呪術廻戦の極ノ番について!種類や使用者をご紹介

呪術廻戦の極ノ番について!種類や使用者をご紹介

 

「呪術廻戦」で度々登場している単語「極ノ番」。

 

これまで頻度的に多く出てきていた言葉ですが詳細はまだ謎が多いので、気になっている人も多いと思います。

 

しかし原作134話でやっと「極ノ番」について夏油が解説しているシーンが登場しました。

 

現在「極ノ番」は使用しているキャラクターは非常に少なく現時点では3人のみです。

 

そこで今回は、「極ノ番」とは技なのか?そもそも「極ノ番」とは?などを現在わかる範囲でご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【極ノ番とは?】

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 134話より引用

 

それではここでは「極ノ番」についてご紹介します。

 

そもそも「極ノ番」とは何かというと、「術式の奥義のこと」です。

 

奥義というと「領域展開」なのではと思いますが、この「極ノ番」は【領域展開を除いた術式の奥義のようなもの】だと偽夏油が説明しているので、通常の術式を更に強化したものが「極ノ番」です。

 

簡単に説明すると↓

 

【術式】必殺技
【極ノ番】術式の奥義
【領域展開】呪術の奥義

 

強さの序列は「術式」<「極ノ番」<「領域展開」です。

 

通常術式の奥義であれば、正直誰でも使用できるのではと思ってしまいますが、残念ながら呪術師の中では誰も使用している者は確認されていません。

 

しかし、夏油が使用できるくらいですので五条悟などの特級術師レベルであれば使用できるでしょうから今後どんどん使用者が増えてくるかもしれません。

 

【極ノ番を発動しているのは現時点で3名】

原作136話までで確認できている極ノ番を使用したのは「夏油」「漏瑚」「壊相」の3名です。

 

●うずまき(呪霊操術)

●翅王(蝕爛腐術)

●隕(不明)

 

それぞれ術式名も判明していますが、「漏瑚」だけは術式名は明かされないままとなりました。

 

Sponsored Link

 

【極ノ番使用者一覧】

 

【夏油/偽夏油(げとう)】

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 0巻より引用

 

【術式名】

呪霊操術 極ノ番【うずまき】

 

初登場 0巻(最終話) 乙骨相手に使用

 

取り込んだ呪霊を1つにまとめて強力な呪力として放つ術式で、これまでに2度披露されています。

 

1度目は、コミックス0巻にて乙骨との戦いの際に使用されましたが、その際はその威力を披露する前に乙骨の特級呪霊に負けてしまいました。

 

この時に使用していたのは夏油で、コミックス0巻で本物の夏油は死亡しその後登場しているのは偽夏油となっていたことが確定していますので、その後使用したのは偽夏油でした。

 

2度目の際は134話で京都校の生徒たちに放ったものでその威力は、何が起こったのかわからない描写で相当な威力を放っていました。

 

ちなみに、「うずまき」に使用する呪霊が1級以上の場合はその呪霊が使っていた術式も引き出すことが出来ます。

 

Sponsored Link

 

【壊相(えそう)】

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 7巻より引用

 

【術式名】

蝕爛腐術 極ノ番【翅王(しおう)】

 

初登場 60話(7巻) 虎杖・釘崎相手に使用

 

壊相の「極ノ番」翅王が披露されたのは虎杖と釘崎との戦闘の際に使用されました。

 

背中からアゲハチョウの様な羽が生えているのが印象的で、毒性の強い血を羽の様な形に広げ血を飛ばし範囲内の対象者に当てて攻撃する技です。

 

翅王で対象を腐触させもう1つの術式【朽】で殺すという流れで完成されるのが壊相の戦い方です。

 

さらに発動中は飛ぶことが出来まさに蝶の様です、美しいかは疑問が残りますが…。

 

しかし欠点は意外にも遅く、虎杖は釘崎を担いで走っても逃げられるスピードでした。

 

Sponsored Link

 

【漏瑚(じょうご)】

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 13巻より引用

 

【術式名】

極ノ番 【隕(いん)】

 

初登場 115話(13巻) 両面宿儺相手に使用

 

渋谷襲撃編で宿儺と戦った際に使用していました。

 

漏瑚の場合は術式名が明かされていませんが、「隕」という技名だけ判明しています。

 

作中では宇宙からの隕石が落ちてきたのではないかと思う位スケールの大きい技となっていました。

 

「隕」は炎に覆われた巨大なものを落とす技で、まさに隕石です。

 

漏瑚曰く当たれば宿儺でさえもただでは済まないと断言するほど強力なものの様でしたが、「隕」の欠点はスピードが遅く案外簡単によけることが出来るようで結果的に宿儺に当てることが出来ず、壮絶な戦いの後殺されてしまいました。

 

 

【「呪術廻戦」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「呪術廻戦」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「呪術廻戦1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、呪術廻戦以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、呪術廻戦のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!
 

以上が、U-NEXTで「呪術廻戦」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。


「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。


「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。
   
 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「呪術廻戦」・「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

         

 

「極ノ番」についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

「極ノ番」はまだまだ不明点も多く、使用者も少ない為まだ謎の多い術式の奥義です。

 

今後、どんな発動条件があるのかなど解明されていくと思われますので物語の展開に注目しながら、もう一度「呪術廻戦」を読み返してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ