呪術廻戦の加茂憲紀の呪術!血液を操る特殊な術式をご紹介

呪術廻戦の加茂憲紀の呪術!血液を操る特殊な術式をご紹介

 

「加茂憲紀」は呪術高専京都校の3年生で呪術師としての階級は1級呪術師。

 

東京校との姉妹交流会の際に初登場しました。

 

長い黒髪に和服姿で古風なイメージがあり、一見とても穏やかにも見えますが、初回登場時では虎杖を殺す事を目論んでおり冷酷な一面を最初から見せていました。

 

以下からはそのミステリアスな加茂憲紀についてを深堀してご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

【加茂憲紀について】

 

【加茂 憲紀(かも のりとし)】
 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 4巻より引用

 

【所属/等級】
準1級
【年齢】【身長】
高校3年生約175㎝
【使用術式】
赤血操術(せっけつそうじゅつ)

 

呪術界のエリート家系【御三家】

 

「禪院家」・「五条家」・「加茂家」があり、加茂憲紀は加茂家に6歳の時に嫡男として迎えられ、現在では加茂家次期当主の後継者です。

 

【側室の子】

加茂憲紀は実は加茂家の側室の息子だったという事が判明しました。

 

正妻が加茂家の術式を継承できる子を授かることが出来なかった為、術式を継承できた憲紀が本家に迎え入れられた経緯があります。

 

加茂家の中でもそれを快く思わない人たちから憲紀の母親は「穢れた側妻」と言われ、酷い虐めを受ける事となってしまい挙句に加茂家から追い出されてしまいます。

 

「私がいると憲紀の邪魔になるから」と言って別れた母。

 

いつの日か迎えに行くため加茂家の当主になるという強い決意を固めています。

 

Sponsored Link

 

【特殊な術式「赤血操術」】

 

加茂憲紀の使う術式は「赤血操術」という自分の血とその血が付いたものを操ることが出来る加茂家に代々伝わる術式です。

 

戦い方としては、自分の血を矢につけておきそれを放った際に軌道を変えたりしながら本来の弓矢の原則を無視した攻撃が可能となっています。

 

また、「赤血操術」は自身の血を使うリスキーな術式ですが、毎回大量の血を流していては戦いの度に貧血を起こしてしまう恐れがあるので、事前に自分の血を献血の際に使うようなパックに入れて常備しています。

 

【ドーピング作用】

弓矢に血をつけて放つと行動の法則を操ることが可能なことは上記でご紹介してきましたが、それ以外にも自分の血中成分を操作し身体能力を向上させるドーピング効果もあります。

 

また、その加茂憲紀の術式に対しメカ丸は「近・中・遠距離に対応できるバランス力」と評価している程です。

 

さら、常に冷静さのある切れ者で敵に回したくない人物と言えます。

 

【加茂憲紀の呪術一覧】

 

それではここからは、加茂憲紀の呪術についてご紹介していきます。

 

加茂憲紀の術式は「赤血操術」を基準とした技となっていますので、自身の血を用い戦っています。

 

【赤鱗躍動 (せきりんやくどう)

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 5巻より引用

 

【特徴】

初登場 43話(5巻) 伏黒恵相手に使用

 

自分の体温や脈拍などの血中成分まで自由に操ることが出来、それを操ることでスピード向上やパワーアップに役立てており、主に接近戦に適した術式です。

 

伏黒と戦った際は片方の目から血が出ていますので、より血の巡りを操作するともしかすると両目から血が出るのでしょうか…。

 

Sponsored Link

 

【赤縛 (せきばく)

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 6巻より引用

 

【特徴】

初登場 44話(6巻) 伏黒恵相手に使用

 

血液を対象にかけて、相手を縛る術式です。

 

対伏黒戦では伏黒の鵺を動けなくしてしまいました。

 

【苅祓(かりばらい)

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 6巻より引用

 

【特徴】

初登場 45話(6巻) 花御相手に使用

 

血液を大きな円状の手裏剣の様な形に作り投げつける遠距離型の攻撃。

 

相当な斬撃で当たると体ごと切断される恐ろしい凶器です。

 

対花御戦に使用した際では、顔面にヒットしたにも関わらずダメージを与える事すらできなかったため、威力はさほど無いものと思われます。

 

Sponsored Link

 

【百斂  穿血(びゃくれん せんけつ)

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 6巻より引用

 

【特徴】

初登場 46話(6巻) 花御相手に使用

 

「百斂」は血液を限界まで圧縮する技です。

 

しかしこれだけでは対象には攻撃に至りません。

 

「百斂」で限界まで圧縮した血液を槍の様に一点から打ち出す「穿血(せんけつ)」を作り出します。

 

その撃ち出すスピードは音速をも超えるとされています。

 

 

【「呪術廻戦」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「呪術廻戦」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「呪術廻戦1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、呪術廻戦以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、呪術廻戦のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!
 

以上が、U-NEXTで「呪術廻戦」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。


「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。


「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。
   
 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「呪術廻戦」・「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

         

 

加茂憲紀についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

今回の記事で興味が湧きましたら、最初から漫画を読んで加茂憲紀の強さを再確認してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ