禪院家の家系図はどうなっている?御三家の一つである名家の系譜をご紹介【呪術廻戦】

禪院家の家系図はどうなっている?御三家の一つである名家の系譜をご紹介【呪術廻戦】

 

「呪術廻戦」の禪院家は有名な呪術師の家系で、真希や真依も禪院家の一人です。

 

禪院家のキャラは登場数も多く複雑な関係なので、人物どうしがどんな関係なのか良く分かっていない方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな禪院家の家系図から、それぞれの人物どうしの関係を解説していきますので、作品を読む際の参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 

禪院家の家系図

 

タップして拡大

 

上の画像が、「呪術廻戦」の禪院家の家系図です。

 

禪院家は呪術界の御三家の一つに数えられるほどの名門で、古くからのしきたりや決まり事などを重んじます。

 

「禪院家に非ずんば呪術師に非ず、呪術師に非ずんば人に非ず」と言われるほど厳格な家系で、「相伝の術式を使える男性」でなければ人としての扱いすらしてもらえません。

 

次は「禪院家」の家系図を見ながら、その関係性を解説していきましょう。

 

 

家系図から見るそれぞれの関係性

 

①禪院直毘人と禪院直哉

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 138話より引用

 

まずは、禪院家の現当主である禪院直毘人からです。

 

禪院家は血筋を重んじる一族なので、現当主の直毘人は恐らく長男だと思われます。

 

禪院直哉は直毘人の実の息子ですが、複数の兄がいる末っ子のようです。

 

直哉は「兄さん方は皆ポンコツ」と言っているので、兄たちは相伝の術式が使えないのでしょう。

 

直毘人の死後、禪院家の当主に直哉が指名されていることから、直哉は相当な実力の持ち主であると考えられますね。

 

【禪院直哉】

禪院直哉は関西なまりのある青年で、新しく禪院家の当主になった人物です。

 

父親が死にそうになっている状況でもヘラヘラとしており、自分以外の実力のない術師を蔑んでいる態度から、原作ファンたちの中では「クズ」と呼ばれるほど。

 

しかし、その実力は本物で、虎杖と張相を相手にしても余裕が見られます。

 

自分の代わりに禪院家当主になる可能性のある恵を殺そうとしているので、そのうち能力なども分かってくるのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

②禪院扇と真希・真依

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 5巻より引用

 

禪院真希・真依の父親は禪院扇といい、直毘人の弟にあたる人物です。

 

禪院扇は特別1級術師で、禪院家の中でも当主に次ぐ権力を持っているようですね。

 

常に帯刀している刀を使って戦っており、真希の戦闘スタイルは父親譲りなのかもしれません。

 

真希と真依が呪力に恵まれなかったことで、禪院家の中では扇共々肩身の狭い思いをしていたのではないでしょうか。

 

真希たち以外に子供がいるかは不明で、これからの展開に注目したいところです。

 

Sponsored Link

 

③禪院家と伏黒家

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 138話より引用

 

ここから解説するのが、作中でも鍵となってくる禪院家と伏黒家との関係についてです。

 

伏黒恵は、もともと禪院家の生まれだった禪院(伏黒)甚爾と伏黒家の女性の間に生まれた子供です。

 

天与呪縛によって生まれつき呪力を持っていなかった甚爾は、禪院家を出て伏黒家に婿入りしました。

 

こうして生まれた恵は、禪院家の相伝術式である「十種影法術」を使えたため、父親の甚爾の手によって禪院家に売られることになります。

 

しかし、五条悟の一存で、恵は禪院家には入らずに呪術高専で働くことになったのでした。

 

五条悟は現在封印されていて意思能力がなくなっているので、恵は禪院家に迎えられ、そのまま当主になる可能性も充分あるのではないでしょうか。

 

【禪院甚壱】

禪院甚壱は無精髭を生やしたワイルドな男性で、額には大きな傷痕があります。

 

階級は特別1級術師で、禪院扇と並ぶほどの地位にあることから、実力も相当なものだと考えられます。

 

「甚爾と逆だったら良かった」という直哉の発言から、甚壱と甚爾は兄弟であると思われますが、その父親については全く触れられていません。

 

甚壱が一(壱)で、甚爾が二(爾)であることを考え合わせると、甚壱が長男で甚爾が次男なのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

④伏黒家

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 7巻より引用

 

前述したように、伏黒恵は禪院甚爾と前妻の間に生まれた子供です。

 

前妻を早くに亡くした甚爾は恵が小学校一年生の時に再婚しており、再婚した後妻の連れ子が津美紀です。

 

津美紀は恵よりも一つ年上で、腹違いの姉にあたるわけです。

 

再婚後すぐに両親が蒸発しているので、津美紀は恵にとっての親代わりともいえるでしょう。

 

そんな津美紀は高校生になってすぐに寝たきりになっており、何かの呪いが原因であることしか分かっていません。

 

 

【「呪術廻戦」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「呪術廻戦」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「呪術廻戦1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、呪術廻戦以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、呪術廻戦のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!
 

以上が、U-NEXTで「呪術廻戦」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。


「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。


「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。
   
 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「呪術廻戦」・「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

         

 


 

以上、「呪術廻戦」の禪院家について紹介してきました。

 

禪院家は伏黒恵をめぐって、まだまだ一悶着ありそうなので、これからのストーリー展開に注目しておきたいところです。

 

禪院家について気になるところがあった方は、これまでの単行本をチェックしてみてくださいね。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ