禰豆子(ねずこ)の血気術「爆血(ばっけつ)」はどんな技?能力や人物についてもご紹介!

禰豆子(ねずこ)の血気術「爆血(ばっけつ)」はどんな技?能力や人物についてもご紹介!

 

テレビアニメや原作である漫画でも人気上昇中の「鬼滅の刃」。

 

主人公の妹にしてヒロインである少女、竈門禰豆子(かまどねずこ)は、人ならざる鬼でありながら人の味方をする特異的な存在です。

 

今回は彼女の鬼特有の能力や、どのような人物であるのかをご紹介します。

 

ネタバレもありますので、原作を知らない人は注意してください。

 

Sponsored Link

【竈門禰豆子(かまどねずこ)の詳細】

 

【竈門禰豆子(かまどねずこ)】
©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 1巻より引用
【年齢】
14歳
【誕生日】 【身長/体重】
12月28日 第1話:150センチ/39キロ

選別時:153センチ/45キロ

【出身地】
東京府 奥多摩郡
【趣味】 【好きなもの】
裁縫(商品として売れる出来栄え) 金平糖
【声優】
鬼頭明里

 

鬼でありながら、鬼を狩ることを目的とした組織「鬼殺隊」へ入隊することを特別に許可されている少女。

 

元は人間で、家族と慎ましやかながらも幸せな日々を送っていましたが、ある日何の前触れもなく鬼に襲われてしまい鬼となってしまいます。

 

しかし、人を喰らう鬼としての本能に抗い、唯一襲われることのなかった兄「竈門炭治郎」とともに人へと戻るための手がかりを探しています。

 

見た目はとても小柄で可愛らしい少女ですが、人ではなく鬼であるため、鬼特有の弱点を持っており、人間離れした身体能力を持っています。

また、いつも竹を加えており、基本的には話すことが出来ないのも特徴的です。

 

【竈門家六人兄妹の長女】

 

鬼となる前の禰豆子は、代々炭焼きをしている竈門家の長女として生まれました。

 

父が亡くなってからは、母親とともに弟妹たちの面倒をよく見ており、父の代わりに行商に赴いて家計を支える炭治郎と同様に家族に慕われていました。

また当時の得意技はそろばん高速はじきで、これまでに七つのそろばんを破壊しているようです。

 

しかし、理不尽にも炭治郎が家を離れていた時に、鬼が襲いかかり家族全員が失いかけますが、彼女だけは襲われた際に傷口へ鬼の血が入ったことで鬼化してしまい、一命を取り留めます。

 

鬼となった直後は、人間としての理性を失い、炭治郎を襲う行動をとりますが、後からやって来た冨岡義勇に対して炭治郎を庇い、鬼とは思えない行動をしていました。

 

【鬼化してからも人間らしい行動】

 

鬼となってからは、基本的に話すことが出来ず、日常生活において簡単なコミュニケーションしかとれません。

そして、人だった頃と違い単純な行動をとるようになり、精神が幼くなったような状態となりました。

 

また、炭治郎の育手である「鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)」の暗示によって、彼女は人間すべてを家族と認識し、家族を傷つける鬼を滅するよう刷り込まれているため、人が襲われそうになると鬼へと襲いかかるようになっています。

 

しかし、彼女自身の意思も残っているため、暗示に関係なく、兄である炭治郎の言葉や行動を優先して従う側面もあります。

 

戦闘以外では兄を慕う幼い妹のような状態で、子供のように兄に対して積極的に甘えることが多いです。

 

そして日々を送るにつれて、彼女の精神は成長しているようでどんどん感情が豊かになっており、感情を表すような動きが増えていくようになります。

 

Sponsored Link

【鬼としては特異的な存在】

 

鬼となった彼女ですが、戦闘時は見た目に反して鬼すらも切り裂く鋭い爪と、肉体を穿つ蹴りを武器に戦います。

また体の大きさを自在に操る事ができるので、日中は体を縮ませて背負い箱の中に入り太陽の光を避け、戦闘をする際は成人女性ほどの大きさになって戦ったりします。

 

さらに彼女には一般的な鬼の能力以外にも特異的な力もあります。

彼女が激しい怒りによって暴走したときの再生能力は、一瞬で手足を再生させるほどで、その速さは上弦の鬼すら上回っています。

 

そして本来であれば人を食うことで力を得る鬼なのですが、彼女の場合は他の鬼とは違い、眠りにつくことで体力を回復することが可能であり、一時期は2年も眠り続けていました。

 

【鬼殺隊所属の鬼】

 

禰豆子は鬼でありながらも、鬼殺隊に所属する事が許可されています。

ですが、鬼であるため、鬼殺隊からすれば敵であることは間違いなく、当初は鬼殺隊の幹部である「柱」からの反発も多くありました。

 

しかし、鱗滝が鬼殺隊当主「産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)」へ、彼女が人を襲わず、人としての理性を保ち続けていることを報告し、これを受けた耀哉は禰豆子を鬼殺隊にいる事を認めています。

 

さらに、彼女の処遇を決める柱合会議が開かれたときに、一部の柱が猛反発し、自身の血を流して禰豆子に襲わせようとしました。

 

しかし、禰豆子血を見ても襲いかかることはなく、この状況を見て当主の判断も加わったことで、人を襲わない限り処分を見送ることなりました。

 

その後の彼女の評判としては人によって様々です。

たとえ当主が認めたとしても、鬼殺隊には身内や仲間が鬼に殺されたことで入隊するきっかけとなることがあるので良いイメージを持っていない者も多いですが、復讐などが入隊の動機でない者もいます。

 

ただ、恋柱である甘露寺蜜璃は、まるで妹かのように接し、鬼であることなど関係なく可愛がる様子がありました。

 

また、兄と同期である我妻善逸は、彼女に一目惚れしており積極的に守ろうと行動をしています。

しかし、悲しいことに本人は彼のことを珍妙なタンポポだと感じていています。

 

【太陽の下でも歩ける体】

 

鬼は太陽の光を浴びるとたちまち塵となり崩壊します。

そのため夜以外は積極的に行動をせず身を隠すようになります。

 

これはすべての鬼の原因となっている鬼舞辻無惨も同じように太陽の光は克服していません。

禰豆子も鬼と同じように活動できず、いつもは体を小さくして炭治郎が背負う箱に隠れていました。

 

しかし、刀鍛冶の里で上弦との死闘を繰り広げた際に大きな変化がありました。

炭治郎らが上弦の鬼である半天狗を戦って朝がやって来ようとした状況で、炭治郎は太陽から禰豆子を守ろうかか襲われそうな村人を守ろうかと苦渋の選択を迫られていました。

 

そんな時、禰豆子が彼を蹴り飛ばし決心させることで半天狗を撃破し勝利を勝ち取るのですが、禰豆子は日の光を浴びてしまいます。

 

彼女は助かることなく塵になる…はずでしたが、なぜか禰豆子は生きており、日の光を克服することになります。

 

こうして彼女は千年間現れることがなかった日光を克服した唯一の鬼となり、簡単な言葉であれば話せるようにもなりました。

 

Sponsored Link

【竈門禰豆子の血鬼術「爆血(ばっけつ)」】

 

そもそも血鬼術とは、鬼のほとんどが持っている不死性や人間離れした身体能力とは別に、一部の鬼だけが使うことが出来る異能力のような力です。

 

複数の能力を有していることもあり、血を媒介にする以外にも他の鬼に能力を分け与えるような珍しい能力もあります。

 

すべてに共通するわけではないですが、人間であった頃の未練やこだわりが強く反映されることがあり、鬼の深層意識に深い関わりがあるとされている。

 

禰豆子の血鬼術「爆血(ばっけつ)」は他の血鬼術とはかなり異なる珍しい力なので、詳しくご紹介していきます。

 

【自分の血を燃やして爆発させる】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 5巻より引用

彼女の血鬼術は「自身の血を燃やし爆ぜさせる能力」です。

 

どういった原理で発動するのか不明ですが、遠隔的に操作することが可能で、初めて発動したときは左手を握りしめることで燃やしていました。

 

さらに鬼本体と鬼が生み出したものは燃やすことが出来ますが人間には全く無害で、燃やしたことによる火傷を再生するには通常以上の時間を必要とします。

 

まさに人を燃やさず敵である鬼のみを対象とした能力で、鬼としてはあまりに矛盾した能力でもあります。

またただ攻撃に使う以外にも能力を様々な場面で活用することが出来る。

 

Sponsored Link

【解毒と治癒の力】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 11巻より引用

血によって生み出された火で人を包むことで、鬼の血鬼術によって生み出された特殊な毒を人の体内から消滅させ、さらに毒によってただれた皮膚を癒すこともできます。

もちろん人や衣類は燃えることはないので、安全に治療することが可能です。

 

【炭治郎との連携】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 13巻より引用

日輪刀の刃を彼女の鬼血術の「爆血」で燃やすことで温度が変わり、炭治郎の場合は日輪刀の色が赤へと変色しました。

さらに刀に術の威力が加わることで攻撃力が格段に上昇するなど、補助的な役割も発揮しています。

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

鬼でありながら、人を助け、鬼と戦うことに特化した血鬼術を持つ、竈門禰豆子。

 

彼女の鬼としての成長速度はとても凄まじいものなので、太陽を克服したように今後も新しい力を手に入れることは間違いないでしょう。

 

いずれ人に戻ることが出来るかもしれませんので、彼女の今後に期待しましょう!

Sponsored Link

   

関連コンテンツ