煉獄杏寿郎の技は何がある?鬼殺隊の兄貴的な剣士の「炎の呼吸」についてご紹介

煉獄杏寿郎の技は何がある?鬼殺隊の兄貴的な剣士の「炎の呼吸」についてご紹介

鬼殺隊「炎柱」で、実力もトップクラスな剣士「煉獄杏寿郎」

 

明朗快活で漢気溢れた性格の彼は、同じ鬼殺隊士や読者からも人気が高く、「煉獄の兄貴」「煉獄兄貴」と親しまれています。

 

今回はそんな煉獄杏寿郎の技や呼吸等について、色々ご紹介します。

 

Sponsored Link

 

煉獄杏寿郎とは?】

【煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 7巻より引用

【年齢】
20歳
【誕生日】 【身長/体重】
5月10日 177センチ/72キロ
【出身地】
東京府 江原郡 駒沢村(世田谷、桜新町)
【趣味】 【好きなもの】
能や歌舞伎、相撲観戦 さつまいもの味噌汁
【声優】
日野聡

 

煉獄杏寿郎とは、鬼殺隊で最も位の高い「柱」と呼ばれるメンバーの一人です。

炎の呼吸を使い手である為「炎柱(えんばしら)」とも呼ばれています。

 

目がギョロっとしていて、見た目は少し怖い印象がありますが、人一倍面倒見がよく、明朗快活で情熱的、自身の非は真摯に受け止める素直な一面もあり、見た目以上に爽やかで暑苦しい人物です。

炭治郎を初め、多くの隊士たちからも慕われており、鬼殺隊の兄貴分的な存在でもあります。

【代々「炎の呼吸」受け継いできた名門「煉獄家」の長男】

杏寿郎は、先祖代々から「炎の呼吸」を受け次いできた、剣士の名門「煉獄家」の長男で、父もまた「炎の呼吸」の剣士でした。

名門の長男として生まれてきた杏寿郎は、小さい頃から父より指導を受けており、煉獄家の長男として日々鍛錬を積んできました。

 

また、「千寿郎」という弟もおり、弟もまた兄と一緒に鍛錬を積んできましたが、どれだけ鍛錬しても日輪刀の色が変わらない為、途中で剣士になる事を断念しています。

千寿郎は兄とは違って、気弱でとてもやさしい性格をしている為、元々剣士には向いていなかったのかもしれません。

 

ちなみに兄弟仲はとても良いようです。

 

【父親は元「柱」】

杏寿郎の父親は、元柱であり、杏寿郎と同じく「炎柱(えんばしら)」でした。

柱時代は杏寿郎のような情熱的な人物でしたが、最愛の妻が亡くなった事と自身の弱さを知り精神的に打ちのめされた事により、柱を突然辞めてしまいます。

それからは酒ばかり飲んで怠惰な生活を過ごし、今までやってきた杏寿郎達の稽古もしていかなくなりました。

そして、性格も粗暴な人間へと変化していき、周囲への当たりも強くなっていきます。

 

また、始まりの呼吸である「日の呼吸」に対して、強いコンプレックスを持っており、「日の呼吸」の剣士が付けている耳飾りを炭治郎が付けているのを見て、難癖つけて絡むというエピソードもあります。

 

しかし、息子である杏寿郎に先立たれて、いつも心配されていたのを知り、今まで行ってきた事に反省して、徐々に立ち直っていきます。

 

【自力で炎の呼吸を極める】

杏寿郎は元々、元「柱」である父親に「炎の呼吸」の稽古をつけてもらっていましたが、途中で稽古をつけてくれなくなりました。

その為、家にあった三冊の「炎の呼吸」の指南書を頼りに、日々鍛錬を重ねて「炎の呼吸」を極めていきます。

その結果、見事「柱」に昇格し、「炎柱」として責務を全うしていきます。

 

Sponsored Link

【規律にはとにかく厳しい】

面倒見がよく、明朗快活な性格で人からも好かれやすい杏寿郎ですが、規律にはとにかく厳しく、違反したものに対しては等しく罰を与えようとします。

炭治郎が「鬼である禰豆子を連れている」という規律違反に対して、初めに斬首させる事を提案したのがこの杏寿郎です。

 

【面倒見がいいが継子がいない】

面倒見がいいので、他の隊士からも好かれている杏寿郎ですが、彼には継子がいません。

理由としては、稽古が厳しすぎてほとんどの隊士が逃げ出してしまうからなのだそうです。

 

これは他の「柱」も同様で、あまりの厳しい稽古の為、継子がいる「柱」はほとんどいません。

例外的に、「蟲柱」である胡蝶しのぶだけ、栗花落カナヲという継子がいます。

 

【「恋柱」は元弟子】

先ほど杏寿郎には継子はいないとなっていましたが、過去に一人だけ弟子になった人物がいました。

 

それが「恋柱」である甘露寺蜜璃です。

 

蜜璃には炎の呼吸の適正があった為、杏寿郎の元で呼吸を学んでいましたが、蜜璃の動きが独特すぎたので、自分では教える事ができないと悟り、継子にするのを断念したそうです。

ちなみに、蜜璃の使用する「恋の呼吸」は「炎の呼吸」の派生となっています。

 

Sponsored Link

 

【煉獄杏寿郎の呼吸】

【呼吸】
炎の呼吸
【派生元】
なし(基本の呼吸の一つ)
【日輪刀】
刀身が炎のように赤色になっており、炎のような鍔がついている

 

杏寿郎が使用している「炎の呼吸」は、基本の呼吸である「炎・水・風・岩・雷」の五大流派の一つです。

 

また、「炎の呼吸」は歴史が古く、今までの柱には必ず「炎の呼吸」の剣士がいたそうです。

 

全体的に強力な一撃を与える斬撃技が多い傾向にあり、攻撃特化型な呼吸と言えます。

 

【煉獄杏寿郎の技一覧】

【壱ノ型 不知火(しらぬい)】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 7巻より引用
【初使用回】
7巻 無間列車内にて使用
【技の特徴】
炎を発するように、勢いよく相手との間合いを詰め、一気に一撃を放つ技

 

【弐ノ型 昇り炎天(のぼりえんてん)】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 8巻より引用
【初使用回】
8巻 上弦の参 猗窩座(あかざ)相手に使用
【技の特徴】
刀を下から上へ昇る炎のように斬り上げる技

 

【肆ノ型 盛炎のうねり(せいえんのうねり)】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 8巻より引用
【初使用回】
8巻 上弦の参 猗窩座(あかざ)相手に使用
【技の特徴】
渦巻く炎のように刀を振るい、広範囲に渡って攻撃する技

 

Sponsored Link

【伍ノ型 炎虎(えんこ)】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 8巻より引用
【初使用回】
8巻 上弦の参 猗窩座(あかざ)相手に使用
【技の特徴】
まるで猛虎の如く刀を振るって、咬みつくように斬りかかる技

 

【玖ノ型 煉獄(れんごく)】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 8巻より引用
【初使用回】
8巻 上弦の参 猗窩座(あかざ)相手に使用
【技の特徴】
炎の呼吸最終奥義

灼熱の業火の如き威力で突進し、轟音と共に相手を抉り斬る技

 


 

いかがでしたでしょうか?

 

男が惚れる漢「煉獄杏寿郎」。

彼の技は、その性格が出ているのか、小細工のない真っすぐな技が多い印象を受けます。

 

煉獄の漢らしい姿をぜひアニメでもご覧ください。

 

Sponsored Link

   

関連コンテンツ