アニメのマヤノトップガン!【ウマ娘】元ネタやキャラについてご紹介

アニメのマヤノトップガン!【ウマ娘】元ネタやキャラについてご紹介

 

ウマ娘は史実で活躍した競走馬が少女となり、史実と同じレースを勝利を目指して走り続ける物語です。

 

現在70人以上のウマ娘が登場しており、すべてのウマ娘にモデル馬がいます。

 

圧倒的な走りを見せる競走馬、健気に走り続ける競走馬など競走馬の性格や特徴をはじめ、騎手や馬主などの思いがすべてウマ娘に込められています。

 

今回はウマ娘の一人、マヤノトップガンについてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘のアニメに登場するマヤノトップガンとは?】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

【登場アニメ】
ウマ娘 プリティーダービー OVA

うまよん

ウマ娘 プリティーダービー Season 2

【誕生日】【学年/寮】
3月24日中等部/栗東寮
【身長】【体重】
143cm増減なし
【スリーサイズ】【声優】
B75/W51/H73今村彩夏→星谷美緒

 

マヤノトップガンはトレセン学園に通うウマ娘の一人です。

 

オレンジ色のような明るい茶髪のロングヘアに、サイドを一部アップしており、黒色のリボンを右耳に付けています。

 

メディアとしての初登場はOVA「BNWの誓い」でチームB(ビワハヤヒデ)のメンバーとして登場します。

 

ここからはマヤノトップガンのキャラクターについてご紹介していきます。

 

【天真爛漫なウマ娘】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

マヤノトップガンは天真爛漫で明るく、大人の女の人に憧れる無邪気なウマ娘です。

 

OVAで登場するマヤノトップガンは駅伝のメンバーとしてビワハヤヒデのチームに所属します。

 

ビワハヤヒデのチームにはモデル馬が史実で菊花賞を勝利した競走馬が集められています。

 

作戦会議ではビワハヤヒデが各区の特徴を説明していると、マヤノトップガンは「ねぇ!マヤはどこでも大丈夫だよ!」と元気に声を上げ、やる気満々な一面を見ることができます。

 

また、アニメ第2期はトウカイテイオーのルームメイトとして登場します。

 

1話では登校するトウカイテイオーをベッドから「うぅーん」と寝ながら耳を振り見送っています。

 

また、日本ダービー前にトウカイテイオーが部屋で蹄鉄の調整する様子をマヤノトップガンが写真を撮って「ほお~、ウマスタにあげちゃお~」とスマートフォンを操作しています。

 

それ以降も登場するのですが、部屋が明るくトウカイテイオー以外のウマ娘がいてもぐっすり寝ており、寝相はかなり豪快で布団をかぶっていない様子も見られます。

 

また、寝言では「もう食べられないよぉ」と言っているシーンもあります。

 

そして「うまよん」では4話「憧れの世界はホラここに」に、マヤノトップガンが登場しています。

 

ここでは、マヤノトップガンとユキノビジンはゴールドシチーが載っている雑誌を眺めています。

 

ゴールドシチーとは住んでる世界が違って、憧れるよねと言い合っているところに、ゴールドシチーがやってきて、ひょんなことからマヤノトップガン達は雑誌の撮影現場に行くことになります。

 

マヤノトップガンは興奮した様子で撮影の様子を見学します。

 

撮影が終わると雑誌を見ている時は、住む世界が違うと感じていたマヤノトップガンですが、実際に撮影現場に自分もいることで憧れの世界が近くなったと感じたようです。

 

素直なマヤノトップガンにゴールドシチーも「マヤノは賢いね」といって頭をなでています。

 

登場はどれも短く、2期では寝ているシーンが多いため、アニメではよく寝る子というイメージが大きいですが、マヤノトップガンが元気で天真爛漫なウマ娘ということがわかりますね。

 

【名前】

アニメで描かれていたマヤノトップガンの部屋にはF14 TOP GUNと書かれた戦闘機のポスターが飾ってあります。

 

元ネタは映画「トップガン」に登場するF-14「トムキャット」のようです。

 

また、その横にはモデル馬の冠名のモチーフとなった「摩耶山」の写真も飾られています。

 

小ネタが細かいですね。

 

Sponsored Link

 

【マヤノトップガンの走り】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

OVAではマヤノトップガンが走る様子が描かれています。

 

レースではありませんが、駅伝のメンバーの1人です。

 

ビワハヤヒデがリーダーのチームBに所属しており、作戦会議ではどこでも走れると言ってやる気満々です。

 

第3区を担当しており、駅伝ではチームNのアグネスタキオンが先頭で走り、その後ろをマヤノトップガンが走ります。

 

中継をみる東条トレーナー(チーム「リギル」のトレーナー)からは「マヤノトップガンは気分次第ね」と評価されています。

 

第3区の最後の山登りを余裕で登るアグネスタキオンに迫るマヤノトップガンですが、激走し、追いつこうとするウオッカに驚いています。

 

先頭から差をつめて2番手でタスキを次走のマンハッタンカフェに渡します。

 

また、ナリタブライアンの回想シーンでもマヤノトップガンが登場しています。

 

阪神大賞典、最後の直線でナリタブライアンと競り合います。

 

マヤノトップガンは快調な走りで瞳からは火花が流れます。

 

あと50、あと30で伸びるマヤノトップガンは勝利を確信しますが、チームメイトの応援に勇気づけられたナリタブライアンの差しでマヤノトップガンは惜しくも2着となります。

 

【投げキッス】

駅伝でバトンをマンハッタンカフェに渡した後にマヤノトップガンが投げキッスをするシーンがあります。

 

この投げキッスは史実ではマヤノトップガンの主戦騎手であった田原騎手がマヤノトップガンで勝利した菊花賞と有馬記念の際にカメラに向かって投げキッスしたことが元ネタとなっています。

 

Sponsored Link

 

【アプリゲームのマヤノトップガン】

 

© Cygames, Inc.
参照元:https://twitter.com/

 

ここからはアプリゲームのマヤノトップガンについてご紹介していきます。

 

アニメで天真爛漫だったように、アプリゲームでも元気で活発的で天才少女のマヤノトップガンを見ることができます。

 

勉強面においては教科書をみれば内容がわかるため、授業の意味を見出せず授業中は居眠りをしていたりしました。

 

天才ゆえにつまらなさそうなトレーニングや授業はさぼってしまい、楽しそうなことには全力なウマ娘といった性格で、なかなか周りとなじめない一面がありました。

 

父親がパイロットで、飛行機が好きなようで、「アイ・コピー」(了解)や「ユー・コピー?」(わかった?)というパイロットの用語を使うことがあります。

 

また、マヤノトップガンの元ネタはトムクルーズ主演の戦闘機のパイロットを描いた映画「トップガン」からきているようです。

 

勝負服も戦闘機のパイロットをイメージしたデザインとなっており、原案のジャケットは映画の主人公が着ているジャケットにそっくりでした。

 

また、走りに関してもモデル馬が異なる脚質でGIを勝利したため距離に関係なく「逃げ」「先行」「差し」「追込」で勝利することが目標となっています。

 

【映画の宣伝パイロットに就任】

元ネタとなった映画「トップガン」からは公式ツイッターでマヤノトップガンの誕生日がお祝いされています。

 

また、新作映画「トップガン マーヴェリック」の宣伝パイロットにマヤノトップガンが就任しています。

 

今後どのようにマヤノトップガンが宣伝するのか楽しみですね。

 

Sponsored Link

 

【実際にいた名馬「マヤノトップガン」】

 


参照元:https://twitter.com/

 

マヤノトップガンは、史実では活躍したマヤノトップガンという栗毛の牡馬がモデルとなっています。

 

アプリゲームでは距離、脚質で幅広いレースに適正があり、天才少女として描かれていたように、史実では毎度異なる戦法でGⅠを勝利しています。

 

ここからは競走馬マヤノトップガンについてご紹介していきます。

 

【遅咲きの競走馬マヤノトップガン】

 

マヤノトップガンは1992年に生まれます。

 

父馬ブライアンタイムズはアメリカのG1馬で引退後は日本で種牡馬となります。

 

産駒はマヤノトップガン以外に、三冠馬ナリタブライアンやウオッカの父馬タニノギムレット、他にもダービー馬やオークス馬などを輩出しています。

 

母馬アルプミープリーズはG1を5勝したフランスの競走馬ブラッシンググルームを父馬にもちます。

 

一つ上の半兄には20世紀最後のクラシック三冠馬のナリタブライアンがいたことからマヤノトップガンへの期待も高まります。

 

父馬の特徴を受け継ぎ、マヤノトップガンは筋肉質でダート馬のような馬体でしたが、体質は弱く遅れてのデビューとなります。

 

1995年のダートの新馬戦でデビューが決まります。

 

しかし、結果は5着という結果でした。

 

その後も未勝利戦に出走しますが、3着が2度続き、4度目のレースでようやく初勝利を挙げます。

 

しかし、その後は連勝を重ねることができませんでした。

 

日本ダービーと同日マヤノトップガンは500万以下のレースで2度目の勝利し、以降は芝に転向しすることとなります。

 

芝コース2戦目で勝利をあげ、クラシック出走が視野に入り始めます。

 

夏の休養を経て、ここまでクラシックとは無縁でしたが、菊花賞を目指しトライアルレースの神戸新聞杯に出走することとなります。

 

結果は2着、続く京都新聞杯にも2着と好走をみせ、菊花賞への出走に駒を進めます。

 

クラシック最後のレース、菊花賞は主役不在で同年のオークス馬、ダンスパートナーが一番人気でした。

 

このレースでは、皐月賞馬ジェニュインが距離不適とし出走しておらず、ダービー馬タヤスツヨシは絶不調という結果から人気が割れたレースです。

 

そんな中、マヤノトップガンは3番人気となります。

 

スタートするとマヤノトップガンは4番手を走ります。

 

第3コーナーから仕掛け、先頭集団が横並びとなります。

 

第4コーナーあたりにはマヤノトップガンが先頭にたち、直線では先頭をそのまま走り続け、1馬身差でマヤノトップガンが初のGⅠクラシックをレコード更新で勝利します。

 

【投げキッス その2】

ウマ娘のマヤノトップガンの投げキッスについて、元ネタが田原騎手のゴール後の投げキッスとご紹介しました。

 

当時は菊花賞勝利後に投げキッスをしたことでマヤノトップガンの勝利よりこのパフォーマンスが話題になったそうです。

 

実はさらに元ネタがあります。

 

「十字をきって投げキッス」というパフォーマンスは同年の凱旋門賞に勝利したランフランコ・デットーリ騎手が行っていたものでした。

 

そのパフォーマンスを後輩から聞き、田原騎手はそれを真似したそうです。

 

ちなみにランフランコ・デットーリ騎手は現50歳で現在も現役世界トップクラスの騎乗技術をもつ騎手と言われています。

 

2021年にも既にGIを5勝しているようです。

 

Sponsored Link

 

【強豪とのレースと連敗】

 

デビュー年、ここまで12レースをこなしてきたマヤノトップガンですが、最後に有馬記念に出走することとなります。

 

有馬記念には1番人気に昨年の有馬2着のヒシアマゾン、2番人気に三冠馬ナリタブライアンなどが出走しており、マヤノトップガンは6番人気でした。

 

菊花賞をとったにも関わらず、その時は主役が不在であったことからこの時、マヤノトップガンは世間から注目されていませんでした。

 

スタートするとマヤノトップガンはぐっとあがって先頭を走ります。

 

中盤は1馬身ほどのリードでマヤノトップガンが馬郡をひっぱります。

 

直線にはいってナリタブライアンなどが猛追するもそのまま逃げ切りマヤノトップガンが勝利します。

 

この勝利で一気に注目されることとなり、夏まで無名だったマヤノトップガンはこの年の年度代表馬に選ばれます。

 

翌年1996年は阪神大賞典から出走することとなります。

 

レースには有馬記念で下した、三冠馬のナリタブライアンが出走していました。

 

スタートすると2強と注目されるマヤノトップガンは前方とナリタブライアンは中団前方を走ります。

 

ゆったりとしたペースですすみ、2000m標識を通過するとマヤノトップガンが一気に先頭まであがります。

 

それに続くようにナリタブライアンも外から伸びて並びます。

 

伸びる2頭に後続は続くことはできず、マヤノトップガンとナリタブライアンが並んで直線に入ってきます。

 

馬体を合わせ、競り合って、差し合い、一歩も譲らず2頭が並んでゴール板を通過します。

 

会場のボルテージは最高潮で大きな歓声が沸いていました。

 

ゴール直前まではリードしていましたが、結果は差し返したナリタブライアンにアタマ差届かず、マヤノトップガンは2着となりました。

 

このレースでは、3着の競走馬からは9馬身も離されており、実質2強の一騎打ちとなっていました。

 

次走の天皇賞(春)では、再びマヤノトップガンとナリタブライアンの2強対決に注目されましたが、調教ミスのためマヤノトップガンは5着に沈んでいます。

 

その後は宝塚記念に出走することとなります。

 

ライバルとなるような強豪は出走しておらず、レースでは前方を走り、第4コーナーあたりに先頭たつとそのまま先頭を走り続け、勝利します。

 

しかし、夏の休養後のオールカマーは4着、天皇賞(秋)を2着、有馬記念を7着と勝利から遠ざかってしまいます。

 

中山競馬場の走るのに力のいる馬場であったことや、かかり癖(騎手が制御できなくなってしまう)が原因といわれています。

 

【宝塚記念】

1996年の宝塚記念は前年1995に起こった阪神・淡路大震災の復興支援競争としておこなれていました。

 

勝利したマヤノトップガンの名前の冠名「マヤノ」は兵庫にある摩耶山が由来していることから、地元に由来のある競走馬が勝利したことから、マヤノトップガンの勝利は被災者に勇気を与えたそうです。

 

Sponsored Link

 

【レコードでもぎ取った春の盾、そして引退へ】

 

翌年1997年は、昨年大接戦を繰り広げた阪神大賞典から出走します。

 

マヤノトップガンはスタートすると押さえて、最後方に控えてぽつんと走ります。

 

縦長の馬郡が正面スタンドを通過します。

 

第3コーナー手前から外にでると前馬をするすると交わしていき、第4コーナーに入ると先頭に立ちます。

 

直線に入ると、他馬を寄せ付けず、堂々と勝利をあげます。

 

次走の天皇賞(春)では、過去最高の筋肉質で磨かれた馬体で臨むも、1番人気は昨年の天皇賞(春)と有馬記念を制した休養明けのサクラローレルが1番人気となり、マヤノトップガンは続く2番人気となります。

 

スタートするとマヤノトップガンは中団内を走ります。

 

向こう正面でサクラローレルが2番手まで上がりますが、マヤノトップガンは中団のままです。

 

最後の直線に入るとマヤノトップガンがぐっと外に持ち出します。

 

先頭で並ぶサクラローレルとマーベラスサンデーの一騎打ちだと思った瞬間、マヤノトップガンが外からものすごい勢いで突っ込んでくると前2頭をあっさり交わし勝利します。

 

この勝利でマヤノトップガンは当時のレコードを2秒以上も更新しています。

 

そして、このレースの後にマヤノトップガンは屈腱炎を発症し、競争生活を引退します。

 

引退後は種牡馬となり、父馬ブライアンライムズの後継種牡馬として期待されます。

 

GⅠ馬を排出することはできませんでしたが、芝、ダートでも走り、短距離から長距離に適正のある幅広い産駒を輩出しています。

 

また、牝馬の活躍も見られています。

 

産駒ではGⅠ馬は輩出されませんでしたが、母の父としてキャッスルトップが2021年にジャパンダートダービー(G1)に勝利しています。

 

2015年に種牡馬を引退すると北海道の牧場で余生をおくり、2019年に老衰で27年の生涯に幕を下ろしました。

 

【変幻自在】

マヤノトップガンは生涯21戦8勝という戦績です。

 

1996年の有馬記念で7着という結果以外はすべて5着以内と、堅実な走りでした。

 

勝利したGIでは、菊花賞を「好位抜出※1」、有馬記念を「逃げ切り※2」、宝塚記念を「4角先頭※3」、天皇賞(春)を「直線強襲※4」という異なる戦法で勝っています。

※1:3~4番手の位置をキープして、最終直線で差し切る戦法

※2:初めから先頭をキープして、そのまま逃げ切る戦法

※3:4コーナーで先頭にたって、そのまま押し切る戦法

※4:中~後団に位置しておいてスタミナを温存し、最終直線で一気に差し切る戦法

 

異なった戦法利用しても勝利できたところから、脚質が優れていることが印象的な競走馬でした。

 

 

【ウマ娘シリーズ 無料視聴方法】

 

「ウマ娘」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」です!

 

なぜ、「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
上記配信サービスでは「お試しキャンペーン(初回登録の人限定)」を実施しており、そちらに登録することにより「ウマ娘」が約1カ月間無料視聴することができる。
上記配信サービスの「お試しキャンペーン」を交互に利用すると、約3カ月半「ウマ娘」の視聴が堪能できる! ※(例)U-NEXTお試し期間31日終了後⇒Amazonプライムビデオお試し期間30日終了後⇒dアニメお試し期間31日終了後⇒FODお試し期間2週間
「お試し期間中」なら「ウマ娘」以外の作品も視聴できるので、あなたが見たかった「アニメ・洋画・邦画・声優番組など(※対象作品のみ)」もついでに視聴可能!
 

以上が、上記配信サービスで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT・Amazonプライムビデオ・dアニメ・FOD」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「31日間無料トライアル」に登録してから31日間
(初回登録の方のみ)
2189円(税込)
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「初回31日間無料トライアル」は、登録から31日間無料で利用できるサービスです。31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「初回31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「初回31日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「初回31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「初回31日間無料トライアル中」にポイントが必要な作品を見たい場合は、加入特典として600Pが付与されているのでそちらを活用してご視聴ください。
   
 
【Amazonプライムビデオ】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の利用料金】
「30日間無料トライアル」に登録してから30日間
(初回登録の方のみ)
月額プラン:月500円(税込)

年会費プラン:年4900円(税込)

※月額で払うか年で払うかのどちらかを選べます。
【配信ジャンル】
洋画/邦画/国内ドラマ/海外ドラマ/アニメ/音楽/お笑い/バラエティ etc...
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー(レンタル)

ウマ娘 プリティーダービーSeason2(レンタル)
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「30日間無料トライアル」は、登録から30日間無料で利用できるサービスです。30日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「30日間無料トライアル」に登録後、30日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、「30日間無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は30日以内の解約をお忘れなく。

「30日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。Amazonプライムビデオで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

 
 
 
【dアニメストア】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「今すぐ無料おためし」に登録してから31日間
(初回登録の方のみ)
440円(税込)
【配信ジャンル】
アニメ/声優/アニメ系ミュージカル
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

登録から31日間無料で利用できますが、31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりませんので、継続利用するつもりがない人は1ヶ月以内の解約をお忘れなく。

「31日間お試し」で見れる作品は対象作品のみです。dアニメストアで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

   
 
【FOD】
【無料お試し期間】【無料お試し期間終了後の月額利用料金】
「無料トライアル」に登録してから2週間
(初回登録の方のみ)
976円(税込)
【配信ジャンル】
国内ドラマ/海外ドラマ/アジアドラマ/邦画/洋画/アニメ/スポーツ/エンタメ/FODオリジナル番組/漫画/雑誌
【「ウマ娘」の配信状況】
ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービーSeason2

うまよん
【注意点】
最新の配信状況については公式サイトにてご確認ください。

「無料トライアル」は、登録から2週間無料で利用できるサービスです。2週間を過ぎると月額料金は自動的に発生してしまいます。

「無料トライアル」に登録後、2週間以内の解約なら月額料金はかかりません。「無料トライアル」に登録し継続利用するつもりがない人は2週間以内の解約をお忘れなく。

「無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。FODで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。    

       

ウマ娘シンデレラグレイにオペラオーが出た理由

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘OVAのあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイ版ゴールドシチーについて

シンデレラグレイ版メジロアルダンについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

シンデレラグレイのオベイユアマスターの元ネタ

オベイユアマスターの過去

シンデレラグレイのトニビアンカの元ネタ

シンデレラグレイのムーンライトルナシーの元ネタ

シンデレラグレイのミシェルマイベイビーの元ネタ

シンデレラグレイのエラズリープライドの元ネタ

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

ブロワイエの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

アニメ版マチカネフクキタルについて

アニメ版メイショウドトウについて

アニメ版ビワハヤヒデについて

アニメ版ナリタタイシンについて

アニメ版ウイニングチケットについて

アニメ版ナリタブライアンについて

アニメ版エイシンフラッシュについて

アニメ版スマートファルコンについて

アニメ版マンハッタンカフェについて

アニメ版サクラバクシンオーについて

アニメ版ハルウララについて

アニメ版マヤノトップガンについて

アニメ版キングヘイローについて

アニメ版ユキノビジンについて

アニメ版ヒシアマゾンについて

アニメ版フジキセキについて

アニメ版エアグルーヴについて

 

 


 

アニメでは短い登場のため史実を反映させた天才少女な一面は描かれていませんでしたが、史実の阪神大賞典と天皇賞(春)はとても印象的なレースでした。

 

史実を知るとアニメでは描かれていないレースの模様を見ることができるので、キャラクターにより愛着をもつことができます。

 

さらに、アニメで描かれている史実の小ネタなども楽しむことができます。

 

これを機にアニメを見たり、見返してみるのはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ