狗巻棘が発するおにぎりの具の意味とは?発現したシーンをまとめた上で考察してみた

狗巻棘が発するおにぎりの具の意味とは?発現したシーンをまとめた上で考察してみた

 

主人公の虎杖悠二を含む呪術師たちと呪霊との壮絶な戦いが描かれている人気漫画「呪術廻戦」。

 

この作品では様々な呪術師や呪霊・呪詛師が登場しますが、中でも言霊を操る能力を持つ「狗巻棘」は会話の仕方がかなり異質で人気の高いキャラです。

 

「狗巻棘」と言えば会話のコミュニケーションのほとんどが「おにぎりの具」だという事はご存じの方も多いと思いますが、この「おにぎりの具」はそれぞれどんな意味を表しているのか気になる所です。。

 

そこで今回は「狗巻棘」がどうしておにぎりの具しか発しないのか、またそのおにぎりの具の意味などをご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【狗巻棘の能力「呪言」】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 0巻より引用

 

「狗巻棘」は呪術高専東京校2年で、階級は準一級術師です。

 

同期の禪院真希が四級でパンダが準二級となっており、2人ともかなりの実力者ではありますが、狗巻棘はそれよりも階級が上ですので、相当評価されていると言えます。

 

狗巻棘の能力は言霊を操る「呪言」という呪術で、名前の通り言葉に呪いをこめて発すると発動する能力です。

 

狗巻棘の呪言(呪術)についてはこちら➞【狗巻棘の呪術一覧!】

 

作中では言葉の意味通りに対象が止まったり、体の一部が捻じれたり粉々になったりと驚くほどの能力でした。

 

呪いをかける対象への言葉の意味合いが強いものほどリスクが高くなっており、対象を攻撃(命を奪う行動)するような言葉等は喉が潰れたりする等、自身にダメージが返ってくる事があります。

 

狗巻棘のこの能力は生まれつきで、過去に狗巻棘が無意識に友人と会話している際に友達を呪ってしまったという事があり、それ以来誰も傷つけさせたくないという想いから本人の中で無害と判断した「おにぎりの具」しか話さないようにしているようです。

 

Sponsored Link

 

【狗巻棘が使う言葉のおにぎりの具の種類】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 12巻より引用

 

上記でも記載しましたが、狗巻棘は誰かを傷つけない為に「おにぎりの具」だけを話すようにしています。

 

そのおにぎりの具はバリエーション豊かで、1つ2つではありません。

 

作中で登場していた狗巻棘が発した「おにぎりの具」は以下の通りです。

 

・しゃけ

・おかか

・ツナマヨ

・ツナ

・こんぶ

・すじこ

・高菜

・明太子

・いくら

 

上記の様に様々な「おにぎりの具」が登場しています。

 

使う頻度としては主に「しゃけ」や「おかか」が多いようですが、狗巻棘自身の言葉の表現として使い分けているようですので作中では狗巻が一番好きな具材「ツナマヨ」や「こんぶ」も多く登場していました。

 

Sponsored Link

 

【狗巻棘が使う言葉のおにぎりの具の意味】

 

それでは以下からは気になる「おにぎりの具」の意味をご紹介していきます。

 

原作者は「しゃけ」は肯定、「おかか」は否定と正式に公表していましたが、それ以外はわからないとの見解を記載していました。

 

しかし、他の具に関しても、その時のシーンによってある程度意味はわかってくるのではないかと考えます。

 

ということで、ここからはすでに分かっている「しゃけ」「おかか」以外に他にどんな意味があるのか?作中で棘が発現した言葉をまとめて、どんな意味が含まれているのか考察してみました。

 

▼表に表すとこんな感じ

【おにぎりの具】【意味】【発言収録話】
しゃけ肯定/同意/返事/賛同0巻1話

0巻2話

2巻10話

4巻32話

4巻33話

5巻36話

6巻46話

7巻54話

12巻100話

おかか否定/抗議/阻止0巻1話

0巻2話

2巻10話

3巻17話

4巻33話

5巻36話

7巻54話

ツナマヨ賛同/提案/返事0巻1話

0巻2話

2巻10話

6巻45話

ツナ不快感/呼びかけ0巻最終話

2巻13話

すじこ苦笑い・呆れ?/アピール/何かしらの意見0巻2話

0巻3話

2巻10話

7巻54話

明太子呼びかけ/了承/その他※10巻2話

0巻3話

5巻43話

12巻100話

こんぶ心配/不安を含んだ疑問形/返事/返答/拒否0巻1話

0巻2話

2巻12話

5巻43話

高菜「代われ」もしくは「下がれ」?/心配0巻2話

0巻最終話

6巻46話

いくらその他※15巻43話

 

上記表を見てみると、ある程度法則はありそうなのですが、一部の具は意味がその場のシーンによって変わってくるようです。

 

例えば「こんぶ」なんかは、相手の心配を気遣うように思えたり、返事や返答と捉えれるシーンもあり、さらには相手の言葉に対しての拒否とも伺えるシーンもあります。

 

また、すでに「しゃけ」は肯定、「おかか」は否定と作者が公表していましたが、各々シーンを見ると肯定や否定だけでなく、単純な返事や、ある事に対しての抗議といった意味として捉えれるシーンもあり、肯定、否定だけでなくもう少し広義な意味合いを持っていそうです。

 

棘自身発現する回数が少なく、登場回数も多くはない為、現状意味を絞るのは難しそうですが、さらに発現回数が増えたら、もう少し言葉の意味を絞れそうですね。

 

※今回はあくまでも考察の域であり、個人的な憶測にしか過ぎないものなので、確実なものではありません。

 

※1に関しては、5巻43話で棘が花御と遭遇した際に会話した部分がありますが、双方とも独自の言語体制を持っている為、表面上は何をしゃべっているかわからないシーンになります。

 

この時棘は「しゃけ」「いくら」「明太子」と発言しています。

 

「しゃけ」は花御の問いかけに対して、肯定の意味で発したんだと思いますが、その後の「いくら」「明太子」はどういう意味で発したのかはわかりません。(表面上会話とは言えない会話なので)

 

 

【「呪術廻戦」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「呪術廻戦」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「呪術廻戦1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、呪術廻戦以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、呪術廻戦のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!
 

以上が、U-NEXTで「呪術廻戦」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。


「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。


「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。
   
 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「呪術廻戦」・「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

         

 


 

いかがでしたでしょうか。

 

棘の会話はおにぎりの具しか話さないということで、そのまま読んだらよくわからないものですが、その時々のシーンの流れを注視していくとはある程度はわかってくると思います。

 

今後、作者から全部のおにぎりの具の意味を公表されるかもしれませんが、その前に自分で何を意味するのか?考えながら読むのもまた面白さが広がるかもしれませんよ。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ