漏瑚(じょうご)の呪術!炎を扱う強力な術式【呪術廻戦】

漏瑚(じょうご)の呪術!炎を扱う強力な術式【呪術廻戦】

 

「呪術廻戦」に登場する漏瑚 (じょうご) は、呪霊たちの中でも特段強い特級呪霊です。

 

感情表現が豊かである一方で強い信念も持っており、とても親しみやすい呪霊といえるのではないでしょうか。

 

今回はそんな漏瑚について紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

Sponsored Link

 

【漏瑚(じょうご)について】

 

【漏瑚(じょうご)】
 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 2巻より引用

 

【等級】
特級

 

漏瑚は真人らと共に人間を滅ぼそうとしている呪霊で、呪霊の中でも最も危険な特級呪霊に分類されています。

 

「頭が火山のようになっていて目は一つ」という個性的な外見をしているため、とても印象深い人が多いのではないでしょうか。

 

ここからはそんな漏瑚の特徴を順番にみていくことにしましょう。

 

【特級呪霊の中でもかなり強い部類の呪霊】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 13巻より引用

 

漏瑚は「人間たちの大地への怖れ」から生まれた呪霊で、炎を使った攻撃的な術式を用います。

 

その実力は花御や陀艮といった他の特級呪霊たちをしのいでトップクラス。

 

一級呪術師の七海建人や禪院直毘人、二級呪術師相当の強さの禪院真希を瞬時に倒したことからも、その強さを知ることができるでしょう。

 

具体的には全盛期の宿儺の半分ほどの強さのようですが、宿儺は作中で圧倒的すぎるほどの強さなので、半分とはいえ充分すぎる強さです。

 

領域展開や領域展延もお手の物で、炎の使い手としては最も優れているといえるでしょう。

 

最終的には宿儺との真っ向勝負にて敗れ去りますが、宿儺からも「オマエは強い」と評価されました。

 

【弱くみられがちな漏瑚】

一級呪術師たちを圧倒し、特級呪術師にも引けを取らない強さの漏瑚。

 

しかし、格上の宿儺や五条悟ばかりと戦うことが多く、その度にボコボコにされているので弱くみられがちなところがあります。

 

五条悟には「君弱いもん」と一蹴され、宿儺には「一撃でも入れられたら言うことを聞こう」と舐められっぱなし。

 

対戦相手に恵まれなくて、少しかわいそうなところがありますね。

 

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 13巻より引用

 

Sponsored Link

 

【呪霊としての信念をもっている】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 4巻より引用

 

漏瑚は人間たちをひどく憎んでおり、人間や呪術師を全て消し去って呪霊たちだけが生きる世界を作ろうとしています。

 

というのも、人間がもつプラスの感情には必ず裏があり、偽りの感情であることも多いため、この世界の支配者である「人間」として不適格であると考えているからです。

 

その一方で、憎悪や殺意といった負の感情は嘘偽りのない真実の感情であるため、負の感情から生まれた呪霊こそが「真の人間」として生きるべきだと主張しています。

 

五条悟に圧倒的な力の差を見せつけられても、新たな人間としてのプライドから向かっていくことをやめませんでした。

 

【冷静な判断能力もある】

一般的な呪霊は感情のままに行動し、ほとんど知能がありません。

 

しかし、漏瑚には冷静な判断能力があり、今のままでは到底人間には敵わないことも分かっています。

 

嫌っているはずの人間の夏油傑に助力を求めたのも、それが理由でしょう。

 

「百年後に呪いが人として立っていれば、それは自分でなくてもいい」という発言も、漏瑚なりに現状を見極めた上での言葉なのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

【親しみやすいキャラクター】

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 2巻より引用

 

人間を憎み、無差別に殺す残虐さを何度も見せている漏瑚ですが、どこか愛せるところがあってファンからの人気も高いです。

 

興奮すると頭の火山が噴火したり、五条悟の手を恐る恐る握ったりと外見からは想像できない親しみやすさがあります。

 

五条悟に領域展開を破られてからというもの、かたくなに領域展開を使わなくなったところが個人的には好きです。

 

【人気投票での漏瑚の順位】

2019年4月に行われた人気投票において漏瑚は呪霊の中では最も順位が高く、人気が高いことが証明されました。

 

主な呪霊たちの順位は以下です。

20位:漏瑚

25位:真人

32位:花御

(陀艮はおそらく対象外)

 

当時、呪霊の登場は少なかったため、次の人気投票ではもっと上の順位も狙えるかもしれませんね。

 

Sponsored Link

 

【漏瑚(じょうご)の 呪術一覧】

 

【火礫蟲 (かれきちゅう) 

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 2巻より引用

 

【特徴】

初登場 14話(2巻) 五条悟相手に使用

 

飛行能力をもった蟲を相手にいくつも浴びせる技。

 

蟲に触れるとまず音を発して相手をひるませ、そのあと爆発を引き起こすという器用な術式です。

 

Sponsored Link

 

【領域展開「盖棺鉄囲山 (がいかんてっちせん) 」

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 2巻より引用

 

【特徴】

初登場 15話(2巻) 五条悟相手に使用

 

火山の内部のような漏瑚の生得領域を具現化した領域展開。

 

普通の呪術師であれば、領域に入った時点で死んでしまうほど過酷な環境となっています。

 

Sponsored Link

 

【極ノ番「隕」

 

©芥見下々/集英社
呪術廻戦 13巻より引用

 

【特徴】

初登場 115話(13巻) 両面宿儺相手に使用

 

巨大な隕石のようなものを落下させる技。

 

街の一角を消滅させるほどの威力がありますが、発動に時間を要するため避けるのが一番良い対処方法になります。

 

 

【「呪術廻戦」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】

 

 

「呪術廻戦」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス「U-NEXT」です!

 

なぜ、「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。

 
【おすすめする理由】
U-NEXTでは「お試しキャンペーン(31日間無料トライアル)」を実施しています。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「呪術廻戦1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。
加入特典としてプレゼントされる600Pは、呪術廻戦以外の作品でも600P以内の映像作品・電子書籍の購入が可能。
「31日間無料トライアル期間中」なら、呪術廻戦のアニメ作品や見放題対象作品(アニメ・洋画・邦画・声優番組など)もついでに視聴可能!
 

以上が、U-NEXTで「呪術廻戦」を読むのにおすすめする理由です。

 

「U-NEXT」の詳細についてはこちら↓

 
【U-NEXT】
【無料トライアル期間】【有料会員の月額料金】
登録してから31日間(初回登録の方のみ)2189円(税込)
【無料トライアルで得られるポイント】【有料会員で得られるポイント】
登録時の600P毎月1200P
【配信ジャンル】
洋画/邦画/海外ドラマ/韓流・アジアドラマ/国内ドラマ/アニメ/キッズ向け番組/ドキュメンタリー/音楽・アイドル/バラエティ/雑誌/漫画/ラノベ/書籍
【注意点】
「31日間無料トライアル」は、初回登録の方のみです。

「31日間無料トライアル」登録日から31日間無料で利用できるサービスです。
登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。


「31日間無料トライアル」に登録後、31日間以内の解約なら月額料金はかかりません。
継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。

「31日間無料トライアル」で見れる作品は対象作品のみです。
U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。


「31日間無料トライアル」解約後は、U-NEXTに有料登録しないと利用できません。
   
 

まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。

 

そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。

 

「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。

 

2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。

 

加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「呪術廻戦」・「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

 

電子書籍に見放題というサービスはありませんが、アニメ・映画(洋画/邦画)も豊富に取り揃え見放題で見ることができる作品が多々あるので、一度「31日間無料トライアル」を利用してみてはいかがでしょうか。

         

 


 

以上、「呪術廻戦」の漏瑚について紹介してきました。

 

漏瑚は敵ながら愛嬌のある、とても良いキャラクターとなっています。

 

この記事で漏瑚に興味をもった方は、原作の方もチェックしてみてくださいね!

Sponsored Link

   

関連コンテンツ