裏梅の呪術一覧!氷の術式「氷凝呪法」について【呪術廻戦】

裏梅の呪術一覧!氷の術式「氷凝呪法」について【呪術廻戦】

 

「呪術廻戦」の登場キャラの中で謎の多い人物「裏梅(うらうめ)」

 

裏梅はコミックス7巻の交流戦後に初登場し、夏油の側近として常に行動を共にしています。

 

その後から登場する事がなかった裏梅は「呪霊なのか?人間なのか?」・「目的や真意は」等が不明で、とにかく謎多き人物でしたが原作で徐々に明らかになってきました。

 

今回は、現時点で判明している「裏梅の目的・呪術等について」ご紹介していきますので参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

 

【裏梅について】

 

【裏梅(うらうめ)
 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 7巻より引用

 

【所属】【等級】
偽夏油一派 (宿儺の配下)不明
【年齢】【誕生日】
不明不明
【身長】【体重】
不明不明
【声優】
未定
【使用術式】
氷凝呪法(ひこりじゅほう)
その他能力
反転術式

 

Sponsored Link

 

【裏梅の目的・正体】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 14巻より引用

 

両面宿儺と裏梅は旧知の仲の様です。

 

「渋谷事変」にて長期にわたって宿儺が虎杖を乗っ取った際、突如として現れた裏梅が「お久しゅうございます、宿儺様。」と頭を垂れる描写があるので、2人の関係性は上司と部下だったのでしょう。

 

以前の関係というのは宿儺が存在していた1000年前のことなので、裏梅は1000年前から存在している人物という事になります。

 

なぜ夏油と行動を共にしているのかというと、その真の目的は明らかにされていませんが、描写から推測するに「宿儺の完全復活」が彼女の目的の可能性が大です。

 

彼女にとって真の上司は宿儺ただ一人で、夏油は宿儺復活の為の道具としか考えていないのかもしれません。

 

そしてこれまで呪霊なのか呪詛師(人間)なのか謎に包まれていた人物でしたが、反転術式を使って肉体を再生していたため呪詛師だという事が確定しました。

 

戦闘においては呪力コントロールも天才的で回復も攻撃も可能にする戦闘技術を持っている事から、特級レベル以上の実力の持ち主です。

 

【裏梅が生き永らえていた理由(仮説)】

普通1000年もの年月が流れているならば朽ちてると思いますが、裏梅の場合は老いることなく存在しています。

 

裏梅が呪霊であれば1000年身を潜め生き永らえていた事は納得できますが、裏梅が人間(呪詛師)という事が確定したので、なぜ肉体が老いていないのか疑問が残ります。

 

裏梅がなぜ1000年もの年月経て現代に存在しているかという仮説を2パターン紹介します。

 

【仮説① 獄門彊(ごくもんきょう)】

現在、五条悟が封印されている「獄門彊」。

 

獄門彊は五条悟が封印された際に解説されていましたが、「万物を封印できる特級呪物」で内側では時間が止まっている為その中にいた者は肉体が老いることがないとされています。

 

また獄門彊は「1000年間封印可能で1名だけ」と夏油が説明していました。

 

それを踏まえると、1000年前に裏梅が何者かに獄門彊で封印され、現代で獄門彊を所持している夏油によって解放され、再び空になった獄門彊に五条を封印したのではないかと考えられます。

 

さらに裏梅もこれ以上待たせるなとイラついているシーンもあることから、獄門彊に封印されていたことが伺えるのではないでしょうか。

 

【仮説② 術式】

裏梅は氷を扱う呪詛師ということは既に判明しています。

 

1000年もの間生身の人間が生き永らえたのには「何かの縛りを科して氷の術式を使用して冬眠していたのではないか」と思われます。

 

1000年もの間冬眠をするという行為は相当な強い術式が必要とされるので、その力を発動する為には自身に縛り(制約)を科さなければ実現させるのは無理たと考えられます。

 

縛りとは、制約を作り術式の効果を底上げすることで、「自分への縛り」と「他者との縛り」2通りあります。

 

裏梅の場合は自身に何らかの制約を作ったのでしょう。

 

例えば1000年前の宿儺が亡くなる直前に、宿儺が裏梅に対して「いつしか俺の肉体となる器が現れたら蘇らせろ」といった発言をしていたとします。

 

裏梅は宿儺亡き後、宿儺の命令通り動く為に「宿儺様の器が現れるまで冬眠、その変わり冬眠から目覚めたら1年しか生きられない」という縛りを科し術式を発動させた。

 

縛りは自身が大きいデメリットを背負う程、リターンも大きくなってきます。

 

いつ見つかるかわからない宿儺の器が現れるのを待つにはどうしても強力な術式を発動しなくてはならない為、このような縛りを科し術式を発動させ、結局1000年後に器が見つかり、冬眠が解かれたのではないでしょうか。

 

Sponsored Link

 

【裏梅の呪術一覧】

 

【氷疑呪法 霜凪 (しもなぎ)

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 135話より引用

 

【特徴】

初登場 135話 脹相・加茂・虎杖・日下部相手に使用

 

氷擬呪法は絶対零度の氷を生み出す術式で敵の攻撃を氷の壁を作り防いだり、刃物のような形に作り替え攻撃したりと万能な術式です。

 

またその範囲も広く多数の相手を一網打尽にすることもできます。

 

この「霜凪」は、口から出す冷気で一面を氷漬けにし、対象を拘束します。

 

攻撃範囲は非常に広く、氷漬けにされた者はしばらく身動き一つとれなくなってしまいます。

 

Sponsored Link

 

【氷疑呪法 直瀑 (ちょくばく)

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 135話より引用

 

【特徴】

初登場 135話 脹相・加茂・虎杖・日下部相手に使用

 

巨大な氷を出現させ対象の上から一気に出現した氷を落とす技でこの術の回避は難しい。

 

また鋭利な形状になっており当たると即死レベルの恐ろしい氷です。

 

 

【「呪術廻戦」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「呪術廻戦」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「呪術廻戦1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、呪術廻戦以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、呪術廻戦のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!
 

以上が、U-NEXTで「呪術廻戦」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。


「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。


「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。
   
 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「呪術廻戦」・「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

         

 

裏梅について現時点で判明している事をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、呪術廻戦を改めて読んでいただき裏梅の活躍を見直してみて今後の彼女にも注目してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ