鬼滅の刃「時透無一郎」の呼吸一覧!天才剣士が使う華麗なる技

鬼滅の刃「時透無一郎」の呼吸一覧!天才剣士が使う華麗なる技

 

鬼殺隊の最高位である柱の一人「霞柱・時透無一郎」

 

マイペースという言葉がしっくりくる彼のキャラは、不思議な魅力がありますよね。

 

一方で柱としての実力はかなりのもので、だてに若干14歳で鬼殺隊の最高位なわけではありません。

 

今回はそんなマイペースな実力者である時透無一郎と、彼が操る呼吸についてご紹介します。

 

Sponsored Link

 

【霞柱 時透無一郎について】

 

【時透無一郎(ときとうむいちろう)】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 15巻より引用

【年齢】
14歳
【誕生日】 【身長/体重】
8月8日 160センチ/56キロ
【出身地】
東京府 景信山(景信山)
【趣味】 【好きなもの】
紙切り、折り紙(死ぬほど飛ぶ紙飛行機を作れる) ふろふき大根

 

【最年少で小柄な天才剣士】

 

時透無一郎は小柄な体型をしており、腕力は柱の中でも下から数えて三番目です。

 

しかし、刀を握ってからわずか二週間で柱にまで登りあげた天才剣士。

 

特に足腰の動きを連動させた高速移動に長けており、14歳という最年少の柱を務める彼の実力は、十二鬼月の上弦ノ伍を討伐する程強く、鬼殺隊の最高位にふさわしい実力を持っています。

 

【記憶を失った霞の少年】

 

時透無一郎は過去の出来事の影響で記憶喪失となっていて、現在のことも霞にかかったように忘れていってしまいます。

 

実際に、炭治郎と再会した時もそこまで日が経っていないにも関わらずしっかりと忘れていた。

 

また、すぐ忘れるということを本人も自覚しており、「どうせ忘れるから」と細かいことを覚えようとすらしていないです。

 

【変化していく性格】

 

時透無一郎はマイペースなだけかと思いがちですが、一方でとことん効率的かつ現実主義であり、自分の中の優先順位を譲らない性格をしています。

 

また、人との関わりがあまり上手くなく、自分の邪魔になるものには例え人間であろうと手をあげることもしばしばありました。

 

しかし、炭治郎の言葉や周りの人との関わりの中で、かつての父の言葉と過去の記憶を思い出し、それ以降性格が軟化していくようになります。

 

【双子の兄の存在】

 

時透無一郎には時透有一郎という双子の兄がいました。

 

時透有一郎は無一郎に比べやや冷酷で厳しい性格でしたが、その全てが家族のためにあるような人でした。

 

すでに故人となっており、この出来事が無一郎の今後の運命を変えていきました。

 

また、記憶を取り戻した際に無一郎は兄である有一郎と自分を重ねていたと発言していたことや、二週間で柱になる程の修練の裏には有一郎を鬼に殺された時の怒りがあったことから、兄をとても慕っていたことが見て取れます。

 

【始まりの剣士の子孫】

 

時透無一郎は日の呼吸を使う始まりの剣士の血を引く者です。

 

上弦の壱である黒死牟と対峙した時に彼の末裔であることが明かされ、同時に始まりの剣士の最後の末裔であることも判明します。

 

Sponsored Link

 

【時透無一郎の呼吸】

 

【呼吸】
霞の呼吸
【派生元】
風の呼吸
【日輪刀】
刀身が炎のように赤色になっており、炎のような鍔がついている

 

時透無一郎が操る霞の呼吸は風の呼吸の派生であり、攻撃の際は霞のようなエフェクトが発生するのが特徴です。

 

また、時透無一郎がなぜ霞の呼吸を習得したのかは明らかにはなっていませんが、霞の呼吸そのものは古くから存在しています。

 

技のほとんどに水や霞の意味を持つ名前があるのが特徴です。

 

【時透無一郎の技一覧】

 

【壱ノ型 垂天遠霞】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 14巻より引用

【特徴】

初登場 14巻 上弦の伍 玉壺相手に使用

 

渾身の突きを繰り出す技。

上弦の伍・玉壺の血鬼術・水獄鉢に閉じ込められた時に使用したがこの時は、刀が刃こぼれしていたために十分な威力を発揮できなかった。

 

【弍ノ型 八重霞】


©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 14巻より引用

【特徴】

初登場 14巻 玉壺相手に使用

 

体をひねり、自身の周囲全体を複数回斬りつける技。

壱ノ型・垂天遠霞で壊せなかった玉壺の水獄鉢を見事に破壊した。

 

Sponsored Link

 

【参ノ型 霞散の飛沫】


©吾峠呼世晴/集英社

鬼滅の刃 14巻より引用

【特徴】

初登場 14巻 玉壺相手に使用

 

大きく勢いをつけた回転斬りを繰り出す技。

純粋なダメージの他に、回転によって周囲の物を弾き飛ばすことも可能。

玉壺の血鬼術・一万滑空粘魚の体液を弾き飛ばした。

 

【肆ノ型 移流斬り】


©吾峠呼世晴/集英社

鬼滅の刃 12巻より引用

【特徴】

初登場 12巻 半天狗相手に使用

 

相手に向かって滑り込み、上へ斬り上げる技。

上弦の肆・半天狗が奇襲した際に使用したが、顔を斬られながらも避けられた。

 

【伍ノ型 霞雲の海】


©吾峠呼世晴/集英社

鬼滅の刃 14巻より引用

【特徴】

初登場 14巻 玉壺相手に使用

 

敵に向かって斬り込みながら、同時に進路上の物体を斬り刻む技。

玉壺の蛸足を斬り刻みながら玉壺に一撃を加えた。

 

Sponsored Link

 

【陸ノ型 月の霞消】


©吾峠呼世晴/集英社

鬼滅の刃 14巻より引用

【特徴】

初登場 14巻 玉壺相手に使用

 

大きく飛び上がり、広範囲を一瞬でなぎ払う技。

玉壺の一万滑空粘魚を一匹残らずなぎ払った。

 

【漆ノ型 朧】


©吾峠呼世晴/集英社

鬼滅の刃 14巻より引用

【特徴】

初登場 14巻 玉壺相手に使用

 

動きに緩急をつけることで、まるで霞に撒かれているかのように敵を攪乱させる歩行術で、無一郎が編み出したオリジナルの型。

姿を見せるときは亀のように、姿を消すときは瞬き一つの間ほどの緩急で玉壺を翻弄した。

 

 

     

 


 

いかがでしたか?

 

クールでマイペースな無一郎に隠された過去や記憶喪失なところ、そして始まりの剣士の最後の末裔だったりと見所満載な人ですね。

 

霞の呼吸は霞のエフェクトがかかっており、儚くも幻想的な印象を受けますが、記憶を取り戻した彼自身は霞が晴れたかのような気分でしょう。

 

アニメでは未だ無一郎の本領は発揮されていませんが、今後見れるであろう彼が格好良く動く日が待ち遠しいですね。

 

Sponsored Link

   

関連コンテンツ