シンデレラグレイに登場するノルンエースについて!どんなキャラなのか詳しくご紹介

シンデレラグレイに登場するノルンエースについて!どんなキャラなのか詳しくご紹介

 

アプリゲーム、アニメ、漫画と多方面から人気を集めるメディアミックス作品「ウマ娘」。

 

アプリゲームが主体となっていますが、アプリリリースより先にアニメの放送や漫画の単行本が決まるという順番が話題となりました。

 

漫画作品は単行本化されていないものも含め4作品あり、その中の「ウマ娘 シンデレラグレイ」はウマ娘のキャラクターである、オグリキャップをモデルとしたストーリーとなっています。

 

本日は「ウマ娘 シンデレラグレイ」に登場し、オグリキャップのカサマツ時代に登場するノルンエースについてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘シンデレラグレイに登場するノルンエースとは?】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 1巻より引用

 

【初登場】【所属】
1巻1話日本ウマ娘カサマツトレーニングセンター学園
【誕生日】【身長】
5月10日167cm
【毛色】【性格・特徴等】
鹿毛世話焼き/読書モデルやっていそう/親がダンス教室やってる
【元ネタになった競走馬】
モデルなし

 

ノルンエースはカサマツトレセン学園に通うウマ娘です。

 

ゆるふわ髪を左側でサイドポニーにしており、右耳にリボンをつけ、作者曰く読者モデルをやっていそうな外見です。

 

入学初日にベルノライトがクラスを見渡す際に、スマホをいじっているところが初登場となります。

 

ベルノライトからは「わっ!地元で有名なノルンエースさんだ!」と言われています。

 

ここからはノルンエースのキャラクターについてご紹介していきます。

 

【いじめのリーダー格なウマ娘】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 1巻より引用

 

ノルンエースはギャルのようなウマ娘で、アニメに登場していた陽気なギャルであるダイタクヘリオスとは真逆で、意地悪で陰湿な性格をしています。

 

普段からルディレモーノ、ミニーザレディとつるんでおり、何かしら悪さをしているようです。

 

最初はオグリキャップを、ダサいくせにごはんを大盛で食べ、さらにはおかわりを求めて意地汚いと思っていたり、デビュー戦でフジマサマーチと競り合った姿を見て悪目立ちする子と印象付けたりと、オグリキャップの事をよく思っていませんでした。

 

さらにはオグリキャップの事を「泥ウサギ」と呼び、何かにつけていじめようと企みます。

 

寮の相部屋がオグリキャップということもあり、初日は自分の荷物が片付いていないことを理由に部屋割りのオグリキャップの名前を消して、物置部屋で寝るように言い、オグリキャップを部屋から追い出そうとします。

 

それに怒りを感じたベルノライトが「いいかげんに…」と言いかけるのですが、オグリキャップが自分のことでケンカしているとは知らず止めに入ることでその場は収まります。

 

この件で、オグリキャップは物置部屋で寝泊まりするようになりますが、当の本人はなんとも思っておらず、ノルンエースの思惑は見事に外れてしまいます。

 

そして、ここからまたオグリキャップをいじめようと企みます。

 

【フジマサマーチのファン】

ノルンエースはデビュー戦のパドックに立つフジマサマーチをかっこいいと思っており、フジマサマーチの大ファンのようです。

 

そのすぐ後に登場するオグリキャップにはスマホをみており、見向きもしません。

 

レース中もフジマサマーチを応援しており、スパートをかけるフジマサマーチの写真をスマホで撮影しています。

 

Sponsored Link

 

【オグリキャップに圧倒される】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 1巻より引用

 

ノルンエースはオグリキャップをいじめるルディレモーノ、ミニーレディと同く川村トレーナーのチームに所属しています。

 

初のレースシーンはオグリキャップと共に走ります。

 

レース前にルディレモーノに負けるわけないじゃんと言っているところに、ミニーザレディ―がやってきてオグリキャップの新調した靴のかかとを踏み、わざと脱がすように走る嫌がらせを提案し、「いいね それ♡」と提案にのります。

 

スタート後はオグリキャップの後ろに付き、スパートをかけるタイミングで踵につま先を添えるため、オグリキャップの後ろにつこうとします。

 

しかし、闘志に燃えるオグリキャップの殺気に恐れを感じたノルンエースは焦りを感じます。

 

そして、最後の直線に入り踵につま先を添えようとするもオグリキャップの大き過ぎる踏み込みに、ダートが勢いよく舞い上がり、一瞬視界を奪われます。

 

その後、視界が開けるとオグリキャップは、遥か先を走っており、次元の違いを感じ、オグリキャップを認めざるを得ない状況に陥ります。

 

レース後、オグリキャップはノルンエースに砂をかけてしまったことを謝ります。

 

レースに勝利したオグリキャップは、その後ウイニングライブをすることになるのですが、北原トレーナーからライブの練習を教わっておらず、ダンスの代わりに笠松音頭の盆踊りをステージで披露し、観客全員を凍り付かせます。

 

そんな素直なオグリキャップをみたノルンエースはオグリキャップに対する目を変え「ダンス教えてやるか」と言うのでした。

 

レースの結果とノルンエースの走りの実力はわかりませんでしたが、8枠の位置から1枠のオグリキャップに近づき後ろについて、それほど苦戦せず走ることができていたので、実力が全くないわけではなさそうです。

 

【3バカ】

同じチームのノルンエース、ルディレモーノ、ミニーレディは3バカと呼ばれています。

 

フジマサマーチの子供のころのトレーニング中に子供の3人が講演でゲームをしているシーンがあるため幼馴染のようです。

 

また、現在は3人そろって練習をさぼるため、川村トレーナーからは散々練習やりなさいと追いかけられています。

 

Sponsored Link

 

【オグリキャップのファンに】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 2巻より引用

 

オグリキャップに圧倒的な実力を見せつけれらたノルンエースは、レース後、食事中のオグリキャップに部屋が片付いたことを報告します。

 

「…?お疲れ様?」と察しの悪いオグリキャップに「部屋戻って来て良いつってんの!」と怒り、加えてダンス教室の回数券を渡します。

 

ノルンエースの親はダンス教室をやっているため、練習に来るように誘います。

 

そして、顔を赤くしながらいじめていたことを謝ります。

 

その後はレース後にノルンエースがステージ横で一緒に踊ったりと、オグリキャップの友人となります。

 

また、相部屋ということもあって寝起きで寝ぐせだらけのオグリキャップの髪を直してあげたり、さらには自分と同じ髪型にしている様子も描かれています。

 

ゴールドジュニアのレース前には、オグリキャップのぬいぐるみを買う様子も描かれており、どうやらオグリキャップの大ファンになったようです。

 

こうして、オグリキャップと仲良くなったノルンエースでしたが、オグリキャップは中央への移籍を決意し、それを聞いたノルンエースは顔を真っ白にして声も上げずに号泣していました。

 

最後に写真をとり、中央にオグリキャップを送り出した後はカサマツからオグリを応援します。

 

オグリキャップに原宿に行くことをおすすめしたり、オグリキャップに差し入れする際は自分がパッケージデザインのダンストレーニングDVDを送ったりと、ベルノライトとは別分野でオグリキャップサポートしています。

 

また、天皇賞(秋)の実況で、オグリキャップの連勝をカサマツ時代をぬいた6連勝という説明を、テレビで聞いたノルンエースは「14連勝だが!?ニワカかこの実況!!」と恐ろしい形相でキレており、ミニーザレディも厄介な古株なファンと称しています。

 

天皇賞(秋)では、オグリキャップとタマモクロスが大接戦の上、タマモクロスが勝利し、オグリキャップが2着という結果になりました。

 

このレースをカサマツで見ていたノルンエース達は、驚きを隠せませんでしたが、ノルンエースは泣きながらも、「中央に行ってたった数カ月でGⅠ2着はすごい」とオグリキャップを褒めたたえていました。

 

【モデルなし】

多くのウマ娘にモデルがいる中、ノルンエース、ルディレモーノ、ミニーレディには元となった競走馬はいないそうです。

 

作者曰く「いじめっ子キャラ的なポジションだったのでモデルの競走馬はいません」とのことです。

 

Sponsored Link

 

【「ウマ娘」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「ウマ娘」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ウマ娘シンデレラグレイ(1~最新巻まで)」のいずれかをポイント分無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、ウマ娘以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、ウマ娘のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「チェンソーマン」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

     

ウマ娘シンデレラグレイにオペラオーが出た理由

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘OVAのあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイ版ゴールドシチーについて

シンデレラグレイ版メジロアルダンについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

シンデレラグレイのオベイユアマスターの元ネタ

オベイユアマスターの過去

シンデレラグレイのトニビアンカの元ネタ

シンデレラグレイのムーンライトルナシーの元ネタ

シンデレラグレイのミシェルマイベイビーの元ネタ

シンデレラグレイのエラズリープライドの元ネタ

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

アニメ版マチカネフクキタルについて

アニメ版メイショウドトウについて

アニメ版ビワハヤヒデについて

アニメ版ナリタタイシンについて

アニメ版ウイニングチケットについて

アニメ版ナリタブライアンについて

アニメ版エイシンフラッシュについて

アニメ版スマートファルコンについて

アニメ版サクラバクシンオーについて

アニメ版ハルウララについて

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

 


 

初めはオグリキャップの事をよく思っておらず、いじめようとしていたノルンエースでしたが、最終的にオグリキャップにぞっこんになるのが何とも言えない魅力を感じます。

 

また、史実に上手いこと関わってきた愛着のもてるキャラクターです。

 

これを機に漫画を読んでみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ