シンデレラグレイのシリウスシンボリについて!元ネタやキャラについてご紹介

シンデレラグレイのシリウスシンボリについて!元ネタやキャラについてご紹介

 

ウマ娘とは史実で走った競走馬が少女へと姿を変え、勝利を目指しライバル達とともに走り続ける物語です。

 

現在70頭以上の競走馬がモデルとなり、多くの個性的なキャラクターが登場しています。

 

そんなウマ娘の1人であるオグリキャップを主人公とした物語が漫画「ウマ娘 シンデレラグレイ」です。

 

今回は漫画に登場するシリウスシンボリについてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘シンデレラグレイに登場するシリウスシンボリとは?】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 4巻より引用

 

【初登場】【所属】
31話日本ウマ娘トレーニングセンター学園
【誕生日】【身長】
3月26日167cm
【毛色】【性格・特徴等】
鹿毛強気で自信家/粗野で口が悪い/カリスマ性がある
【元ネタになった競走馬】
シリウスシンボリ

 

シリウスシンボリはヨーロッパ帰りのトレセン学園に通うウマ娘の1人です。

 

暗い茶髪で顔まわりのみショートにカットしたロングヘアと前髪の白色のメッシュが特徴的なウマ娘です。

 

31話にて藤井記者が毎日王冠に出走するウマ娘として紹介するシーンが初登場となります。

 

ここからはシリウスシンボリのキャラクターについてご紹介していきます。

 

【テンションが高く、自己中心的で自信家なウマ娘】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 4巻より引用

 

シリウスシンボリはパドックで踊り出すようなテンションの高いウマ娘です。

 

以前にヨーロッパに遠征に行っていたためヨーロッパ仕込みのダンスを披露しますが、勢い余ってダイナムヒロインとロードロイヤルに手や足をぶつけてします。

 

結果、ロードロイヤルは鼻血を出してしまいますが、シリウスシンボリ自身はダンスに集中しすぎていたせいでなのか、自分が2人にぶつかったことに全く気づいていません。

 

一方レースでは粗暴な一面もあり、前のウマ娘が邪魔で交わせない時はイライラしたり「クソが!!邪魔だぞお前ら!!」と言う気が短い一面もあります。

 

感情が激しいウマ娘のようです。

 

【ダンスの元ネタ】

このレースのモデルは1988年の毎日王冠でシリウスシンボリは出走前に他の2頭の馬を蹴ってしまいます。

 

その2頭がダイナムヒロインのモデルと思われるダイナアクトレスとロードロイヤルのモデルと思われるレジェンドティオーです。

 

実際にレジェンドテイオーは発走除外となっています。

 

Sponsored Link

 

【シリウスシンボリの走り】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 4巻より引用

 

シリウスシンボリは「ヨーロッパ帰りのダービーウマ娘 唯我独尊の開拓者」と紹介されていおり、ヨーロッパの強豪と渡り合ったウマ娘としてオグリキャップの強敵と登場します。

 

毎日王冠では、オグリキャップがここまで重賞5連勝中のため、多くのウマ娘がオグリキャップをマークします。

 

レース中もオグリキャップが交わせないよう、どのウマ娘も壁になるような走りを見せます。

 

そんなオグリキャップの横を走っていたシリウスシンボリも、同じく前へいけずにイライラしていました。

 

シリウスシンボリは他のウマ娘がなんでこんな走り方をしているんだと疑問に思っているため、相手を徹底的にマークするような走りは考えもしないようですね。

 

終盤オグリキャップは更に大外をに出てスパートをかけ、シリウスシンボリもそれに興奮しながらついていきます。

 

オグリキャップがマークされ続けていた為、既に体力は残っていないと予想するも、加速するオグリキャップにはついていけずシリウスシンボリは敗れます。

 

その後の函館記念はレースシーンはほぼ描かれておらず、領域(ゾーン)に覚醒したディクタストライカに並ぶ間もなく交わされて敗れています。

 

天皇賞(秋)でも外から前のウマ娘を交わそうとしますが、さらに大外を走るオグリキャップにあっさり交わされています。

 

オグリキャップのように最大外に回って前のウマ娘を交わす力はあるもののオグリキャップの末脚には敵わないようですね。

 

【勝負服】

シリウスシンボリの勝負服はジャケットにパンツスタイルでチョーカーが特徴的です。

 

Sponsored Link

 

【アプリゲームのシリウスシンボリ】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

シリウスシンボリはアプリゲームでも現在はサポートカードのキャラクターとして登場します。

 

育成可能キャラクターとしては未実装で登場シーンは少ないため他のウマ娘の育成シナリオで少し登場しています。

 

アプリゲームに登場するシリウスシンボリは、漫画に比べるとかなり落ち着いた雰囲気をもっており、トレーナーを弄ぶそうな発言や素振りを見せたりします。

 

いつも自信満々のため、紹介文にあるようなカリスマ性が感じられます。

 

また、サポートカードではモブウマ娘に囲まれているシーンが描かれており、ほかのウマ娘全員の目がハートになっているため同性からモテるようです。

 

【関係のあるウマ娘】

シリウスシンボリのルームメイトはナカヤマフェスタのようです。

 

モデル馬はどちらも凱旋門賞に挑戦した競走馬同士です。

 

また、シルボリルドルフとは幼馴染という設定です。

 

漫画では会話するシーンはありませんが、アプリゲームでは会話している様子を見ることができます。

 

モデル馬同士は同じ牧場出身で、シンボリルドルフの父馬とシリウスシンボリの母父が同じ競走馬です。

 

Sponsored Link

 

【実際にいた名馬「シリウスシンボリ」】

 

シリウスシンボリは史実のシリウスシンボリという競走馬がモデルです。

 

漫画でヨーロッパ帰りと言われていたように実際も2年ほどヨーロッパで走った競走馬です。

 

ここからは競走馬シリウスシンボリについてご紹介していきます。

 

【日本ダービー勝利へ】

 

シリウスシンボリは1982年に生まれます。

 

父馬モガミは、フランスの競走馬で種牡馬として日本にやってきます。

 

競走馬としては20戦3勝とイマイチな成績でしたが、種牡馬としては初年度産駒からダービー馬を輩出し、史上初の牝馬三冠を達したメジロラモーヌや障害競走に強い競走馬を多く輩出しています。

 

母馬スイートエプソムは、父馬にシンボリルドルフを産駒にもつパーソロンの血統をひいていました。

 

シリウスシンボリは父馬のように気性は荒かったものの期待馬として育てられます。

 

1984年に新馬戦でデビューし、出遅れるも1着となり、次走の芙蓉特別も1着となります。

 

しかし、斜行により失格となり、結果は10着に降着します。

 

その後のいちょう特別では2着、府中3歳ステークスでは1着となります。

 

翌年1985年はオーナーと調教師の間で揉め事があったり、脚部不安でレースを回避したこともあり、3月の若葉賞を勝利してからそのまま日本ダービーに挑戦することとなります。

 

レースには皐月賞馬のミホシンザンが骨折で回避していたため、シリウスシンボリが1番人気となります。

 

26頭がスタートするとシリウスシンボリは前7,8番手あたりを走ります。

 

第3コーナーからするする前へ上がり、第4コーナーでは先頭に並びほぼ全馬が大きく回って直線にはいります。

 

そして、先頭に立つと他馬を寄せ付けず3馬身差で初重賞勝利が日本ダービーと大きな勝利を挙げました。

 

【ミホシンザン】

シリウスシンボリが出走できなかった皐月賞を無敗で制したのは、日本競馬史上初五冠馬となったシンザンを父馬にもつミホシンザンでした。

 

日本ダービーは骨折のため回避するも復帰後は菊花賞にも勝利しており二冠馬となり、ラストランの天皇賞(春)も勝利しています。

 

残念ながらシリウスシンボリはこの後海外の道に進むため、同期2頭は一度も対戦することはありませんでした。

 

Sponsored Link

 

【長い海外遠征】

 

シリウスシンボリは海外へ遠征することが決まります。

 

当初は一年上のシンボリルドルフとともに凱旋門賞を目指す予定でしたが、シンボリルドルフは脚部不安のため遠征を取りやめとし、シリウスシンボリのみが海外遠征することとなります。

 

この遠征にはシリウスシンボリが所属する厩舎のスタッフは同行しておらず、1985年の夏から1987年の初夏まで約2年はヨーロッパの競走馬とともに走りました。

 

初戦はいきなりGⅠのキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスで8着の大敗となるものの、同年のGⅠロイヤルオーク賞は3着までのぼりつめています。

 

翌年1986年は凱旋門賞の前哨戦となるフォワ賞に出走し2着につけるも、本番の凱旋門賞はビリから2番目の14着と大敗しています。

 

海外で走ったレースは14戦で1勝も挙げることはできませんでしたが、全レースを5着前後と好走しています。

 

【凱旋門賞】

1986年の凱旋門賞でシリウスシンボリは大敗しますが、この時出走していた競走馬は15頭中11頭がGⅠ馬という強者揃いのレースでした。

 

1着となったダンシングブレーヴはここまで8戦7勝2着1回でそのうち3度GⅠに勝利しています。

 

産駒にはウマ娘にもなっているキングヘイローがいます。

 

2着のベーリングもここまで6戦5勝3着1回でGⅠフランスダービーに勝利しています。

 

Sponsored Link

 

【オグリキャップとのレース】

 

1987年の夏頃にシリウスシンボリは日本に戻ります。

 

初戦の毎日王冠を8着、天皇賞(秋)は9着と、シリウスシンボリ自身も全盛期の走りにはほど遠いものでした。

 

翌年1988年は夏から始動し始め、青函トンネル開通記念で2着の好走を見せるも、次走の函館記念はサッカーボーイの走りに届かず4着に敗れます。

 

そして毎日王冠には地方競馬成績も合わせるとここまで14連勝中のオグリキャップが出走していました。

 

スタートするとオグリキャップの内、後方を走ります。

 

直線では大外から横並びの前馬を交わすオグリキャップにシリウスシンボリも続き前へ上がります。

 

しかし、直線でオグリキャップに届かず2着に敗れます。

 

天皇賞(秋)では芦毛の2頭の頂上決戦が白熱する中7着に終わり、レース後に骨折が判明したためこのレースをもってシリウスシンボリは競走馬生活を終えています。

 

引退後は種牡馬となるも、優秀な産駒は残せず1996年に種牡馬生活を引退します。

 

その後は牧場で余生を過ごし、2012年に老衰のため30年の生涯に幕をおろしました。

 

【シリウスシンボリ】

シリウスシンボリは死去した後、遺体はシンボリ牧場に引き取られ、シンボリ牧場の名馬とともに葬られています。

 

墓石にはシリウスシンボリの他に顕彰馬のスピードシンボリ、父馬のパーソロン、シンボリルドルフ、NHKマイルカップなどに勝利したシンボリインディの名前が記されています。

 

【「ウマ娘」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり

 

「ウマ娘」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
①U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ウマ娘シンデレラグレイ(1~最新巻まで)」のいずれかをポイント分無料購読できる。
②加入特典としてプレゼントされる600Pは、ウマ娘以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
③「31日間無料トライアル期間中」なら、ウマ娘のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
U-NEXT<ユーネクスト>(電子書籍LP)※商品リンクあり
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
※「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

※「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

※「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

※「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

※「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「チェンソーマン」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「天気の子」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

     

ウマ娘シンデレラグレイにオペラオーが出た理由

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘OVAのあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイ版ゴールドシチーについて

シンデレラグレイ版メジロアルダンについて

シンデレラグレイ版シリウスシンボリについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

シンデレラグレイのオベイユアマスターの元ネタ

オベイユアマスターの過去

シンデレラグレイのトニビアンカの元ネタ

シンデレラグレイのムーンライトルナシーの元ネタ

シンデレラグレイのミシェルマイベイビーの元ネタ

シンデレラグレイのエラズリープライドの元ネタ

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

シンデレラグレイのディクタストライカの元ネタ

シンデレラグレイのブラッキーエールの元ネタ

シンデレラグレイのダイナムヒロインの元ネタ

ブロワイエの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

アニメ版マチカネフクキタルについて

アニメ版メイショウドトウについて

アニメ版ビワハヤヒデについて

アニメ版ナリタタイシンについて

アニメ版ウイニングチケットについて

アニメ版ナリタブライアンについて

アニメ版エイシンフラッシュについて

アニメ版スマートファルコンについて

アニメ版マンハッタンカフェについて

アニメ版サクラバクシンオーについて

アニメ版ハルウララについて

アニメ版マヤノトップガンについて

アニメ版キングヘイローについて

アニメ版ユキノビジンについて

アニメ版ヒシアマゾンについて

アニメ版フジキセキについて

アニメ版エアグルーヴについて

アニメ版タイキシャトルについて

アニメ版アグネスタキオンについて

アニメ版エアシャカールについて

 

 


 

漫画ではわずかな登場だったシンボリルドルフは、かなり長期で海外遠征に行っていたのですね。

 

また、毎日王冠のダンスシーンに元ネタがあり、実際にシリウスシンボリが他の馬を蹴って出走除外に追い込んだとはびっくりですね。

 

ウマ娘はこのように事実を知るとストーリーに、キャラクターに深みを持って楽しむることが出ます。

 

これを機に漫画を読んでみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ