黒死牟(こくしぼう)の過去!上弦の壱が鬼になるまでの経緯【鬼滅の刃】

黒死牟(こくしぼう)の過去!上弦の壱が鬼になるまでの経緯【鬼滅の刃】

 

鬼の根源、鬼舞辻無惨直下の部隊である「十二鬼月」

 

十二鬼月の最強の称号である「上弦の壱」を与えられた『黒死牟』は、鬼の中では珍しく序列を重んじる厳格さも持ち、多くを語らない寡黙な性格から鬼舞辻無惨の信頼を得ています。

 

最強で厳格で寡黙、そして鬼でありながら鬼殺隊のような剣士の風貌である『黒死牟』は
いったいどのような経緯で鬼となったのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

【黒死牟(こくしぼう)の過去】

©吾峠呼世晴/集英社
鬼滅の刃 12巻より引用

 

【黒死牟の幼少期】

 

黒死牟は侍の家の長男として生まれ、本名を「継国巌勝(つぎくに みちかつ)」といい、継国家の跡目を継ぐものとされていました。

 

長男といえど実際は「双子」として生まれており「継国縁壱(つぎくに よりいち)」という弟もいます。

 

当時の考え方として、跡目争いの原因になることから双子は嫌われる傾向にあり、「縁壱」には生まれながらにして謎の痣があり、その痣を持つ「縁壱」を父は不気味に思ったことから、生まれたあとすぐ殺そうと考えました。

 

これに怒り、阻止したのが母で、10歳になったら出家することを条件に「縁壱」を父から守ったのです。

 

10歳になるまで二人の生活環境は大きく差をつけられました。

 

長男であった「巌勝」は家を継ぐため、また本人にも優れた才覚があったため、非常に恵まれ環境に育てられました。

 

反対に「縁壱」は常に母の傍におり親離れができておらず、7歳になるまで喋らなかったため耳が聞こえないと思われるなど、侍として生きていく資質はないと考えられ育っていました。

 

跡目争いは戦国時代の常であり、時として統治する国の動乱を引き起こします。

越後の龍として名を轟かせる「上杉謙信」も、後継を指名せず死んだために、ともに養子である上杉景勝と上杉景虎が争った御館の乱というお家騒動がありました。

 

Sponsored Link

 

【弟への嫉妬】

 

「巌勝」は長男として、継国家を継ぐ者としての自覚を持ち成長していきました。

 

そしていつまでも母の傍にいる「縁壱」のことを可哀想だと憐れんでおり、その感情から「巌勝」はこっそりと「縁壱」の部屋へ行き手作りの笛をプレゼントしました。

 

しかしそれでも「縁壱」がほほ笑むことはありませんでした。

 

7歳になった頃、「巌勝」が庭で素振りをしていると、気配もなく「縁壱」が松の木の陰に立っていることに気が付きます。

 

『兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?』

 

今まで一度も話したことのなかった「縁壱」が突然話し始め、そして初めて笑顔を見せました。

 

「巌勝」は、握っていた木刀が手から零れ落ちるほど驚き、同時に「縁壱」のことを不気味に思うようになりました。

 

その日以来、「巌勝」の稽古の現場に「縁壱」が現れるようになり、それを見た父の部下が竹刀を持たせてみることにしました。

 

その後、簡単に握り方や構えを教え、打ち込んでみろと父の部下が「縁壱」に言うと、「縁壱」は瞬く間に4発打ち込み、失神させてしまったのです。

 

「縁壱」はその打ち込んだ時の感覚が不快で、二度と侍になりたいと言わなくなりました。

 

しかし剣の才能を目の当たりにした「巌勝」は、強さの理由を教えてくれと問いただし、「縁壱」には生き物の身体が透けて見える特別な視覚を持っているということを知ります。

 

不気味な痣と特別な視覚、そして剣士として優れた身体能力、「巌勝」は今まで憐れんでいた者が自分より優れた才能を持つ者だと気付き、「縁壱」に強い嫉妬心を抱き始めるのです。

 

「巌勝」が鬼となっても厳格である理由は侍の家の長男として生まれたことに起因します。

上下関係、従属関係を重んじ、上弦の鬼が集結した際には、上弦の参である猗窩座の腕を斬り落とし戒める場面があり、その厳格さを特徴づけています。

 

 

【弟への憎悪】

 

優れた才能を持つ「縁壱」の存在を、部下は父に報告しないハズがありません。

 

そうなれば「巌勝」と「縁壱」の立場は逆転し、「縁壱」が家を継ぎ、自分は寺へ追いやられると、その夜、布団の中で「巌勝」は考えました。

 

そこへ「縁壱」がやってきて、母が死んだことと今から家を出て寺に行くことを告げます。

 

『いただいたこの笛を兄上だと思い、どれだけ離れていても挫けず、日々精進致します』

 

「巌勝」が贈った笛を見せ、「縁壱」はほほ笑みながら別れの挨拶をしました。

 

その後、「巌勝」は母の日記から、「縁壱」の真意を知ることになります。

 

常に母の傍にいたのは、病気により身体が不自由になった母を支えるためであったこと。

 

そして「縁壱」は自分が家を継がされることに気が付き、予定より早く自身の判断で寺へ向かうことにしたのです。

 

この真意に辿り着いた「巌勝」は、嫉妬で全身が灼けつく音を聞き、「縁壱」に対して心の底から憎悪を抱くようになります。

 

Sponsored Link

 

【鬼舞辻無惨との出会い】

 

父は「縁壱」を連れ戻すため寺に使いを出しますが、なんと「縁壱」は寺にはおらず、消息を絶っていました。

 

10年余りの月日が経ち「巌勝」は家族ができ、侍として平穏な日々を続けていました。

 

しかし「巌勝」が仲間と野営しているところを鬼に襲われ、その危機的状況を救ったのが、鬼狩りとなった「縁壱」でした。

 

また更に剣の腕を上げた姿を見て驚く「巌勝」でしたが、「縁壱」は救援が間に合わず仲間が死んでしまったことを深く詫びます。

 

剣技を極めているにも関わらず、驕ることのない「縁壱」は、非の打ちどころのない人格者になっていたのです。

 

自分を超えた存在である「縁壱」に再会した「巌勝」は、子供の頃と同じくその強さを欲しました。

 

そのため家族を捨て、剣技を極めるため、「縁壱」と同じく鬼狩りの道へと進むようになります。

 

「縁壱」は呼吸や剣技などを教えていましたが、誰一人「縁壱」のように日の呼吸が使えなかったため、それぞれに合わせ呼吸法を指導していました。

 

兄である「巌勝」も、日の呼吸を習得することができず、派生する月の呼吸を使用するようになります。

 

いつか「縁壱」に追いつけるようにと研鑽を積み、「縁壱」と同じく痣が発現しました。

 

周りの仲間も呼応するように痣が発現しますが、その痣者たちが次々に死に始め、痣は寿命を縮めてしまうのではないかと「巌勝」は気付きます。

 

そこへ鬼舞辻無惨が現れ、「巌勝」に魅惑的な提案をします。

 

『ならば鬼になればよいではないか』

 

「巌勝」は剣技を極めるために、鬼舞辻無惨に頭を下げ、鬼になることを選びます。

 

すべては弟「縁壱」を超えるという自分の意志のためでした。

 

鬼舞辻無惨が直接スカウトに来ており、その実力は折り紙付きです。

しかしながら、win-winの関係ではありますが、「巌勝」は鬼舞辻無惨に対し敬意を払っており、対等な存在であるとは考えておらず、ここからも厳格さが窺えます。

 

Sponsored Link

 

【十二鬼月となる】

 

鬼の力を得た後、時が流れた赤い月の夜、「巌勝」またの名を「黒死牟」は七重塔の近くを歩いていました。

 

そこで齢80を超えている老いた姿の「縁壱」と再会します。

最後に会ってから60年以上経っていました。

 

『信じられぬものを見た』

 

痣者は25歳を待たず死んでしまうにも関わらず「縁壱」は生きており、「黒死牟」には嫉妬と憎悪の感情が蘇る。

 

『お労しや、兄上』

 

兄を憐れむ弟の一言に、生まれて初めて込み上げるものがあったと感傷を覚えます。

 

しかし、鬼として歯向かう者は両断せねばならないと「縁壱」に殺意を抱いた次の瞬間、『参る』の呟きと共に「黒死牟」の頸は斬られてしまいます。

 

鬼であったため致命傷は辛うじて避けつつも、次の一撃で死を覚悟しましたが、その一撃は来ることはなく、「縁壱」は立ったまま寿命で死を迎えました。

 

ついに「縁壱」に寿命で勝ち逃げを許したまま、果たせぬ嫉妬と憎悪で生きることとなる「黒死牟」

 

その後は日の呼吸を知る者を鬼舞辻無惨と共に徹底して殺し、時に鬼の仲間を増やしていくこととなります。

 

ただ、鬼となり妻や子供の顔を忘れたとしても、殺したいほど憎い「縁壱」のことだけは、生涯忘れることなく生きていくことになったのです。

 

黒死牟は、善逸の兄弟子である獪岳を鬼にした張本人でもあります。

語られてはいませんが、獪岳と善逸の関係を自身の過去と結び付け、獪岳を鬼にスカウトすることを選んだのかもしれません

 

 

     

 


 

『黒死牟』は鬼として最強の存在でありますが、その過去には「縁壱」という史上最強の剣士がおります。

 

炭治郎を始め、鬼滅の刃に登場する長男の多くは、長男であることの責任として家族を守ろうと行動していますが、『黒死牟』は弟に嫉妬し憎悪し、挙句の果てには敵となる存在に堕ちてまで「縁壱」を殺そうと(=超えようと)しました。

 

しかし『黒死牟』の最期は、無限城での死闘の果てに、「縁壱」に対する憎悪から負けを認めようとしない醜い自分の姿を見たため崩れていきます。

 

最期の時まで思い出したくもない「縁壱」の顔を思い出していたことから、憎んでいた反面で焦がれていたことに気が付きます。

 

「巌勝」と「縁壱」が兄弟として生まれていなければ、おそらくこの二人はその時代を代表する剣士となり、鬼を殲滅させていたことでしょう。

 

『黒死牟』は運命が生みだした悲劇の剣士なのです。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ