五条悟の過去!高校時代から教師になるまで生い立ち【呪術廻戦】

五条悟の過去!高校時代から教師になるまで生い立ち【呪術廻戦】

 

最強の術師であり、主人公の虎杖悠仁らの教師でもある五条悟。

 

自由奔放な性格や軽口から周りを振り回す困った人物かと思いきや、戦いとなると先生として頼りになる一面もあるミステリアスなキャラクターです。

 

普段は目隠しやサングラスなどで隠している素顔も格好良いと評判の五条先生ですが、彼は一体どんな人物なんでしょうか。

 

この記事では、五条悟の持つ能力の数々や高校時代の出来事(過去)に焦点を当ててご紹介します。

 

Sponsored Link

 

【五条悟について】

 

【五条 悟(ごじょう さとる)】
 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 1巻より引用

 

【所属】【等級】
呪術高専 東京校(教師)特級呪術師
【年齢】【誕生日】
28歳12月7日
【身長】【体重】
約190cm不明
【使用術式】
無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)
領域展開】
無量空処(むりょうくうしょ)

 

冒頭でも触れましたが自他ともに認めるほど現代において最強の呪術師が五条悟です。

 

五条悟は呪術師の名門である御三家の一つ「五条家」の出身で、祖先は菅原道真という呪術界のサラブレッドであり、現在4人しかいないとされる特級呪術師の1人という才能が飛び抜けている人物です。

 

対象の呪術や呪力を解析する「六眼(りくがん)」という目を持ち、対象と自分との間に無限を作り出す「無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)」の使い手です。

 

二つを併せ持った五条は数百年の逸材と言われており、五条悟という人物がもし死亡した場合「呪術界の均衡が崩れ世界が崩壊する」とも言われています。

 

【五条が最強と言われる理由!】

「六眼」と「無下限呪術」だけでも最強ですが、五条は呪術師の中でも限られた使い手しかいない領域展開も使用できます。

 

そして五条が扱う領域展開である「無量空処(むりょうくうしょ)」の効果は、対象に無限の知識を強制的に相手に与えるというもの。

 

無限の処理能力を与えられた相手は無限ループに陥ってしまい、五感を失い脳の処理が追いつかないせいで身動きが取れなくなってしてしまいます。

 

「無量空処」を簡単に説明すると、パソコンやスマホに複雑な処理をさせすぎるとフリーズしたり、最悪の場合には負荷がかかりすぎて電源が落ちてしまったりしますよね。

 

相手をそんな状態にさせてしまうことでき、気を取られてしまっている相手は無防備になってしまうため自由に動ける五条はやりたい放題にできると言う訳です。

 

領域内に引き込まれてしまったが最後、相手には対処ができないチート級の技です。

 

Sponsored Link

 

五条悟の過去①【星漿体護衛任務の悲劇】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 8巻より引用

 

六眼に無下限、そして領域展開「無量空処」と強力な能力が揃っているため無敵のようにも思えてしまう五条ですが、そんな彼が敗北を喫してしまう事件が過去に一度だけありました。

 

それは五条が呪術高専に生徒として通っていた時代のこと。

 

呪術高専最強コンビの五条悟と夏油傑は都立高専の奥深くに存在する天元様の依代である星漿体として育てられてきた少女”天内理子”の護衛任務を受ける事になりました。

 

天内を狙っていたのは世界の転覆を狙う「呪詛師集団”Q”」、そして崇めている天元様に不純物が混ざってしまうのを阻止したい「盤星教”時の器の会”」という組織です。

 

この事件で五条たちにコテンパンにやられて失敗してしまったせいで「呪詛師集団”Q”」は程なく解散していますが、真に問題だったのは非術師の集まりのため大したことは出来ないだろうと思われていた「盤星教」でした。

 

「盤星教」は、自分達には星漿体である”天内理子”を殺害する実力が無い為、天内に懸賞金を賭け、野良の呪詛師に天内を襲わせます。

 

懸賞金に釣られた野良の呪詛師が集まり天内の命を狙いますが、最強を自称する五条・夏油に立ち塞がった刺客たちの多くは相手になりませんでしたが、侮れない相手が1人潜んでいました。

 

その侮れない人物というのが、類稀なる身体能力を得た天与呪縛の持ち主”術者殺し”伏黒(旧姓:禅院)甚璽です。

 

伏黒は依頼金の300万を理子殺害の懸賞金として呪詛師集め、五条と夏油の体力を削ってから最後に自分が始末するという姑息な作戦を計画します。

 

伏黒の放った刺客たちから五条たちが守り、無事に都立高専まで天内を送り届ける事には成功したのですが、長く続いた任務の緊迫した状況で術式を使い続けた五条の神経はすり減らされ、更に任務の達成によって安心したところを見計って伏黒が急襲。

 

伏黒は術式を無効化する特級呪具を扱い、長期の護衛任務で神経を削られていた五条・夏油と死闘を繰り広げますが、五条は喉に刃を刺され上半身を斬られ死亡、夏油は瀕死の重傷を負います。

 

守るはずだった天内も天元様と同化する寸前に伏黒の手によって殺害されてしまい、星漿体護衛任務は失敗に終わります。

 

【五条悟が覚醒!死んでいなかったが…】

五条が死んでしまうとは驚きの過去ですが実は死んだと思っていた五条は生きていました。

 

死んでしまう寸前で反転術式に目覚めた五条は、瀕死の体を呪力で再生して復活したのです。

 

死の淵から帰ってきたせいかハイになって頭が冴え渡っていた五条は理論だけは頭にあったもののコントロールできなかった術式反転「赫」と虚式「茈」を使いこなし今度は伏黒を圧倒的な力でトドメを刺しました。

 

天内理子の遺体を回収した五条でしたが、異物だった少女が殺害されて拍手を送る盤星教信者たちの殺害を提案します。

 

幸い夏油が却下したお陰で提案が実際に行動に移される事はありませんでした。

 

Sponsored Link

 

五条悟の過去②【親友夏油の裏切り】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 9巻より引用

 

星漿体護衛任務から1年後、親友であった夏油と袂を分つ事になってしまいます。

 

先述した星漿体護衛の最中にあった出来事を切っ掛けに夏油の中では正しいことの基準が揺らいでいました。

 

五条が単独で任務に赴く事が増えた影響で同じく単独任務の増えていった夏油は呪霊を祓い取り込む過程を繰り返す中で次第に病んでいきます。

 

そんな折に夏油の元を訪れたのが特級呪術師の九十九由基(つくもゆき)でした。

 

この世から呪霊を消滅させる方法を研究していた彼女との会話で非術師を全滅させれば良いという過激な思想に触れた夏油の心の中では更に天秤が揺らいでいきます。

 

更に悩む夏油に追い討ちをかけるように任務中の事故で純粋で真っ直ぐな後輩の灰原が死亡、夏油の中で次第に非術師は命をかけてまで守るべきものなのか……という思いが深まっていきます。

 

気持ちが揺れる夏油は任務で田舎村に向かった際、非術師の村人が術師の才能を持つ双子を虐げているのを目の当たりにしてしまいます。

 

本当に間違っている、守るべきものなのはどっちなのか……確信した夏油は村人を全員殺害する決断をとって呪術界から追放され、処刑対象になってしまいます。

 

【夏油との決別】

夏油が非道な行いを果たし、逃亡の身になってしまったことが信じられない五条。

 

たまたま街中で夏油と家入が出会ったおかげで五条は夏油との再会を果たします。

 

夏油に直接理由を問いただそうとする五条だったが夏油との議論は平行線を辿ってしまいます。

 

最後に自分の決めた生き方を精一杯やると語って場を去る夏油を五条はその手にかける事ができなかった。

 

逃してしまった理由は五条に聞いた夜蛾が彼の返答に口をつぐんでしまったため語られていません。

 

その後の夜蛾との会話を見るに、元親友であった五条と夏油との私情の問題で殺せなかったのではないかと思われます。

 

Sponsored Link

 

五条悟の過去③【教師となった五条】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 0巻より引用

 

五条も星漿体の事件を切っ掛けに今までの考えを改める事になりました。

 

最強な五条でしたが、自分が救うことが出来るのは他人に救われる準備があるやつだけだと思い知った。時を経て五条は都立呪術高専の教師に就任します。

 

五条は伊知地に夢を語った際に腐った呪術界をリセットするために皆殺しではなく強く聡い仲間育てること、教育を選んだと語っています。

 

乙骨や虎杖という特別な才能を持ちながらも呪いに近い立場のせいで排除されてしまう人間を救ったり、禅院家に売られてしまう約束になっていた伏黒恵の後見人になったりと見込みのある人物を集め、五条が教師になって後進を育成する立場になったのはそんな彼自身の目的があってこそになります。

 

【夏油の死】

物語が開始する一年前、虎杖と同じく抹殺指定対象となった当時の都立高専一年生である乙骨憂太が持つ”特級過呪怨霊”折本里香を手に入れるために呪詛師たちを引き連れて夏油は決起します。

 

乙骨との直接対決で夏油が敗れた事で計画は失敗、親友の五条の手によって殺害されます。

 

余談ですが上記の通り、夏油は物語が開始する以前に一度死んでいる人物です。

 

なぜ死んでいるはずの彼が今現状登場しているのか、その謎は現段階で不明です。

 

現状では「偽夏油」として正体不明が誰なのかわからないまま登場しています。

 

 

【「呪術廻戦」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「呪術廻戦」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「呪術廻戦1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、呪術廻戦以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、呪術廻戦のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!
 

以上が、U-NEXTで「呪術廻戦」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。


「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。


「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。
   
 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「呪術廻戦」・「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

         

 

いかがだったでしょうか。

 

五条が教師になった目的や親友であった夏油と仲違いしてしまった理由には過去の出来事が深く関わっていたのですね。

 

現在は夏油たちが計画していた作戦が結構されハロウィンの渋谷を舞台に五条封印を巡る戦いが繰り広げられています。

 

果たして戦いの行方はどうなってしまうのか……その結末は自分の目で確認してみてください。

Sponsored Link

   

関連コンテンツ