シンデレラグレイに登場するルディレモーノについて!どんなキャラか詳しくご紹介【ウマ娘】

シンデレラグレイに登場するルディレモーノについて!どんなキャラか詳しくご紹介【ウマ娘】

 

「ウマ娘 シンデレラグレイ」はアプリゲームの「ウマ娘 プリティーダービー」を元にした漫画版の物語です。

 

史実の競走馬オグリキャップを主人公としており、アプリやアニメのキラキラした希望の物語とは違い、スポーツ漫画のような泥臭さもあれば、闘志に燃える本気の表情をみせるウマ娘たちが描かれています。

 

本日は「ウマ娘 シンデレラグレイ」に登場する、ルディレモーノについてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【ウマ娘シンデレラグレイに登場するルディレモーノとは?】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 2巻より引用

 

【初登場】【所属】
1巻1話日本ウマ娘カサマツトレーニングセンター学園
【誕生日】【身長】
5月10日165cm
【毛色】【性格・特徴等】
栗毛ガラが悪い/意外と身内に甘く/常識的
【元ネタになった競走馬】
モデルなし

 

ルディレモーノはカサマツトレセン学園に通うウマ娘です。

 

金髪のロングヘアに、右耳にはリングのアクセサリーをつけ、夏以外はにんじんがデザインされたスカジャンを着ています。

 

ベルノライトが入学初日にクラスを見渡し、足を机に乗せて椅子に座っているシーンがルディレモーノの初登場となります。

 

その後は同じチームに所属する3バカメンバーのノルンエースやミニーザレディとともに登場します。

 

ここからはルディレモーノのキャラクターについてご紹介していきます。

 

【ガラが悪くて怒りっぽいウマ娘】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 1巻より引用

 

ルディレモーノは三白眼にギザ歯で、スカジャンを羽織ったヤンキーのような外見の為、怖そうな見た目をしています。

 

口調も男勝りで怒りっぽい性格をしています。

 

例えば入学初日に、オグリキャップが遅刻したにもかかわらず、特に咎めず授業を始めた際は「ナチュラルに授業始めやがった…」とほほに怒りマークをうかべています。

 

他にも、寮でオグリキャップの帰りを待ち構えていたにも関わらず、オグリキャップはトレーニングの反省をしていた為まったく気付かず、オグリキャップに無視されたと思い「愛想の無ぇヤロウだな!!」と怒り胸倉をつかんでいます。

 

更にはゲートのスタート練習の際に、先生が扉が開いたらスタートだからねと説明すると「知らねー奴いねぇだろ…」と怒りつつツッコんでいます。

 

また、オグリキャップがスタートに遅れたにも関わらず、猛烈なスピードを見せたことに対して「何なんだよ…ッ コイツ!?」と怒りながら驚いています。

 

そして、ノルンエースにオグリキャップが練習の際に負けたことを指摘された際には「公式じゃねぇからノーカンだって!!」と怒りながら言い返しています。

 

怒っているシーンが他のキャラクターに比べて多いため、口調も相まって柄が悪いキャラクターの印象が強いです。

 

【小さい頃は】

フジマサマーチが幼い頃にトレーニングするシーンに小さい頃のルディレモーノ、ノルンエース、ミニーザレディが登場します。

 

現在のルディレモーノは怖そうな見た目をしていますが、小さいころはおさげでかわいらしい見た目でした。

 

【ルディレモーノの走り】

ミニーザレディと同様にルディレモーノもレースシーンはありません。

 

ゲートのスタート練習のシーンのみで、スタートダッシュは苦手ではなく難なくこなしているようです。

 

しかし、オグリキャップのスピードについていこうとするとゴールする頃には息も上がりバテてしまっているようです。

 

ミニーザレディよりは疲れていなさそうな為ミニーザレディよりは体力がありそうです。

 

Sponsored Link

 

【実はオグリキャップを気に留めている】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 1巻より引用

 

カサマツ時代の序盤では、3バカでオグリキャップをいじめている様子が描かれていますが、実はルディレモーノは直接的に嫌がらせはしていません。

 

むしろオグリキャップのことを気にしています。

 

入学初日の夜に寮の入り口で、オグリキャップの胸倉をルディレモーノがつかんでいるシーンは、オグリキャップが話しかけたにも関わらず無視した為、ルディレモーノの性格上怒ってしまっていますが、寮の入り口でわざわざオグリキャップの帰りを待っているのです。

 

また、ゲートスタート練習でミニーザレディが靴紐をほどきルディレモーノが「靴紐くらいゲート入る前に確認しとけよな!」と言うシーンでは、ミニーザレディが靴紐をほどいたことをルディレモーノは知りませんでした。

 

レース後にミニーザレディが靴紐をほどいたことを知ると「それはだめだろ!」と注意しています。

 

その後、オグリキャップが北原トレーナーのチームに加入したことに対して「別に?どうでもいいけど…」と言いつつも望遠鏡でしっかりオグリキャップのことを見ています。

 

そして、ミニーザレディとノルンエースがオグリキャップの新調した靴をレース中に脱がそうとしているシーンでは作戦にのってもおらず、ミニーザレディに呆れ気味で「性格悪っ」と指摘しています。

 

随所でオグリキャップのことを気に留めており、そうであればノルンエースとミニーザレディの嫌がらせをやめさせると思いきや、幼馴染でもあるノルンエースとミニーザレディには強くは注意できない為、身内には甘いようです。

 

【オグリキャップを応援】

オグリキャップの中央行きが噂される中、ノルンエースは噂を否定します。

 

しかし、ルディレモーノは素直にオグリキャップに中央に挑戦してほしい気持ちを言葉にしています。

 

Sponsored Link

 

【仲良くなった後は】

 

©漫画 久住太陽/脚本 杉浦理史/漫画企画構成 伊藤隼之介(原作:Cygames) / 集英社
© Cygames, Inc.
ウマ娘シンデレラグレイ 34話より引用

 

ノルンエースとオグリキャップが打ち解けたことで3バカが嫌がらせをすることはなくなりました。

 

その後はオグリキャップと仲良くなっていき、ルディレモーノもオグリキャップのライブを観客席から応援しています。

 

オグリキャップの中央行きが決まった際には号泣し、オグリキャップに3バカ揃って抱きついています。

 

中央に行ってしまった後も差し入れにお米と柿を送っています。

 

ベルノライトからは「両親の仕送チョイス」とツッコまれておりルディレモーノの優しさが伺えます。

 

また、オグリキャップが天皇賞(秋)に出走する際はテレビ越しにカサマツのメンバーと応援しています。

 

ちなみに出走前の実況にてオグリキャップが重賞6連勝中と解説された際には「カサマツはノーカンかよ!!」と実況に怒っていますが、両手にはペンライトを持っており、ミニーザレディと同様応援に全力のようです。

 

【字は上手だけど、絵は下手】

オグリキャップにみんなで差し入れをする際に、ルディレモーノはオグリキャップを描いた横断幕をカサマツのメンバーとトレーナーに一番の笑顔で見せます。

 

しかし、肝心のオグリキャップに全く似ておらず、むしろホラーテイストな絵になってしまい、「呪われそう」「…味がありますね」「怖い」「下手くそ」と言われる始末です。

 

結果、字の上手さをかわれ横断幕に「カサマツの星 オグリキャップ」とルディレモーノが書くことになり、レース当日にパドックに飾られていました。

 

ホラーテイストのオグリキャップの横断幕はカサマツに残し、観戦時に後ろの壁に飾ってありました。

 

【モデルの競走馬はなし】

ほぼすべてのウマ娘には史実で走った競走馬がモデルとなっています。

 

しかし、ルディレモーノはカサマツ時代のいじめっ子のような立場だったため、ノルンエースとミニーザレディと同様にモデルの競走馬はいません。

 

Sponsored Link

 

【「ウマ娘」のアニメ/漫画を見るなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

「ウマ娘」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 

【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「ウマ娘シンデレラグレイ(1~最新巻まで)」のいずれかをポイント分無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、ウマ娘以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、ウマ娘のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!

 

以上が、U-NEXTで「ウマ娘」を見るのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 

【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。

「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。

 

 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「チェンソーマン」・「呪術廻戦」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

     

ウマ娘3期の主人公予想

ウマ娘を見る順番!

ウマ娘のアニメの違い

ウマ娘1期のあらすじ

ウマ娘2期のあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのあらすじ

ウマ娘シンデレラグレイのキャラ一覧

ウマ娘のアニメに登場したキャラ一覧!

奈瀬文乃の元ネタ

シンデレラグレイ版オグリキャップについて

シンデレラグレイ版タマモクロスについて

シンデレラグレイ版スーパークリークについて

シンデレラグレイ版シンボリルドルフについて

シンデレラグレイ版マルゼンスキーについて

シンデレラグレイ版ヤエノムテキについて

シンデレラグレイのフジマサマーチについて

シンデレラグレイのベルノライトについて

シンデレラグレイのノルンエースについて

シンデレラグレイのミニーザレディについて

シンデレラグレイのルディレモーノについて

ゴールドシップが出遅れたシーンの元ネタ

アニメ版スペシャルウィークについて

アニメ版トウカイテイオーについて

アニメ版ツインターボについて

アニメ版メジロマックイーンについて

アニメ版ライスシャワーについて

アニメ版ミホノブルボンについて

アニメ版サイレンススズカについて

アニメ版オグリキャップについて

アニメ版ダイワスカーレットについて

アニメ版ウオッカについて

アニメ版グラスワンダーについて

アニメ版エルコンドルパサーについて

アニメ版セイウンスカイについて

アニメ版ナイスネイチャについて

アニメ版マチカネタンホイザについて

アニメ版イクノディクタスについて

アニメ版ダイタクヘリオスについて

アニメ版メジロパーマーについて

ダイワスカーレットとウオッカの関係

メジロ家のおばあさまについて

メジロ家について

 


 

一番いじめをしそうなルディレモーノが一番オグリキャップを気にかけていることがわかります。

 

これまでカサマツ時代の3バカを紹介してきましたが、どのキャラクターもカサマツ編だけの登場にしては惜しい個性的なキャラクターでした。

 

そして、今後の中央でオグリキャップが史実にそってどのような走りを見せるか楽しみな内容となっています。

 

これを機に漫画を手に取ってみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ