以上のレースは8頭で行われることとなりました。

 

オッズ1.2倍の圧倒的1番人気となったアグネスタキオンは不良馬場ながらも大きくその走りに期待されます。

 

スタートし、道中は三番手を走り、第3コーナーから前に迫ります。

 

直線で先頭に立つと後続馬を離し、5馬身差で勝利します。

 

この時4着だった馬はのちに菊花賞、有馬記念、天皇賞(春)を制するマンハッタンカフェでした。

 

そして、本命クラシック一冠目を目指し、皐月賞に駒を進めます。

 

皐月賞ではスタートするとまとまった馬群の前方を走ります。

 

向正面では5番手あたりを走り第3コーナーから前に上がります。

 

いつものように第4コーナーでは先頭集団に並び直線に入ります。

 

先頭に立つと、そのまま先頭を走り続け、迫る有力馬を寄せ付けずゴール板を駆け抜けました。

 

この時アグネスタキオンが下した2着がのちに日本ダービー2着、宝塚記念を制したダンツフレーム、3着がジャングルポケットだったのでした。

 

ここまで走りで、無敗の三冠馬になりうむ可能性を感じる走りのアグネスタキオンでしたが、皐月賞の約2週間後に屈腱炎を発症し、日本ダービーを回避することとなります。

 

そして、その後回復の予知ものなく、アグネスタキオンは再びレースに出走することがなくなり、引退することが決まりました。

 

【JRAのCM】

2012年のJRAによる皐月賞のCMでアグネスタキオンが取り上げられています。

2001年、皐月賞。

その馬は、わずか四度の戦いで神話になった。

異次元から現れ、瞬く間に駆け抜けていった。

ライバル達を絶望させ、見る者の目を眩ませる、超高速の粒子

その馬の名はアグネスタキオン

アグネスタキオンが「神話」「幻の三冠馬」と呼ばれたわけのひとつは絶望させたライバルの強さでした。

 

後にGⅠを勝利したクロフネ、ダンツフレーム、ジャングルポケット、マンハッタンカフェは最強世代と呼ばれており、アグネスタキオンはどの馬にも一度も先着を許していません。

 

Sponsored Link

 

【種牡馬として】

 

引退後は種牡馬となり、多くの産駒が活躍しています。

 

GⅠを勝利した代表産駒は下記となります。

2003年産

ロジック(NHKマイルカップ)

 

2004年産

ダイワスカーレット(桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯、有馬記念)※全走2着以内

 

2005年産

ディープスカイ(NHKマイルカップ、日本ダービー)

 

2005年産

キャプテントゥーレ(皐月賞)

 

2005年産

リトルアマポーラ(エリザベス女王杯)

 

2008年産

レーヴディソール(阪神ジュベナイルフィリーズ)

 

GⅠのみの表記ですが、GⅡGⅢでも産駒は活躍しており、グレート制重賞優勝馬と地方重賞優勝馬は毎年のように輩出されています。

 

ウマ娘としては親子関係も元ネタとされているダイワスカーレットが印象的ですが、アグネスタキオンと同じく皐月賞を制したキャプテントゥーレやアグネスタキオンが走れなかった日本ダービーを制したディープスカイなどもいます。

 

その後、国内産種牡馬としては51年ぶりとなるリーディングサイアーを獲得しますが、2009年に急性心不全のため11年のあまりにも早く、短い生涯に幕を下ろしました。

 

競走馬として、種牡馬としてもアグネスタキオン真の実力を見ることはできないものとなってしまいましたが、まさに夢を見せてくれる競走馬でした。

 

【アグネスタキオンの血統】

アグネスタキオンは期待のかかっていた母仔馬3代クラシック制覇を成し遂げ、種牡馬となってからはダイワスカーレット、キャプテントゥーレ、ディープスカイの活躍で、現在は親子4代クラシック制覇を成し遂げています。

 

ディープスカイからダートでG1馬が輩出されたものの2頭とも種牡馬生活を終えているため、これからデビューのダイワスカーレットの子供達に期待がかかりますね。

 

また、2020年には京都記念、弥生賞、シンザン記念に勝利したアドマイヤオーラの産駒アルクトスが盛岡競馬場でのダート マイルチャンピョンシップ南部杯で当時のクロフネのレコードを0.6秒更新する走りを見せています。

 

【ウマ娘シリーズ 無料視聴方法】

 

「ウマ娘」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」です!

 

なぜ、「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
上記配信サービスでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「ウマ娘」が約1カ月間無料視聴することができる。
上記配信サービスの「お試しキャンペーン」を交互に利用すると、約3カ月半「ウマ娘」の視聴が堪能できる! ※(例)U-NEXTお試し期間31日終了後⇒Amazonプライムビデオお試し期間30日終了後⇒dアニメお試し期間31日終了後⇒FODお試し期間2週間
「お試し期間中」なら「ウマ娘」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった「アニメ・洋画・邦画・声優番組など(※対象作品のみ)」もついでに視聴可能!
 

以上が、上記配信サービスで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「31日間無料トライアル」に登録してから31日間
(初回登録の方のみ)
2189円(税込)
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。
   
 
【Amazonプライムビデオ】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の利用料金】
「30日間無料トライアル」に登録してから30日間
(初回登録の方のみ)
月額プラン:月500円(税込)

年会費プラン:年4900円(税込)

※月額で払うか年で払うかのどちらかを選べます。
【配信ジャンル】
洋画/邦画/国内ドラマ/海外ドラマ/アニメ/音楽/お笑い/バラエティ etc...
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー(レンタル)

ウマ娘 プリティーダービーSeason2(レンタル)
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「30日間無料トライアル」は、登録から30日間無料で利用できるサービスです。30日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「30日間無料トライアル」に登録後、30日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「30日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は30日以内の解約をお忘れなく。

「30日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。Amazonプライムビデオで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

 
 
 
【dアニメストア】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「今すぐ無料おためし」に登録してから31日間
(初回登録の方のみ)
440円(税込)
【配信ジャンル】
アニメ/声優/アニメ系ミュージカル
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

登録から31日間無料で利用できますが、31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「31日間お試し」で見れる作品は対象作品のみです。dアニメストアで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

   
 
【FOD】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「無料トライアル」に登録してから2週間
(初回登録の方のみ)
976円(税込)
【配信ジャンル】
国内ドラマ/海外ドラマ/アジアドラマ/邦画/洋画/アニメ/スポーツ/エンタメ/FODオリジナル番組/漫画/雑誌
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「無料トライアル」は、登録から2週間無料で利用できるサービスです。2週間を過ぎると月額料金は自動的に発生してしまいます。

「無料トライアル」に登録後、2週間以内の解約なら月額料金はかかりません。「無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は2週間以内の解約をお忘れなく。

「無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。FODで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。    

       

ウマ娘シンデレラグレイにオペラオーが出た理由

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘OVAのあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイ版ゴールドシチーについて

シンデレラグレイ版メジロアルダンについて

シンデレラグレイ版シリウスシンボリについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

シンデレラグレイのオベイユアマスターの元ネタ

オベイユアマスターの過去

シンデレラグレイのトニビアンカの元ネタ

シンデレラグレイのムーンライトルナシーの元ネタ

シンデレラグレイのミシェルマイベイビーの元ネタ

シンデレラグレイのエラズリープライドの元ネタ

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

シンデレラグレイのディクタストライカの元ネタ

シンデレラグレイのブラッキーエールの元ネタ

シンデレラグレイのダイナムヒロインの元ネタ

ブロワイエの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

アニメ版マチカネフクキタルについて

アニメ版メイショウドトウについて

アニメ版ビワハヤヒデについて

アニメ版ナリタタイシンについて

アニメ版ウイニングチケットについて

アニメ版ナリタブライアンについて

アニメ版エイシンフラッシュについて

アニメ版スマートファルコンについて

アニメ版マンハッタンカフェについて

アニメ版サクラバクシンオーについて

アニメ版ハルウララについて

アニメ版マヤノトップガンについて

アニメ版キングヘイローについて

アニメ版ユキノビジンについて

アニメ版ヒシアマゾンについて

アニメ版フジキセキについて

アニメ版エアグルーヴについて

アニメ版タイキシャトルについて

アニメ版アグネスタキオンについて

アニメ版エアシャカールについて

 

 


 

アニメ、アプリゲームでは異端児のような周りから理解されづらいキャラクターとして描かれていましたが、史実の早すぎる競争人生、早すぎる種牡馬人生だったため本当の性格を掴めなかったためこのように描かれていたのでしょうか。

 

または、史実でたった4度のレースで誰よりも早く駆け抜け、怪我で走り続けることができなかったため、ウマ娘の限界や早さを追い求めるように描かれていたのでしょうか。

 

事実を知ると深みを持てるキャラクターでした。

 

このようにウマ娘は史実を知るとストーリー、キャラクター、小ネタを楽しむことができます。

 

これを機にアニメを見たり、見返してみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ