陀艮(だごん)の呪術一覧!術式や領域展開をご紹介【呪術廻戦】

陀艮(だごん)の呪術一覧!術式や領域展開をご紹介【呪術廻戦】

 

「呪術廻戦」に登場する特級呪霊【陀艮 (だごん)】

 

夏油傑一派と共に行動してますが、物語の序盤から出番の多かった漏瑚や花御とは異なり、渋谷事変までは目立った活躍はないため、序盤から登場していたことにさえ気づかない方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな陀艮(だごん)についてご紹介していきますので参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 

【陀艮(だごん)について】

 

【陀艮(だごん)】
 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 13巻より引用

 

【等級】
特級

 

陀艮 (だごん) はタコのような頭をした呪霊で見た目はめちゃくちゃ弱そうな風貌ですが、呪霊の中でも最も危険な特級呪霊に分類されています。

 

真人や漏瑚、花御に対する仲間意識はかなりのもので、花御の死に対して激昂するなど人間らしい一面もみられる呪霊です。

 

ここからは陀艮の特徴について、順を追ってご説明していきます。

 

【呪胎(じゅたい)からの覚醒】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 12巻より引用

 

もともとの陀艮はただの呪胎で、その姿は弱々しく性格も臆病でした。

 

しかし、同胞だった花御の死に対する怒りをきっかけとして、成熟した呪霊へと成長します。

 

呪胎として何十人もの人間を食べていた陀艮は、サナギから羽化する蝶のごとく覚醒します。

 

その後も名前を呼ばれなかったことに対してイラッとしたり、敵の単純な戦術にハマってしまったりと、まだまだ幼さが残る場面もいくつか見られました。

 

【原作では10話から登場】

陀艮が活躍したのは渋谷事変ですが、原作では序盤の10話から数回にわたって姿を確認することができます。

 

呪霊としてはまだまだ未熟で、言葉もしゃべれなかったことから、前線に出ることは控えていたのでしょう。

 

成体としてのムキムキな姿はなくマスコット的な可愛さがあるので、気になった方はチェックしてみてください。

 

Sponsored Link

 

【海を怖れる心が生んだ呪霊】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 13巻より引用

 

陀艮は「人間たちが海を恐れる心が生んだ呪霊」で、海に関係する多くの術式を使うことができます。

 

水を自由自在に操るだけではなく、海の生物を模した式神を使役しながらの中〜遠距離戦が得意です。

 

「海は万物の生命の源」という言葉通りの膨大な呪力をもとにした術式と、異常なまでのタフさを兼ね備えた特級呪霊です。

 

【陀艮の領域展開】

陀艮の領域展開は海辺のリゾート地を思わせるようなもので、陀艮が戦うにはうってつけの条件となっています。

 

物語の序盤では真人と夏油傑が陀艮の領域内でくつろいでいるシーンも見受けられ、見事な伏線の回収となっています。

 

呪胎のときから領域展開を習得していたことからも、陀艮の強さがわかるのではないでしょうか。

 

【一級呪術師を数人相手に圧倒する実力】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 13巻より引用

 

呪胎からの覚醒を果たした陀艮は、一級呪術師の七海建人と禪院直毘人らと戦闘になります。

 

覚醒したばかりで身体がうまく動かなかったのか、序盤は防戦一方になる陀艮。

 

しかし、領域展開を発動してからは一転して優勢に。

 

途中から参戦してきた伏黒恵の領域展開にも押し負けず、四人もの呪術師を相手にして互角以上の戦いを繰り広げ、特級呪霊としての強さを充分に見せつけています。

 

【陀艮の呪印】

陀艮は領域展開を発動する際に、手で印を結ぶ代わりに腹部に呪印を描くことによって領域展開を発動させました。

 

これは禪院直毘人に右手を封じられたことへの苦肉の策で、呪印は「大黒天が持つ宝の入った袋」である宝袋 (ほうたい) がモチーフとなっています。

 

領域展開を発動する方法にも、いくつかの方法があるようです。

 

Sponsored Link

 

【陀艮(だごん)の 呪術一覧】

 

【死累累湧軍 (しるるゆうぐん) 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 13巻より引用

 

【特徴】

初登場 108話(13巻) 七海建人・禪院直毘人・禪院真希相手に使用

 

海の生物を模した無尽蔵の式神で攻撃する技。

 

式神たちは見た目通りに向かってくるのではなく、対象に当たるまで存在すらしません。

 

気付いた時には、身体の肉を抉られているという必中効果が高い恐ろしい術式です。

 

【領域展開「蕩蘊平線 (たううんへいせん) 」

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 13巻より引用

 

【特徴】

初登場 108話(13巻) 七海建人・禪院直毘人・禪院真希相手に使用

 

海辺のリゾート地を思わせるような陀艮の領域展開。

 

死累累湧軍と組み合わせることによって、ただでさえ強力な術式の効果をさらに高めることができます。

 

 

【「呪術廻戦」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「呪術廻戦」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「呪術廻戦1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、呪術廻戦以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、呪術廻戦のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!
 

以上が、U-NEXTで「呪術廻戦」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。


「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。


「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。
   
 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「呪術廻戦」・「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

         

 

以上、「呪術廻戦」のキャラクターである陀艮について紹介してきました。

 

陀艮は作中で見た目が大きく変化した、珍しいタイプの呪霊です。

 

陀艮についてもっとよく知りたいと思った方は、原作の方も読んでみてくださいね!

Sponsored Link

   

関連コンテンツ